みんなピナレロって好きなんですね。断トツです。

先日欲しいメーカーのアンケートを行ったわけですが、

【アンケート】欲しいロードバイクのメーカーはどこですか?【&アンケート結果も】

一度アンケート結果の報告もしましたが、

【アンケート結果】今乗っているロードバイクのメーカーと、欲しいメーカーはどれだ!




その後も続々と回答数が伸びていきまして、それでもピナレロ人気は相変わらずという感じです。

アンケート結果

[poll id=”28″]

こちらのアンケートは3票まで投票可能にしていました。
前回の結果報告でもピナレロが断トツ人気だったのですが、あれからさらに回答数が30票近く増えた今でも、やはりピナレロ人気は断トツです。

なんでピナレロが人気なのか、考えてみました。

ピナレロ人気の秘密

ぶっちゃけて言うと、私自身はピナレロにはほぼ興味がありません。
こんなことを書くとピナレロファンからは袋叩きに遭いそうですが・・・

チームスカイの存在

ピナレロ人気の大きな理由ですが、やはり強豪のチームスカイの影響が大きいのではないでしょうか?
どんなスポーツでもそうですが、人気チームが使っているものとか、人気選手が使っているものは人気が出ますよね。

私自身、高校時代は野球をしていました。
当時イチローが出始めて200本安打達成とかしたばかりだったのですが、お年玉を貯めて買ったのはミズノのイチローモデルのグローブでした。

私はセンターを守っていましたが、イチローモデルのグローブを使うだけで守備がうまくなったような錯覚に陥ったものですw

中古車でもこんな価格になるのですから、凄いですね。

ロードバイク ロードバイク ピナレロ DOGMA F8 2015 中古【福岡店】

イタリアンなデザイン性

イタリアンブランドらしいデザイン性が人気の理由ですよね。
ピナレロの代名詞というと、ONDAフォーク。
クネクネした形状のフォークやシートステーは、やはりピナレロの強烈なアイデンティティです。

ピナレロのフレームは左右非対称設計なことも有名です。
自転車の駆動部は、自転車の右側にしかないわけです。
そのためフレームに必要な剛性も左右でバランスが違うので、それをうまく補正していると言われています。

まあ、実際のところ左右でのバランスはどこのメーカーも考えて設計していますが、左右でクネクレ具合まで違うという凝りっぷりですしね。


ピナレロ Corsa フルジップジャージ ブラック/スカイブルー

値段が高い


ピナレロの場合、一応アルミ完成車も存在しています。
一番安い完成車だと、PRIMAの約15万です。
コンポはソラ。

アルミ&ソラで約15万ですので、他社に比べると割高感はあります。
ちなみにこの価格帯でも、ONDAフォークを使っている点にも注目。

多くの人が憧れるのは、アルミ完成車ではなくハイエンドモデルのドグマF10のほうですよね。

フレームセットで68万ですので、なかなか買えないですよね・・・
まともに完成車に仕上げると、100万は超えます。

まさかドグマをクラリスで組んで、ホイールはシマノ最廉価のRS010というわけにはいきませんので、現実的にはドグマにふさわしいパーツ構成を使うと、130万くらいは余裕でいきます。

TIMEとかもそうですが、高いということはそもそも買える人が少ないわけで、そうなると欲しくなるのは人間の性。
実際、ピナレロもTIMEも、欲しいアンケートでは上位でした。



アンケート結果を再集計すると、こうなります。

乗っているメーカー 欲しいメーカー
1位 ジャイアント

65票(8%)

ピナレロ

91票(9%)

2位 トレック

60票(7%)

ビアンキ

65票(7%)

3位 ビアンキ

59票(7%)

TIME

60票(6%)

4位 メリダ

49票(6%)

デローザ

56票(6%)

5位 キャノンデール

45票(6%)

スペシャライズド

54票(5%)

6位 スペシャライズド

43票(6%)

LOOK

50票(5%)

総回答数 592票 423票

ピナレロの人気が断トツですね。
結構興味深いなと思うのは、ビアンキとスペシャライズドは【乗っているメーカー】でも【欲しいメーカー】でも上位です。
ジャイアントは【乗っているメーカー】では一位ですが、欲しいメーカーだとランク外です。

ピナレロが人気では独走し、2位~6位くらいまではほぼ差がないのも興味深いところです。

欲しいランキングの7位はBMCなのですが、37票(4%)とここでちょっと落ちてきます。
そこからキャニオン、コルナゴ、ヨネックス、トレック、サーベロ、アンカー、ウィリエールあたりまでは似たような投票数だったりします。

高級車ブランドのイメージが強いのは、ピナレロ、TIME、デローザ、LOOKでしょうか。
私もLOOKに乗っていますが、昨年買い替えたときはLOOKなんて頭にありませんでした。
高級車ブランドというイメージが強く、私がお呼びではない世界だと思っていたからです。

TIMEは一時期、30万くらいの完成車を出していたはずですが、確か1年くらいで消えました。
ピナレロは一応アルミ完成車を出していますが、アルミ完成車のほうよりもドグマのイメージが強いですね。

ヨネックスが結構人気を集めている点も注目です。
ヨネックスのカーボンフレーム、かなり性能がいいと言われています。

いつかはドグマ!

いつかはドグマ!と思っている人も多いでしょう。
やっぱハイエンドモデルに乗りたいですよね。
だいぶお金がかかるので、多くの人にとっては現実的ではない話になってしまいますが。

自転車系ブログを見ていると、次々とフレームを買い替える人もいますよね。
羨ましい限りです。

私はフレームはだいたい5年周期で変えようと思っています。
それくらい乗ると、ケチな考え方かもしれませんが【元は取った】気がするのです。

次にもしフレーム変えるなら何にするかですが、正直未定です。
5年後のロードバイクが想像つかないというか、ディスクブレーキ全盛になっているかもしれませんし、リア13速くらいになってキャリパーブレーキ車でもエンド幅の規格が変わっているかもしれないわけで。

5年後のドグマも、今よりさらに進化しているのでしょう。
だけどフレーム規格の問題や、ブレーキシステムがどうなるのか先が読めないので、今は従来の規格を買っておくほうが無難な気がします。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする