【2019年モデル】FUJI JARI2.3。なんとクロモリフレームのグラベルロード!

昨年登場したFUJIのグラベルロードのJARI(ジャーリ)。
昨年モデルはアルミフレーム&カーボンフォーク仕様のものだけでしたが、2019モデルではクロモリフレーム&クロモリフォーク仕様も登場します。

あえて強固なクロモリフレームを持ってきたということは、オフロードの走破性だけでなく、荷物の積載量なども考慮してのことでしょうか??



2019年モデル FUJI JARI2.3


【ポイント最大27倍(8/9 2時まで)】【店頭お渡しのみご提供可能】2019モデルFUJI(フジ)JARI2.3(ジャリ2.3)クロモリグラベルロード・シクロクロスバイク【送料プランC】 【完全組立】

当サイトでは時々グラベルロードを話題に挙げていますが、当サイトに寄せられる質問でなかなか多いのがグラベルロードについての質問です。
グラベルロードは、その名の通り砂利道くらいなら走れてしまうロードバイクです。
FUJIのJARI(ジャーリ)の場合、語源は砂利ですから、もはやそのまんまですねw

スペックを見ていきましょう。

フレーム Reynolds 520 クロモリ
フォーク クロモリ
STI ソラ
クランク 44-28
FD ソラ
RD アリビオ
スプロケ シマノ 12-36T
ブレーキ Tektro Mira mechanical disc
ホイール WTB SX19
タイヤ Panaracer Gravelking SK, 700 x 38c
重量 12.9キロ
定価(税別) 12万

コンポはソラをメインにしていますが、ローギア36Tを使うためにリアディレーラーはMTB系のアリビオを使っています。
ソラだとキャパシティが足りませんもんね。

ブレーキは機械式ディスク。
もはやグラベルロードでディスクブレーキは当たり前ですね。

タイヤが最初からそこそこいいものが付いているのも特徴かも。
パナレーサーのグラベルキングSKの38Cが標準装備されていますね。

一応、フレーム自体は45cまで対応するそうです。

唯一の難点は・・・

これはクロモリフレームだからしょうがないですが、重量が12.9キロと重たいです
ちなみにアルミフレーム&カーボンフォーク&ティアグラのJARI1.5だと重量は10.5キロです。


【店舗受け渡し限定商品】【2019年】FUJI(フジ) JARI 1.5(ジャリ1.5)【丸太町店(スポーツ専門)取り扱い】ロードバイク

グラベルロードっていろんな使い方がありますが、最近ではツーリング、ロングライド目的でグラベルロードを買う人も多いようです。
タイヤが太いので乗りやすいことや、荷物の積載がロードバイクよりもしやすいというのが大きな理由のようです。

走りの軽快さも求めるなら、やはり重量が軽いほうがベストだと思います。
クロモリ独特の細身のパイプが好きだとか、荷物をかなり積載したいとかだと、強固なフレームであるクロモリを選んだほうがいいかもしれませんね。

2019モデルのラインアップを見ると、なかなか面白い傾向があります。
クロモリというと、オールドフレームという印象で、最近はクロモリフレーム自体を出していないメーカーもたくさんあります。
そしてここ数年で登場したグラベルロードですが、FUJIのようにあえてクロモリフレームバージョンも出しているメーカーがあることが面白い。

ビアンキのオルソもそうですね。
こちらはクロモリフレーム&カーボンフォークですが。


BIANCHI ビアンキ 2019年モデル ORSO CLARIS オルソ ロードバイク

グラベルロードをロングライドに使いたいという人は、走り方としてはスピード重視よりも乗り心地重視、まったり系という方も多いと思います。
若いころはロードバイクに乗っていたんだぜ!!という、スポーツサイクルご無沙汰の方でも、グラベルロードなら始めやすいという人もいるでしょう。

グラベルロードも面白そうなんですよね・・・
スピード重視ならロードバイク、乗り心地重視ならグラベルロード、こんな二台持ちも面白いかなと。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする