【2019年モデル】スペシャライズドのRED HOOKモデル。アレースプリントが奇抜なカラーで登場!

スペシャライズドは毎年、奇抜なカラーの【RED HOOK限定モデル】を販売していますが、2019モデルのアレースプリントにこの限定モデルが登場します。

毎年争奪戦になっているようで、遅い時期になってから【どこかで売ってないか】と探している人がいますが、限定モデルを欲しい人は【今】なんです。
迷っていると無くなります。
それが限定モデルの掟。



2019 ALLEZ SPRINT FRAMESET RED HOOK

カラーはこんな感じです。

フロント側がブルーで、リア側がピンクという大胆な配色で来ました。
ちなみにこちらが2018年モデルの同じレッドフック限定モデル。

個人的には2018年モデルのほうが好きですが、限定モデルなのでもう手に入りません・・・

お値段は171,720円(税込み)。
アルミフレームのフレーム単体としては高めの部類になります。

ちなみにアレースプリントの105完成車だと199,800円(税込み)なので、お買い得さで言うならば圧倒的に完成車です。
これは当たり前でして、どのフレームセットでも完成車買うほうがお得になります。

アレースプリントのRED HOOK限定モデルのフレームを105で組んだ場合、30万超えます。
ハンドルやサドルなどのグレード、ホイールを何にするかでも話は変わりますが、最廉価のホイールで組んでも30万くらいにはなってしまうのが痛いと言えば痛いのですが、限定モデルが欲しい人にはこれしかないわけで。

フレームセットで買った場合、組み立て工賃はショップにもよりますが15000~30000円程度かかります。

限定モデルなので、急げ

冒頭でも書きましたが、こういう限定モデルの場合、最初の数ヶ月で在庫切れになることはよくあります。
ていうか、メーカーサイトを見るとサイズによっては完売になってますが・・・
これから入荷でしょうかね?

欲しい人は、こまめにサイトをチェックするしかないでしょうね。
http://www.specialized-onlinestore.jp/shop/g/g70019-7461/

ちなみに2019モデルのスペシャライズドですが、ほぼディスクブレーキだけになります。

2019年モデルのスペシャライズドは、ほとんどがディスクブレーキ車のロードバイクらしい。

2018年モデルでは、アルミフレームでエアロというと、メリダのリアクトとスペシャのアレースプリントくらいしかありませんでした。

メリダ 2018年モデル REACTO 400 / リアクト 400 【ロードバイク/ROAD】【MERIDA】

エアロフレームはどうしても縦に硬くなり振動吸収性が落ちるので、エアロフレーム欲しいならカーボンをオススメしますが、リアクト400って結構見かけるんですよね・・・




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする