【2019年モデル】ビアンキのINTENSO。ロングライド向けカーボン+105スペックで20万円!

ビアンキのお買い得なカーボンエンデュランスロードというと、インテンソがあります。
2019モデルでは同じような価格帯だったセンプレが廃盤になってしまいましたが、インテンソについては継続モデルとなります。

2019モデルのインテンソを見ていきましょう。



2019 ビアンキ INTENSO

2018年モデルでは、インテンソには105完成車、ティアグラ完成車、105ディスク完成車の3つがありましたが、2019年モデルでは105完成車のみとなるようです。
ディスクブレーキモデルもありません。


【ボトルプレゼント】Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル INTENSO105 (インテンソ105)[カーボンフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

2018年モデルとのスペックの比較です。

2018 2019
フレーム カーボン カーボン
フォーク カーボンwith ケブラー カーボンwith ケブラー
クランク シマノ FC-RS510

50-34

シマノ FC-RS510

50-34

STI 105 105
FD,RD 105 105
スプロケ 105 11-32T 105 11-32T
ブレーキ 105 105
ホイール ビアンキ手組 ビアンキ手組
タイヤ Vittoria Zoffiro 700x25C Vittoria Zoffiro 700x25C
カラー チェレステ

マットブラック

チェレステ

マットブラック

定価(税別) 208,000 208,000

スペック的には大きな違いはないようです。

カラーは2種類。
こちらがチェレステ。

こちらがマットブラックです。

カラーリングは全く同じではなく、微妙に2018年モデルとは変わっています。
こちらが2018年モデル。

【BIANCHI】(ビアンキ)2018 INTENSO 105(2x11s)ロードバイク【ロードバイク】【自転車 完成車】

ビアンキの場合、このように微妙にデザインを変えてくるのが一般的です。

あと、2018年モデルでは105コンポが5800系でしたが、今年から105がR7000シリーズにモデルチェンジしましたので、2019年モデルのインテンソはR7000です。

ちなみにですが、読者様からのタレコミによりますと、インテンソのフレーム重量は実測値で1240gだそうです。
塗装で80~100g程度あると言われていますので、未塗装重量だと1150g程度ではないかと思われます。

一般的に、各社が発表しているフレーム重量というのは、未塗装重量です。
この重量はカーボンフレームの中ではやや重めかなという感じです。

IMPULSOとの違い

ビアンキには同じエンデュランスレーシング(ロングライド向け)のカテゴリの中に、IMPULSOという車種があります。
インテンソとインプルソは性格が似たバイクでして、大きな違いがあるとしたらフレーム&フォークだけになります。


【ボトルプレゼント】Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル IMPULSO105 (インプルーソ105)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

大きな違いはこちらです。

インテンソ インプルソ
フレーム カーボン アルミ
フォーク フルカーボン カーボン(アルミコラム)

インプルソの場合、アルミフレームと言っても軽量でかつトリプルバテッドハイドロフォーミングを施しているので、アルミフレームの中では上位のほうになります。
ですがインテンソのカーボンフレームよりも重くなります。

またインテンソではフルカーボンフォークですが、インプルソではアルミコラムのカーボンフォークです。
アルミコラムだと、フルカーボンフォークよりも200g程度重くなることが多いです。

走り自体はかなり似ているのですが、インテンソのほうがカーボンフレームなので振動吸収性が高いということですね。
剛性自体は同じような感触です。

この二つは価格差が少ないのですが、インテンソのほうがやはりちょっとだけ走りは上な気がします。
ただ2万円程度の差はありますので、インプルソにしてホイールにお金をつぎ込んでいくのも面白い。

私も過去にはインプルソに乗っていましたが、走りは上質でしたよ。

個人的にはなぜか、インテンソ乗りによく遭遇します。
コンビニで休憩しているときに、なぜかインテンソをよく見るんですよね・・・

走りはこの価格としてはなかなかレベルが高いですし、非常にまとまっている一台なのは間違いないでしょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする