人気のRIDLEY初のクロスバイク、TEMPOが登場!ディスクブレーキ搭載で街乗りに便利。

人気が高いベルギーブランドのリドレーですが、2019モデルとしてブランド初のクロスバイクをリリースしてきました。
リドレーが出すクロスバイクということで人気が出そうですね。

そんなリドレーのTEMPOについて見ていきましょう。



リドレー TEMPO


RIDLEY リドレー 2019年モデル TEMPO テンポ クロスバイク

リドレーというとレースモデルのロードバイクがメインのブランドですが、ブランド初のクロスバイクということです。

デザイン的にはレーシーな感じではなく、かわいい感じを目指しているのでしょうか。
ロゴとかもレーシングバイクとはちょっと違う印象ですね。

スペックですが、
・油圧ディスクブレーキ(シマノ BR-MT200)
・アルタス 3×9 変速
・アルミフレーム&アルミフォーク
・タイヤ 32c

ざっくりとこんな感じです。

弓なりになったトップチューブがカッコいいですし、フェンダーやスタンド装着のためのマウントも標準装備。
ディスクブレーキで操作性も良く、最近のトレンドをしっかりとおさえた一台になっているようです。

スピードタイプというよりはコンフォート

ジオメトリを見る限り、スピード重視というよりはコンフォート系のクロスバイクという印象です。
なので得意分野は街乗り、通勤通学というところでしょうか。
もちろん、クロスバイクでも100キロくらいなら走ることは可能です。

2019年モデルのリドレーは、低価格層にも力を入れているようで、【スポーツライン】というスポーツサイクル初心者も乗りこなしやすいジャンルを創設しています。
その一環としてTEMPOというクロスバイクが登場したわけですが、そのほかにも【ヘリウムSLA】というロードバイクも登場しています。

RIDLEY リドレー 2019年モデル HELIUM SLA ヘリウムSLA ロードバイク

こちらはアルミフレームにソラを付けた完成車で、実測9.2キロだそうです。
ソラ完成車としてはまずまずの重量ですね。

2018年モデルでは、フェニックスのアルミ版がなくなり、低価格層というとフェニックスCというカーボンフレーム完成車が最も安い
ラインアップでした。
10万ちょいで買えるアルミ&ソラ完成車が出たので、リドレーが欲しい人には朗報なのではないでしょうか?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする