【2019年モデル】MERIDA MISSION CX400。アルミシクロクロスがモデルチェンジ!

メリダの2019年年モデルが続々と登場していますが、今回はアルミシクロクロスのMISSION CX400です。
昨年までのシクロクロス400からフルモデルチェンジし、新しいフレームとなりました。

入門用アルミシクロクロスという位置付けですが、なかなかお買い得感は高いようで。



2019 MERIDA MISSION CX400


MERIDA(メリダ) 2019年モデル MISSION CX400 (ミッションCX400)[グラベルロード][ロードバイク・ロードレーサー]

昨年までのアルミシクロクロス400からフルモデルチェンジし、フレームが一新されました。
なので名称も【ミッション】と新しく名付けられていますね。

いろいろと変更点はあるようですが、主な変更点としては
・つま先がフロントホイールと当たらないように、クリアランスの見直し
・ポストマウントからフラットマウントのディスクブレーキに変更
・フレーム重量は1622g、フォーク重量は400gだそうです。

(カーボンフレームのほうはフレーム重量1010gと軽量です)

昨年までのアルミシクロクロスに比べると、デザインやカラーがよりレーシーになった印象です。

こちらが2018年モデルのシクロクロス400ですが、

メリダ 2018年モデル CYCLO CROSS 400 / シクロクロス 400 【シクロクロス/CX】【MERIDA】【※ペダルは付属しません】

2019モデルになってデザイン性も良くなりましたね。

一応、シートステー部のブリッジが取り外し可能で、フェンダーマウントになるという話なのですが、これはもしかしたらカーボンフレームのものだけかもしれません。
どう画像を見ても、溶接されているように見えるので。

2019 MERIDA MISSION CX400のスペック


MERIDA(メリダ) 2019年モデル MISSION CX400 (ミッションCX400)[グラベルロード][ロードバイク・ロードレーサー]

今のところ明らかになっているのは以下の通りです。

フレーム アルミ
フォーク カーボン
STI 105(R7000)
クランク シマノ RSS510 46-36
FD,RD 105(R7000)
スプロケ
ブレーキ Tektro Spyre disc(機械式ディスク)
タイヤ Maxxis Mud Wrestler 33C fold Silkworm
ホイール
重量
定価(税別) 179,900

今期、シマノ105は油圧ディスクコンポを出してきましたが、油圧ディスクコンポではなく機械式ディスクで行くようです。
ここは若干残念なポイントですね。

最近、シクロクロスにはフロントシングル化の波が押し寄せてきています。
そうなるとスラムコンポが主流となって来るのですが、あえてシマノ105です。

勝手な想像ですが、スラムにするとどうしても定価が上がってしまいます。
定価を上げずにスラムにすると、最下層のAPEXの1×11コンポになってしまいますが、スラムAPEXは正直変速性能が悪いことで有名なので、同じ値段出すならシマノ105のほうがはるかに変速性能はいいですし、あえて105にしているのはメリダの親心とでも言いましょうか。

18万くらい出して変速が悪いコンポよりも、しっかりとした変速性能のほうが嬉しいですもんね。

ぶっちゃけた話、スラムAPEXの変速不良の相談メールは、そこそこ来るんですよね・・・

あくまでもレーサー、ただし懐は深い

シクロクロスと似たようなバイクで、グラベルロードがあります。
ここら辺は明確な線引きが難しいところではありますが、シクロクロスではレーシングバイクとしてのフレーム設計、競技的にバイクを担ぎやすくしているかなどの違いがあります。

メリダのグラベルロードというと、サイレックスですね。

MERIDA(メリダ) 2019年モデル SILEX200 (サイレックス200)[グラベルロード][ロードバイク・ロードレーサー]

ただ今回のMISSION CX400もフェンダー装着可能だったり、レーシングバイク以外でも使いやすいような工夫があります。

サイレックスの場合、実はフォークやダウンチューブ裏にもボトルケージ取付のダボ穴があります。

ただしこの位置にボトルを付けた場合、乗りながらドリンクを飲むことは不可能ですので、どちらかというとツーリング時の予備ボトル的な扱いだったり、ボトルケージを使ってツール缶を載せたりなど拡張性が高いわけです。
なのでツーリング志向や通勤通学だとサイレックスのほうが向くでしょうし、シクロクロス競技ならMISSION CX400が向くというわけです。

ただし必ずしもシクロクロス競技に特化しているわけでもなく、様々な用途に使いやすいような工夫があるというのもMISSION CXの魅力かもしれませんね。
シクロクロス競技はバイクを担いで走る場面もありますので、カーボンフレームで軽いほうが有利ではあります。
ただこのMISSION CXのように、アルミフレーム版はエントリーユーザーには手が届きやすい価格なので、とりあえずシクロクロス面白そうだけど・・・と思っている人にはうってつけのバイクかなと。

2018モデルよりもカッコよくなったという点もポイントですね。


MERIDA(メリダ) 2019年モデル MISSION CX400 (ミッションCX400)[グラベルロード][ロードバイク・ロードレーサー]




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする