【2019モデル】コルナゴのフラットバーロード、VORREI。クラリス完成車とソラ完成車があり、スピードにこだわった一台。

2018年モデルから登場した、コルナゴのフラットバーロードのVORREI(ヴォレイ)。
どうも2018モデルでは人気が高かったようで、この価格でコルナゴに乗れることや、コルナゴらしいデザイン性の良さなどが受けたようですね。

そんなヴォレイは2019モデルでも継続です。
カラーリングなど一部変更がありました。



2019 COLNAGO VORREI SORA


【ポイント最大18倍(8/31 0時まで)】【表示価格より割引!価格はメールにて】COLNAGO(コルナゴ)VORREI SORA(ヴォレイソラ)カラー:マットネイビースピード・クロスバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

2019モデルのヴォレイ ソラは、マットネイビーとブラックスピードの二つのカラーで登場です。

【ポイント最大18倍(8/31 0時まで)】【表示価格より割引!価格はメールにて】COLNAGO(コルナゴ)VORREI SORA(ヴォレイソラ)カラー:ブラックスピード・クロスバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

このヴォレイですが、ロードフレームにかなり近いジオメトリを持っています。
チェーンステイ長も410mm。

クロスバイクだと、短めと言われるジャイアントのRXシリーズでも425mmとかありますが、ヴォレイはロードバイクらしい機敏な走りを求めながらも、乗りやすいアップライトなフラットバーというバイクですね。

基本的な装備はR3000ソラです。
スペックを見ていくと、

フレーム 6066アルミ
フォーク カーボン
シフター ソラ
クランク ソラ 50-34
FD,RD ソラ
スプロケ ソラ 11-28T
ブレーキ ソラ
ホイール CONTINENATAL ULTRA SPORT2 700×25c
重量 8.9キロ
定価(税別) 120,000
カラー マットネイビー、ブラックスピード

コンポはソラでまとめてきています。
ソラと言っても最近はクランクなどのデザイン性も上位機種と似ていますし、何より変速性能もだいぶ良くなっています。

重量も8.9キロと軽量に収まっていますし、デザイン性だけでなくフラットバーでも走りもしっかり追及しているのがうれしいですよね。

そういえば、2019モデルからコルナゴのロゴのフォントが変わったと評判ですが、

【ポイント最大18倍(8/31 0時まで)】【表示価格より割引!価格はメールにて】COLNAGO(コルナゴ)VORREI SORA(ヴォレイソラ)カラー:マットネイビースピード・クロスバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

皆さんは前の重厚なフォントのほうが好きですか??
私はこっちのほうが好きなんですけどね・・・少数派でしょうか??

2019 COLNAGO VORREI CLARIS


【表示価格より割引!価格はメールにて】COLNAGO(コルナゴ)VORREI CLARIS(ヴォレイクラリス)カラー:ガンメタリックフラットバーロード・スピード・クロスバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

こちらはクラリスコンポにしてコストダウンした一台です。
カラーはガンメタリックとホワイトの二つ。
フレームやフォークはソラ完成車と同じです。


【表示価格より割引!価格はメールにて】COLNAGO(コルナゴ)VORREI CLARIS(ヴォレイクラリス)カラー:ホワイトフラットバーロード・スピード・クロスバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

ただしこれもしかして、2018モデルかもしれません。
ロゴのフォントが旧モデルな気がします。
クラリス完成車についてはカラーリングも含めて2018モデルから変更がないようなので、もしかしたら完全継続モデルかもしれませんし、欲しい人は要確認です。
ただしほかの自転車屋さんなどの2019モデル展示会情報を見ても、クラリスモデルは旧ロゴになっている気がします。
気のせいかな??

パーツスペックは以下の通り。

フレーム 6066アルミ
フォーク カーボン
シフター クラリス
クランク クラリス 50-34
FD,RD クラリス
スプロケ クラリス 11-28T
ブレーキ クラリス
ホイール CONTINENATAL ULTRA SPORT2 700×25c
重量 9.5キロ
定価(税別) 99,000
カラー ガンメタリック、ホワイト

クラリス完成車でも重量は軽く仕上がっているので、この価格帯で速さを求める人にはピッタリな一台かと。

逆にヴォレイが向かない人は、まったり走りたい人ではないでしょうか?
低速で走るならクロスバイクから選んだほうが低速安定性が高いのでいいでしょう。

同じコルナゴにはクロスバイクもありますが、低速安定性はEPOCAのほうが上。

【ポイント最大18倍(8/31 0時まで)】【表示価格より割引!価格はメールにて】COLNAGO(コルナゴ)EPOCA(エポカ)COLOR:MAT BLACKスピード・クロスバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

ライバルはFUJI ルーベオーラあたりか?

2018年モデルあたりからフラットバーロードというのはさほど多くはないのですが、スピード重視でいうとコルナゴのヴォレイ、フジのルーベオーラあたりでしょうか?


【ボトルプレゼント】FUJI(フジ) 2019年モデル ROUBAIX AURA (ルーベーオーラ)[フラットバーロード][ロードバイク・ロードレーサー]

数年前なんかは、ビアンキもフラットバーロードを出していて、ロードバイクでも評価が高かったIMPULSOなどのフラットバーモデルもありました。
私の聞くところでは、即座に完売したほど人気が高かったようなのですが、なぜか一年で消えたんですよね・・・

あとフラットバーロードで狙い目なのは、実はルイガノです。
ルイガノもフラットバーロードに比較的力を入れている気がします。

フラットバー派の人ってそこそこいるんですよね。
クロスバイクじゃなくてフラットバーロードがいいという需要はそこそこあります。

クロスバイクとフラットバーロードは、コンポの違いではなくフレームの違いです。
ジャイアントのRX1はティアグラ装備ですが、フラットバーロードとは言いません。
あくまでもクロスバイクです。

いいフレームにこだわったフラットバーロードというと選択肢は非常に少ないのが現状ですが、そんな中コルナゴのヴォレイは存在感が大きいなと思うわけです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ゆうと より:

    フラットバーなら、GIANTの2019年モデルで、FORMAはどうでしょうか?
    エアロフォルムがカッコイイと思うのですが。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      この車種は全く知りませんでした。
      調べてみましたが、あまりエアロフォルムという感じではないことと、チェーンステイ長が425mmとクロスバイク並みの長さなので、フラットバーロードというよりはクロスバイクという感じがします。

      ずいぶん昔には、FCRというフラットバーロードがありましたが、こういう尖った性能のフラットバーを出してくれると嬉しいところですが、FORMAについてはRXシリーズと同類に近そうなイメージで、クラリス付けているだけという気がします。
      https://www.giant.co.jp/giant15/bike_datail.php?p_id=00000028