【インプレ】激安カーボンサドルの乗り心地はどうだ!中華カーボンサドルは意外と使える??

先日、バイク自慢のコーナーでCAAD10のインプレを頂いた方ですが、

【俺流バイク自慢】キャノンデールのCAAD10。アルミフレームでも6.8キロ達成のカスタマイズとは?

プレゼントとして要望されたのが激安のカーボンサドルだったので、追加でインプレをお願いしていました。
使ってみた感想などを頂きましたので、ご紹介させていただきます。



激安カーボンサドル

ご要望頂いたプレゼントはこちらでした。

まあ、怪しいですよねw
本当にこれでいいのかと私もちょっと考えてしまいましたが、どうせならサドルのインプレも頂こうということでお願いしていました。
どうせタダで貰ったものですから、クソサドルだと思ったときは遠慮なく罵倒してくださいとお願いした上で。

ウェアのパッドあり、パッドなしの両方で160キロ走っていただいたそうなので、そのインプレです。

激安カーボンサドル 乗車前インプレ

見た目、質感

<開封>

Amazonの箱の中に、商品用の化粧箱(無印)が入って梱包されておりました。しっかり梱包されており、良いイメージでした。

開封してみるとキレイな折り目のカーボンサドルが出てきました。2000円の値段にしては作りが良く、中華カーボンの脆さという不安はあまり感じませんでした。

ただレールに関しては少しグラつき?があり、そこは妥協点かと思います。

見た目はつや消しのカーボンカラーで、他のブログとかだと艶あり、なしがランダムで入ってるとのことで当たりをひいたのかなとホッとしました(笑)

<見た目・持った感じ>

カーボンサドルってこともあり、とても精悍な見た目です。横幅に関しては以前使用していたprologoに近く、フィジークのarioneみたいに三角木馬バイクにはならないかなと安堵しました。

座面はやはりカーボンなので硬く、お尻への攻撃力は高そうと感じました。少し叩いてみるとフレームをコンコンしたときと同じ音がしました…汗

これはよくわかりませんが、艶アリ、艶ナシのバージョンがあり、どちらが来るのかは不明という話です。
どうなっているんでしょうかね??w

触ってみて普通のサドルよりも硬いのは、カーボンサドルなので当たり前と言えば当たり前ですが、確かにカーボンサドルってお尻への攻撃力が高そうですよね。



重量

秤で計測すると、届いたサドルは104gでした。

カタログ値が98g±5%なので、誤差の範囲でした。

元々使っていたprologoが264gの為、サドルだけで160g、今回その他シートポストの余計な部分を更に削ってとかで合計200gの軽量化となりました。

2000円で160g軽くなるなら凄いお得だと思います。沼に足を踏み入れるならオススメです(笑)

ずっと使っていたプロロゴのサドルが264gということなので、160gの軽量化ですよね。
確かに重量対費用の効果は凄まじいです。

この方のCAAD10はサドル交換前で6.8キロでしたので、6.6キロになったということですね。

装着

元々付いていたサドルに比べ、かなりスタイリッシュでカッコよくなった気がします。

特に何か色が入っている訳でもないので、どんな自転車にも合うかと思います。レーシングマシン感が増し、めっちゃ速い人が乗ってそう感が出ました(実際乗ってる人はあれですけど…)

取り付けも、レールに目盛りがついてるので比較的セッティングしやすいかと思ったのですが、目盛りが若干ズレており、ほぼ目安でしか役に立たなかったです。

普段の見た目を思い出し、感覚で取り付けが必要な場合があります。
サドルを変えたことで厚みが無くなり、サドル高が少し変わりました。

自分の場合は少し低くなったので、高さの再調整が必要でした。

ただ同じサドル高で、シートポストの出しろが増えるので、視覚的にちょっと得しました(笑)

規定トルクが記載されていないので、感覚で取り付けたのですが、ボルトを締めるたび「ミシミシ…」と音がする為心臓に悪かったです。

最終的に怖くてプロショップで、確認してもらいました。

目盛がズレているというのはさすがは中華クオリティというところですかね。
プロショップで取り付け確認してもらったそうですが、こういうパーツは【動かない範囲でなるべく緩く締める】のが鉄則です。
まあ、ミシミシ言うのなら心臓には悪いですよね。

乗車インプレ

パッドなしでの走行

先ずはジーンズ+Tシャツの普段着、中にパッドなしで80km×2日乗りました。
序盤から感じたのは、「あれ、あんまり痛くないかも…?」です。

フレームと同じ音はするしカーボンだしで、かなり不安だったのですが、乗ってしまえばそこまででもないのか、はたまたサドルがしなるのか、拷問的な痛さはありませんでした。

しかし、そうは言ってもクッションが無いので、以前のサドルより路面の凹凸や段差を超えたときの衝撃はダイレクトに伝えてきます。

ダンシングしたときの感覚は、重心より高いところにあるものが軽くなったことで、かなり振りやすくなりました。

今までグワングワン振ってたのが、スッスッと軽やかに振れるようになり、ここが1番体感できた所かなと思っております。

2日目については、パッド無しで乗ってたこともあり、流石にお尻が痛かったです。

後半は座ってるのも辛く、変に立ち漕ぎをして余計な体力を使いました。パッド無しでロングライドはオススメ出来ないかと思います…また、これは人によるかと思いますが、自分の場合足の付け根とサドルのエッジの部分が当たり、少し痛かったです。

これは何か対策が必要かと思われます。

また、座面がツルツルなので、よくポジションがズレることがあったので、それも要対策ですね。

確かに、ジーンズ+カーボンサドルだとツルツル滑りそうですね。
表面までカーボンですので。

衝撃をダイレクトに伝えてくるのはしょうがないところですが、サドルのベースがいい感じにしなっているのかもしれないですね。

パッドありでの走行

パッドありでの感想ですが、かなり良かったです。

路面からの突き上げに関しては気にならない程度もしくは以前のサドルと同等位のものでした。

少し荒い路面を走ってもみましたが、やはり上記のような痛み等もかなり軽減されておりました。パッドすげー…(笑)

快適性はかなりの改善が見られ、同じ距離乗りましたが、翌日もお尻が痛くなることは無かったです。

エッジの痛みも、パッドの範囲に入ってしまえば気にならなかったです。

意外と良さそうな話なんですよね・・・
これ、私の中では結構意外でした。

インプレ依頼したときに、正直クソミソなインプレが届くことを期待してましたので笑。

いい意味で私の期待を裏切ってくれたサドルのようでして、これはもしかしたら【お値段以上】のサドルなのかもしれません。
ちょっと欲しくなりましたw

総評

おそらく今回のサドルですが、自分の中で1番使いやすいサドルじゃないかと思いました。(あくまで個人の意見ですが…)

メリットとしては
・軽くなる
・シートポストが伸びる
・見た目がカッコよくなる
・ダンシングしやすくなる
・パッド入れれば凄く快適

デメリットは
・艶あり、なしは不明
・目盛りが若干ズレてる
・パッド無しだとロングライドは向いてない。
があります。

今回は頂きものですが、検討しているなら一度試して見る価値はあるかと思います。

予想外の高評価だったようです。
実質タダのサドルですが、買っても2000円くらいです。
意外と悪くないのかも??

サドルが軽くなるとダンシング時の振りが軽くなりますが、今回は一気にサドルだけで160gも軽量化しているので、この効果は大きいでしょう。
あとは耐久性がどうなのかということと、一日200キロとか走ったらどうなのかという点ですが、さすがに一日200キロを超えるような人には向かないんじゃないかと推測します。

ただこういう激安系も、人によってはなかなかよい選択肢になりうるということですね。

サドル沼にハマってしまう人は多いですが、こういう激安系ならお財布にも優しいですしね。

インプレのご提供、ありがとうございました。

バイク自慢のコーナーでも、愛車の自慢を受付しています。
こちらのコーナーでは採用された際はプレゼントも用意しておりますので、ぜひご応募ください。

【読者プレゼント企画】俺流バイクを自慢させてください!をスタートします。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする