ロードバイクがマンネリ化してきたときに、新たなコースを開拓する方法。

ロードバイクに乗っていると、いつも同じコースになってしまい飽きてしまうという人がいます。
私自身はこのような感覚は一切ないのですが、新たなコースを開拓するのってどうするの??と思う人もいるようです。

今回は趣向を変えて、新たなコースを開拓する方法についてお話していきましょう。



飽きてしまったという人の特徴

私自身は同じコースでも飽きるという感覚があまりないのですが、同じコースばかり走っていると飽きてしまう、モチベーションが落ちてきたという人も時々メールをいただきます。

私が過去にメールなどで相談受けたケースとしては、圧倒的に多いのは【河川敷などサイクリングコース専門】になっているひとです。
サイクリングロードの場合、まず間違いなく平坦道です。
景色も変わるような変わらないような、とりあえず言えるのは常に横に川があるということくらいでしょうか?
(河川敷ではないサイクリングロードもありますが)

私も初心者時代、サイクリングロードばかり走っていたことがありますが、サイクリングロードは非常につまらないです。
私だって登りは苦手意識がありますが、多少なりともアップダウンがないと面白みにも欠けます。

そういう人には【とりあえず一般道を走ってみてください】というのですが、どこに行けばいいのかわからないという話も聞きます。

それくらいじぶんで考えろ!と突き放してもいいのですが、要は何か目標とか目的があればいいのですよね。
それが走るモチベーションになりますから。

コースの選び方

いろいろありますが、オススメのコース選びはこちらです。

道の駅を制覇する


https://www.michi-no-eki.jp/

道の駅は今現在で全国に1145駅あるそうですが、詳しくは知りませんが全ての都道府県にあるはずです。
とりあえず、お住いの都道府県内にある道の駅を全て制覇するというのはいかがでしょうか?

道の駅は街中よりも田舎のほうに多いので、一日に全てを回ることは難しい場合がほとんどです。
なので何回かに分けて計画を練り、場合によっては輪行も試しながら乗れば結構充実感があると思いますよ。

例えば千葉県内には29駅あるようです。
https://www.michi-no-eki.jp/stations/search?prefecture_id=12

スタンプラリーもありますし、効率的に回るにはどうすればいいかなどルートも考えながら回れば、しばらくは楽しめると思います。

ちなみにロードバイクで道の駅全国制覇は、相当暇じゃないと出来ないと思います。

画像の道志とある場所は、道の駅道志です。
道志みちを登った際は、必ずここで休憩していました。
というより、ほかに休憩できるところはありません。

ここのソフトクリームが好きだったんですよね。
あとカレー。

サイクリング本を買う

本屋で探すと、その地域のサイクリングコースの本が売っていたりします。
私も初心者のころ、こういうのを買ってとりあえず掲載されているコース全部回ろうとしたことがあります。

正直なところ、行く価値がなさそうなコース(15キロくらいで終わってしまうなど)もあるのですが、自分のペースに合わせてコースを選択し手行けますし、予めどれくらいの勾配があるかもわかりますので、便利です。

勾配と言えば、ルートラボを使えば自分で立てたコースの勾配を知ることは可能です。

神奈川自転車散歩―(横浜・三浦・湘南・富士箱根
丹羽 隆志 中村 規
山と溪谷社
売り上げランキング: 571,962

目標があれば飽きない

住んでいる地域にもよりますが、今オススメするとしたら県内の道の駅制覇とかでしょうか。
東京都だと八王子に一つあるだけなので面白みに欠けますが、千葉なら29もあるので長期間楽しめそうです。

埼玉でも20とかありますね。
https://www.michi-no-eki.jp/stations/search?prefecture_id%5B0%5D=11&rootfrom=&rootto=

どれくらいの頻度で乗っているかにもよりますが、週に一度しか乗れないような人でも、例えば埼玉の道の駅制覇で数ヶ月は遊べると思います。
その中にはコース的にきついところもきっとあるでしょうけど、意外と登りの面白さに目覚めるかも??

グラベルロードなら、舗装路以外も走れるので面白そうですね。
ちなみに私が住む神奈川県には3つしかありません。
そのうち一つは箱根です。
清川の道の駅は目の前を何度も通ってますが、立ち寄ったことはないですね。

https://www.michi-no-eki.jp/stations/search?prefecture_id%5B0%5D=14&rootfrom=&rootto=




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする