パンク防止剤のスライムって知ってます?ママチャリに使うものらしいですが。

これはロードバイクの話ではなくママチャリの話になってしまうのですが、今回の件はいつもいろいろ情報を教えてくれる読者様よりのタレコミになります。

サイクルベースあさひさんで、ママチャリを買ったりすると勧められるものに【パンク防止剤(通称 スライム)】というものがあるそうです。
これについてあるところで論争になっているというタレコミを頂きまして、ふーんと思いながら見ていました。
読者様からは一連の話を見た上で感想を頂きたいとのことです。

※この話はクソつまらないです。
興味がない人は即座にリターンすることを推奨します。




パンク防止剤 スライム

こういったものを予めチューブ内に充填しておくと、パンクしてチューブに穴が開いた時に塞いでくれるというシロモノのようです。
チューブレスタイヤで使うシーラントに近いような存在ですね。
シーラントは当然知っていますが、ママチャリ用のパンク防止剤があるのは知りませんでした。

しかしながら、このスライムが入っているとむしろ被害が出るということで啓蒙活動(?)している方がいるそうです。
被害って何よ??と思う人もいるかもしれないので、さほど面白い話でもありませんが書きましょう。

ママチャリのチューブは、交換よりもパッチ修理

ロードバイクに乗っていてパンクした場合、パッチ修理よりもチューブを新品に変える人のほうが圧倒的多数だと思います。
これの理由は、ママチャリよりも高圧にするロードバイクでは、パッチ修理だとエア漏れの可能性がでるからとか言われますよね。

ママチャリの場合、パンクしても穴次第ですがパッチ修理がほとんどです。
ところがスライムが入っていると、パッチ修理してもパッチの貼り付けがうまくできず、中から飛び出てくるスライムによって修理不可能になるからダメという話のようです。

また、バルブコアがスライムで腐食するから、スライムなんて使わないほうがいいだとか、そういう啓蒙活動をされているようです。

スライムは異物の貫通パンク時しか効果がないらしく、リム打ちパンクには効果がないという話です。

実際のところ、私自身読者様からお話を伺うまで、スライムという存在自体知りませんでした。
ママチャリでもこういうパーツがあるのですね。

騒動の流れ

私なりにこの問題についていろいろ調べ、また騒動を見ながら簡単にまとめてみました。
(もしかしたら誤認があるかもしれませんが、おおよその流れは合っているかと)

自転車店(以下、C社)が、スライムによりパンク修理できなくなるし、バルブ腐食の可能性があるという問題を提起

C社があさひに対し、【お客さんのパンクの原因はスライムによるバルブコアの腐食だから、修理費はあさひに請求したいとメールを送る】

あさひが断る(メール文章も二次転載しないように記載されている)

C社とあさひの間でメールのやり取りが数回あり、あさひ側がこれ以上は意味がないと話し合いを打ち切る

C社がメール文を全文公開してサイトに載せたり、ほかのサイト等でもスライムの問題点について言及

当サイトの読者様(以下、X氏)がC社に対して、ちゃんと立証したりしたほうがいいのではないか?と疑義を呈する

C社は自社サイトにて製造物責任法(PL法)で立証責任は製造者側にあると主張

X氏は、C社は被害者ではないのだからPL法は関係ないし、立証責任はC社にあるのでは?と主張
さらにあさひに請求したこと自体もおかしいのでは?メールを無断で公開するのはおかしいのでは?と反論

C社がX氏のIPアドレスを自社サイト内で公開し、複数のIPアドレスを使って偽者ではないのかと疑義を呈する

X氏は複数のPCを使い可変IPアドレスだから知らないし、そもそもIPアドレスを無断で公開するのはサイト管理者としてのマナーもないのか?と激怒

C社は謝罪拒否。X氏はこれ以上は無意味として論争から離脱。

こういう流れのようです。

私自身、スライムを見たことも触ったこともありませんので、スライム自体の効果や弊害があるのかないのかについては一切知りませんし、言及しません。
しかしながら感想を頂きたいという話なので、一応書かさせていただきます。
当サイトはロードバイク系のサイトなのですが・・・




問題点と疑われること

まず最初に、私自身が他人を裁ける立場ではないので、以下に書くことはあくまでも【問題だ】というよりも【問題になる疑い・可能性がある】程度の話だと思ってください。
実際に問題なのかどうなのかまでは知りませんし、私がそれを追求するのもおかしい気がしまうので。

<疑義1 修理費の請求根拠>
そもそもですが、なんでA社はあさひに修理費の支払いを求めたのか、その根拠については疑わしい気がします。
というのも、スライムによってバルブが腐食していたからあさひの責任、ということで請求しているようですが、お客さんは被害者になりうるので根拠を示せば請求権があると思うのですが、C社は何ら被害を受けていないので請求する権限があるのかは疑わしいところです。

お客さんの代理人として請求していたのであれば、あさひに送るメールにも【〇×さんの代理人】と書かないとおかしいですし、修理費用を要求する法的な意味がどこにあるのかはちょっとわかりませんね。

それに対し、あさひが拒否するのは当然だと思われます。
根拠もなく請求する権限もないと思わしき人に、支払う義務はないからです。

大変失礼な言い方になるかもしれませんが、法的根拠もなくお金を請求するのはカツアゲと変わらないような気もしますが・・・

<疑義2 立証責任>
C社は製造物責任法を元に、被害者は因果関係だけ説明できればよく、製造者に立証責任があるという論調のようです。
しかしC社は被害者ではないので(被害者になりうるのはお客さんです)、PL法は適応外なのかなという疑問です。

民法上の損害賠償請求でも、C社が損害を受けているとは思えない(むしろ修理費用で工賃などを頂いて儲けている立場)ので、請求する根拠は疑わしい気がします。

見た印象ではC社があさひに請求する権利がないと思うので、何か問題を提起したいなら自分で立証していくしかないと思うのですが・・・

<疑義3 サイト管理者としての姿勢>
IPアドレスを公開するなどは、さすがにサイト管理者の守るべきモラルを逸脱している気がします。
私もサイト管理者ですが、どんだけ嫌がらせのメールが来たり嫌がらせのコメントが来ても、IPアドレスを公衆に晒すという発想はないですね。。。
晒したところで何が起こるんだということもありますが、サイト管理者しか知りえない情報については守秘義務があると思っています。

あさひが公開しないでくれと言っているメールを公開するのも、個人的にはどうかと思います。
メールも著作物になる可能性がありますし、許諾を得ないまま転載は結構マズイです。
公共性がある場合は転載してもいいなど条件が付く場合もありますが、修理費を請求して断られた話に公共性があるのかは疑問です。

当サイトのメールフォームには、以下のような注意書きがあります。

・お問い合わせしていただいた内容は、ブログ記事として紹介させていただく場合があります。
その際、個人情報は完全に伏せた上での掲載となりますが、どうしてもブログ記事にしてほしくない場合にはその旨ご記入ください。

問い合わせフォーム
当サイトは開設して約1年で、月間PV約42万件と急成長しました。(2017年6月期) そこからさらに一年弱、2018年5月期には月...

当サイトでは読者様のタレコミや質問を記事のネタとしている部分が大きいので、予めこのような言及をしています。
どうしても載せて欲しくない相談というのも時々来ますし、それは当然ですが絶対に載せません。

またバイク自慢のプレゼント企画で頂いた個人情報についても、当たり前ですが第3者に公開することは絶対にありません。
それがネット上で管理する者の使命、というよりもあらゆる商売での常識だと思うからです。

IPアドレスが個人情報に当たるのかは知りませんが、管理者しか知りえない情報については守秘義務を持つのがサイト管理者の務めだと思っています。
法律上どうこうではなく、モラルの問題ですね。

そのほか調べていくと、C社さんはブログにて器物損壊罪に当たるのではないかと言及しています。
スライムによりバルブの腐食を誘発したり、パンク修理できなくなってチューブ交換になるのは器物損壊罪になるのでは?という趣旨の言及がありますが、これは絶対にありえません。
刑法第38条では以下のように規定されています。

第38条
1.罪を犯す意思がない行為は、罰しない。ただし、法律に特別の規定がある場合は、この限りでない。
2.重い罪に当たるべき行為をしたのに、行為の時にその重い罪に当たることとなる事実を知らなかった者は、その重い罪によって処断することはできない。
3.法律を知らなかったとしても、そのことによって、罪を犯す意思がなかったとすることはできない。ただし、情状により、その刑を減軽することができる。

要は故意に破壊したと認められない限りは該当しないんですね。
もちろん、未必の故意というのも無理でしょう。

こういう知識も、前に遭った駐輪場で自転車にぶつかられた話の際に勉強しましたが、経験が役に立ったと見るべきか、経験しないほうが良かったと思うべきなのか・・・

駐輪場で自転車にぶつけられた話。

水掛け論になったら離脱推奨

情報を頂いた読者様はいろいろとお怒りになっている様子でしたが、私なりに2年ほどこのサイトを運営してきた立場として言わせていただきますと、こういう展開になった際はこれ以上関わらないほうがいいのかなと思います。
ネット上で水掛け論になることはありますし、そういう場合は多くのケースで、円満解決しないことも経験上知っています。

当サイトは昨年、盛大なパクリ問題に遭遇しましたが、

【感謝】パクリ事案の終結。

この時に当サイトの記事をたくさんパクった方は、最後は開き直って謝罪もありませんでした。
しまいには【自転車を愛する者同士、これくらい見逃せ】みたいなニュアンスのメールまで送ってきましたが、こういう人と話し合うこと自体無意味だというか、議論が噛み合っていないわけです。
自転車を愛する者同士なら何してもいいわけがないでしょうと。

ちょっと前にアップした元自転車屋さんだという方からメールいただいた件でも、事実の誤認があるのでそこは丁寧に否定させていただきました。
しかしあれを掲載した理由ですが、別に私の意見に反対だったから怒っているとかむかついたとかそういう話ではなく、【自転車屋さんってこういう風に考えているんだな】と知ってもらうことが皆様の利益になると思ったので掲載しました。

ママチャリ修理について、元自転車屋店長さんよりメールいただきました。

私の反対の意見を持つ人なんてたくさんいますし、それ自体は当たり前だと思うんですね。
建前上、みんなが同じ考えになっている北朝鮮じゃあるまいし。

ただし前にもどこかで書きましたが、最初から喧嘩腰で【お前の意見はおかしいんだよバーカ】と言われたらそりゃむかつくでしょう。
ネット上ではこういう人もいます。
面と向かって言えなくても、知らぬ人で永久に会わない可能性が高いわけなので、自制という行為が働かないわけですね。

元自転車屋さんは丁寧に書いてくださったので、こちらも悪い印象は全くありません。

ただ今回のケース、結局のところ何が正しいのかは別にして、水掛け論になって解決できないフシを感じたら離脱するのが一番です。
IPアドレスを公開するとか、サイト管理者としてはどうかと思います。
法律の前に、人間としてのモラルはあるべきだと思うので。

しかし、なんかもったいない気もするんですね。
実際にスライムというものが本当に害なのかはわかりませんが、害だと思うならもっと論理的な活動していったほうがいいと思うんですね。
最近、こういう正義感(?)を持っている方も少ないですし。

スライムが本当に腐食を起こすのか、チューブ20本くらい買ってきてスライム入りと無しで1年後の様子、2年後の様子を見るのでもいいでしょうし、実際にどれくらいスライム被害があるのかは知りませんが、一つ一つ記録を取って検証するとか。
X氏が言っていましたが、チューブにもメーカーが定める耐用年数があると思うんですね。
これについては調べてもよくわかりませんでしたが、耐用年数を超えてから腐食が起こった場合は、そもそもチューブの賞味期限切れみたいな状態ですのでスライム製造者に責任はないでしょうし。

一連の流れを見て思ったことですが、正直なところ【ふーん】くらいしか思いませんでした。
というのも、スライムの効果や弊害については無知なので、そこについてはよくわからないからです。
これが結論と言えば結論です。

私自身、通勤では電動アシストのママチャリを使っています。
毎日往復で7キロ超を乗っていて、年に3回以上パンクします。
私はママチャリでも10日に一度くらいは空気を入れますので、パンクは異物貫通と特殊な例しか経験していません。

特殊な例というのは、空気を入れた翌日に起こっているパンクですが、走行中にいきなりタイヤからチューブがせり出してきてパンクです。
タイヤは劣化していません。

ある自転車屋に聞いたら【空気入れすぎでパンクなんてあり得ない】と言われましたが、ある自転車屋では【パンクしてないタイヤを触る限り、空気入れすぎです】と言われました。
その自転車屋では、自動で空気入れるときの注意点を親切丁寧に説明してくれたのですが、残念ながら手動ポンプで入れてます。
どんだけ怪力なんですか?と言われましたが、別に怪力じゃないのですが・・・

しかしその自転車屋からのアドバイス通りの空気圧にした結果、それは起こらなくなりました。

異物パンクではスライムというものに効果がありそうな気もしますが、これについても試したことがないので詳しくは知りません。
ただ一つ言えることは、いつも書いていますがネット上の情報を安易に信用しないほうがいいということです。

情報が必ずしも正しいとは限りません。
自分で情報の取捨選択をし、合理的だと思う考え方を選んでいくしかないのです。

ちょっと違うかもしれませんが、当サイトでは交通安全上、おかしな雰囲気を感じたら立ち向かうのではなく離脱したほうがよい、みたいなことを何度か書いています。
それと同じで、危険を察知したら離脱せよ!です。

この方の活動については、個人的には応援しています。
実際にスライムが害なのかどうかは知りませんが、本職の自転車屋がこのように主張しているということはある程度の信憑性があるからでしょうし。
ただしスライムによってパンクから防げた事例もあるでしょうし、チューブ(バルブ)のメーカーが定める耐用年数の範囲内で腐食が起こっているのかについては、もう少し検証したほうがいいような気がします。

どんな分野でもそうですが、他人の製品にケチつけるときは、根拠がないと説得力を持たないと思うんですね。
さらに要らぬお節介かもしれませんが、この啓蒙HPは私の調べによると、ほとんどアクセスがないようです。
世の中の人の多くがママチャリには無関心だということもあるかもしれませんが、現状のアクセス数ではあまり啓蒙になっていないような気もします。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする