やっぱりバルブキャップなんて不要?バルブキャップ外したらバルブコアが外れたよ!

ちょっと不思議なトラブルについてご報告のメールを頂きました。

今朝休みなのでロードバイクに乗ろうとして、決まりごとの空気入れようとして、フレンチバルブのキャップを回した所、プッシューとエアが抜けてしまいました。

プラキャップとバルブの頭が何かの理由で固着して引き出されてしまったのです。
出発前にとんだハプニングで出鼻をくじかれました。
前に、エアバルブのキャップは必ずしも必要ないと書かれていましたが、全くその通りですね。
今後キャップは使いません。




うーん、これはなんですかね・・・?

キャップとバルブの固着?

しばらく乗っていなかったロードだからなのかなと思い、前に空気入れたのってどれくらい前ですか?と聞きました。

前回空気を入れたのは、丁度1週間前です。
固着の原因は不明です前回プラキャップを強く締めたのかも知れません尚チューブは、コンチネンタル製で2年間変えていません。
タイヤのみ替えていました。

固着するには期間が短く、これは何でしょうかね?

画像を頂きました。

金シャマル使っているくらいなので、ベテランさんです。
もう金シャマルって手に入りませんからね・・・

可能性としては

仏式チューブの場合、バルブコアが交換できるタイプと、そうでないタイプがあります。
調べたところ、コンチネンタルのチューブはバルブコアを交換できるようにねじ切りで挿入されているようです。

なのでバルブコア自体、クルクル回せば外れるはずです。

可能性としてはキャップが強く締まりすぎていて、キャップを回そうとしたらバルブコアが回って外れた・・・などの可能性もありますが、普通そんなに怪力でキャップを締めることは考えにくいですし、キャップとバルブコアどっちが外れやすいかと聞かれたら当然キャップのほうでしょう。

長期間乗ってなくて固着したわけでもないようですし、初めて見ました。

キャップは結局必要なのか?

前に書いた記事ですが、キャップは原則として不要です。

チューブには、リムナットが付属するものと付属しないものがあるけど、どっちがいいのか?【質問いただきました】

理由ですが、仏式バルブの場合は、構造的に先端を締めている限り、水や埃などがチューブ内に落ちる可能性はありません。
英式バルブの場合はキャップしておかないとバルブ内に異物が入る可能性がありますが、仏式の場合は原則として不要です。

ではなんでキャップが付いているかというと、箱や袋などで保管されているときに、バルブ先端でチューブのゴムを傷つけないようにするためのパーツだからです。
なので装着後は不要です。

しかしながら、このキャップ問題を書くと、なぜか荒れます。
ずいぶん前にも抗議受けたことがありますし、

バルブキャップについて【コメントへのお返事】

この時は最初から非難することが目的なメールでしたので、本来なら相手にしたくありません。
非難するのは構わないですが、言い方ってあるとおもうんですね。

ちょっと前にも、バルブキャップについて抗議を受けました。

【続】ロードバイクにバルブキャップは必要なのか?メーカーに聞いてみた。

この時の抗議の趣旨ですが、
・このサイトはメーカーの互換性などに準拠していると書いてある
・チューブメーカーはキャップは必ず付けるようにと書いているのに、趣旨に反してないのか?

こういうお話です。
メーカーの互換性には【基本的に】準拠していますが、例外もいくつか書いています。

で、この件はチューブメーカーに電話して聞いてみたのですが、

こちらでは付けることを推奨していますが、付けていない人のほうが多いと思います。
特に競技者の場合は、ほとんどの方が付けていないと思われます。

キャップを付けることで、浸水を防ぐとか、落車時にバルブ先端が皮膚に当たって怪我をすることを防ぐ効果があると考えています。
こちらでは付けることを推奨しておりますが、付けなくても問題があるとも限りません。

チューブメーカーでも特に問題ないと言ってました(汗)

で、実際のところですが、付けるべきと考える人たちも一定数います。
私の考えでは、あってもなくてもいいので、お好きにどうぞです。

今回の件はバルブコアが何らかの理由で緩んでいた可能性もありますが、なんでしょうかね?
ちょっとわかりません。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする