【インプレ】話題の軽量鍵、OTTO LOCKのインプレを頂きました。

前にも紹介したことがある、軽量でかつ頑丈な鍵として話題のオットーロックを買ったという方から、インプレを頂きました。

これぞ究極のカギ??OTTOLOCK(オットーロック)が話題急上昇!

結構気になっているけど高いと思っている人もいると思いますが、私もちょっとお値段の高さで躊躇している一人です・・・



オットーロック インプレ

さて今回は表題の通りOTTO LOCKの使用感についてです。

当初は品薄で2~3ヶ月待ちは当たり前みたいな状況で、値段が高いこともありなかなかメジャーになれないなと感じていましたが先日フカヤさんが取り扱いを開始したということで少しは手に入れやすくなるのかなと思っております。

さて本題。
ワタシが購入したのは150?長のグリーンです。メーカー発表重量235g。(すみません、実重わかりません。)写真の通り手のひらサイズです。これだけコンパクトになると普通のサドルバッグでも入りますね。というかバックポケットでもOKです。

ロックさせた状態の写真はこちら。
150?あると支柱とか柵とかに前後ホイール込でロックするのに十分です。

肝心な使用感ですが。
やはり軽い・コンパクトは正義!
ワタシは管理人さんと同じく停める際は基本的に目が届くところにしています。なのでちょっと走る程度ならワイヤーロック、ロングでご当地グルメなどを堪能したいときはワイヤーとチェーンロックを持って出ていました。今はOTTO LOCKのみです。
堅牢性についてはこれは何とも言えません。まさか自分でワイヤーカッターで切ってみるとかできませんし(笑)今のところ誰かがチャレンジした形跡もないです。
唯一の難点はダイヤルロック。ダイヤル部分の凹凸が小さくダイヤルを1つだけ回そうとして隣も動いているということが多々ありまして。合わせたダイヤルは他の指で押さえて次のダイヤルを回すという工夫が必要かも。(ワタシの指がごついだけかもですが。)

で総評になる訳ですが、ワタシとしてはOTTO LOCKは非常に優れものと思います。
先日の記事にもありましたコストパフォーマンスという点でみると人によって意見が分かれるかと思いますが、1万円かけて盗難のリスクを下げられてなおかつ持ち運びも楽なら安いとワタシは思います。

インプレありがとうございます。
なかなか良さそうですよね。

深谷が正規取扱の代理店になったので、今までよりも入手性は良くなるのではないでしょうか?

カギについての考え方

前に読者様からのタレコミで、いろんな鍵の破壊試験(?)みたいなのを行っているサイトがあるという情報を頂いてました。
そこによると、ある工具を使えばこのOTTO LOCKも1分程度で切断可能だったという試験情報があるようです。

このオットーロックですが、見ればわかるようにワイヤーロック以上、U字ロック以下です。
よく勘違いする人がいますが、世の中にある鍵は全て切断可能です。
ですが頑丈な鍵ほど特殊工具を要しますし、切断に時間がかかります。

ワイヤーロックの場合、ワイヤーカッターさえあれば瞬殺可能です。

まず駐輪の基本ですが、人目が付きやすい場所に、短時間というのがロードバイクの鉄則です
駅とか商業施設の駐輪場に長時間置くということ自体がロードバイクは向きませんが、そういう場所に駐輪するならU字ロックでも厳しいでしょう。

これ勘違いしている人が結構います。
人目につかない場所のほうが盗まれにくいと考えている人もいますが逆です。

だって考えてみてください。
何かモノを盗むとき、誰かに見られたいですか?
それとも誰にも見られない場所で作業したいですか?

考えてみれば一目瞭然です。
人目が付かない場所なら、時間をかけてカギを破壊するでしょう。
人目が多い場所なら、もしかしたらその中にロードバイクの持ち主がいるかもしれませんし、カギの破壊活動中に持ち主が寄ってくる可能性もありますよね。

人目につく場所で窃盗したいなら、破壊活動は短時間、一瞬で済ませたいはずです。
人通りが多い場所で、1分とか鍵の破壊活動に時間かけます??
怪しすぎですよね。

人目につく場所に駐輪する場合、一瞬で破壊できないカギであれば、多くの場合盗難を防ぐことができます。
一般人の窃盗犯なら、せいぜいワイヤーカッターとかニッパー程度しか持っていません。
そういう工具でクイッとやってみて、一瞬で破壊できなそうなら諦めると思います。

プロの窃盗犯にかかったら、U字ロックだろうと無意味です。
特殊な工具で破壊しますし、以前流行ったケースでは、自治体がやっている自転車撤去を装って作業着にトラックで行って堂々と破壊というのもありましたね。

カギって色々考え方がありますが、頑丈な鍵ほど重いというのはほぼ間違いありません。
重いというのは、1キロを超えるものもあります。

ロードバイクに乗っていて、1キロの塊を持ち歩くというのはつらいですよね。
頑丈さを求める人はそうしないと気が済まないのかもしれませんし、それはそれで一つの考え方です。

OTTO LOCKですが、軽さ、頑丈さのバランスが非常にいいと思ってます。
唯一、値段も含めたバランスで見ると高いという印象です。

駅などの駐輪場に長時間停めるというならオススメしませんが(どの鍵でもオススメしません)、普通に乗るときに使うカギとしては最強なのではないでしょうか?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする