【2019モデル】FUJIのRAIZ。前作パレットからモデルチェンジ。

FUJI定番のクロスバイクというと、パレットが2018年までありましたが、何と2019モデルではフルモデルチェンジし、RAIZ(ライズ)と名称も変更になりました。

見たところ、そこまで大きな変化があったわけではなさそうなのですが、パレットと同様に定番クロスバイクとしてのスペックのようで。



2019 FUJI RAIZ


クロスバイク フジ ライズ (マットブラック) 2019 FUJI RAIZ

FUJIのフラットバーというと、クロスバイクにカテゴリされるPARETTEと、フラットバーロードにカテゴリーされるルーベオーラが代表的でした。
今回のRAIZは、パレットの流れを組むクロスバイクです。

RAIZはザ・ノーマルクロスバイクというか、クロスバイクとして一般的なスペックです。
具体的に言うと、3×8変速、Vブレーキ、32cタイヤ・・・

近年のクロスバイクですが、フレーム設計の方向性が二極化している印象です。
二極化というのは、ロードバイクに近づこうとするクロスバイクと、安定性重視のためのクロスバイクですね。
ロードバイクに近づこうとするクロスバイクは、フレームのチェーンステイ長(リアセンター)が短めです。

リアセンターというのは、ペダルから後輪までの距離と考えればいいのですが、
・リアセンターが短い ⇒ 加速性アップ、振動吸収性ダウン、低速安定性ダウン

・リアセンターが長い ⇒ 加速性ダウン、振動吸収性アップ、低速安定性アップ

大雑把に言うとこんな感じです。

エスケープRXなどはリアセンターが短めのクロスバイクですが(425mm)、このRAIZはリアセンター440mmと長め。
なので安定性志向のクロスバイクと言えます。

ちなみに同じFUJIのルーベオーラは、こちらはフラットバーロードです。
そのためリアセンターも415mmとロードバイクに近い設計なわけです。
速さを追求するならルーベオーラ、安定性重視ならRAIZという位置づけですね。


【最大5000オフクーポン+P最大26倍(10/26 0時まで)】2019モデル Fuji(フジ)ROUBAIX AURA(ルーベオーラ)スピード・クロスバイク【送料プランC】 【完全組立】【店頭受取対応商品】

同じフラットバーの自転車でも、フレーム設計で全く正反対の性能というところも面白いわけです。

RAIZの魅力

FUJIのクロスバイクの特徴ですが、オシャレなカラーリングが魅力です。
RAIZも5色展開。

FUJI フジ 2019年モデル RAIZ レイズ クロスバイク

こういうカラーリングって、いかにもFUJIっぽいなぁと思ってしまいます。

正直なところでいうと、RAIZはスペック的にはすごくいいというわけではありません。
アルミフレームにクロモリフォーク、3×8変速とごく一般的なクロスバイクなので、他社でいうとジャイアントのエスケープR3に該当するようなモデルと言えます。

ただそういう一般的なクロスバイクであっても、FUJIらしさとしてカラーリングはこだわっている一台なんですね。
街乗り、通勤通学など幅広く使えそうな一台です。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする