思わず声が出てしまった話。

昨日のサイクリングの帰り道、思わず声が出てしまった頃がありました。
別に面白くもない話ですが、思うところがあって書きます。




思わず声が出てしまった話

自宅に帰る道は、ぶっちゃけものすごく狭い道です。
一応県道ですが、片側一車線、歩道はほぼ無し、バスの交通量が多い、バス同士すれ違い出来ない場所もある、というスペックの道路です。

目の前の横断歩道が赤だったので、停止。
この時点で後続車はなく、信号待ちしているのはロードバイクに跨る私だけです。

下手な絵ですんません・・・

停止しているところのすぐ左はガードレールがあり、車道のほうはバス一台がギリギリ入るくらいのスペースしかない道路です。
ここは交差点ではなく、歩行者用の押しボタン式の信号があるだけです。
赤信号で歩行者が横断しているので、当然ですがロードバイクに乗る私は左端で停止してますよね。

この時、後続車が迫っていることに全く気が付いていませんでした。

声が出た瞬間です。

いきなり、路線バスが横付け。
道幅が狭いので、横にバスがいるということは、バスはセンターラインを確実に超えています。
しかもまだ赤信号。

右STI握っている手から、小指だけ伸ばせばバスに触れそうなくらい接近して停止です。
あまりにビックリして、大声出してしまいました。

なぜオマエ(バス)は、この信号待ちで前に出ようとしたんだ??とマジでビックリ。
しかも驚いて声出したもんだから、バスの運転手もビックリしている始末。

ていうか、バスの運転手、俺を見逃してたのか???

問題は信号が青になってからです。
バスが先に出ると、恐らく私と接触するでしょう。
わずかに左カーブになっているので。
なのでバスのほうにちょっと待てと手で合図して、私が先に出ました。
路線バスの運転手って、正直運転技術はかなり高いです。
よくこんな狭い道で事故らないなと感心して見ていますが、運転技術が高くて自信があるのか、こっちに気が付いていなかったのか知りませんが、マジでビックリしました。

このバスですが、あと50m程度進んだところにバス停があって、ほぼ確実にそのバス停では停まります。
なぜロードバイクを追い越ししようと横付けしたのか知りませんが、マジで勘弁です。
あの位置関係だと、確実にバスはセンターラインを越えて停止しているはずなんですが・・・



大型車は怖いでござる

普段狭い道をロードバイクで走るとき、後ろから大型車が来た場合には歩道に乗り上げるなどして先に大型車を行かせたほうが無難です。
いつもはそうします。

ですが信号待ちで無理に並んでくることはないだろうよ・・・と思うわけです。

このバス会社、地元では非常に評判が悪く、運転が荒いとか言われています。
あるバス会社の教えで驚いたことがありますが、万が一バスが走行中に歩行者が飛び出してきても、無理にブレーキをかけるべきではないという教えがあるらしいです。

これの理由ですが、急ブレーキかけると乗っている乗客が吹っ飛んでケガする可能性があり、乗客が多いほど損害賠償が大きくなります。
それなら、目の前の一人に死んでもらったほうがマシだという考えだと聞いて、マジで引いたことがあります。

所詮は噂なので真相がどうなのかは知りませんが、バスとロードバイクが喧嘩した場合、ロードバイクは間違いなく負けます。
なので大型車を回避する、大型車を優先させるようにしながらロードバイクに乗ることは鉄則と言えますが、お願いだから大型車のほうもギリギリを攻めるのはやめてもらいたいと思うわけです。

まあ、日中の明るい時間でもこんなことが起こるくらいなので、この道は夜だともっと悲惨なのですが。
さらに言うと、こういう狭い道で大型車くらいの脅威を感じるのは、逆走のママチャリです。
夜間で無灯火+逆走だと、至近距離に来るまでわかりません。

逆走のママチャリだけはもっと厳格に取り締まりしてほしいなといつも思うのですが、警察はそんな案件では動かないですからね・・・
逆走ママチャリって、なぜか止まってくれないんですよね。
一旦停止してもらえばまだ安全にかわすことができますが、スピードを緩めてむくれないので、こっちが一旦停止するしかないという意味不明な状態になるわけです。

まあ、逆走が罪だと知らない人も多いのかもしれません。

シマノ DURA-ACE デュラエース R9100シリーズ ペダル PD-R9100 33604
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 5,875




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする