YOUTUBEの動画を見て、ロードバイクのマナーについて考えてみた。

YOUTUBEを見ると、様々なロードバイクに関わる交通マナーだったり、事故に関する動画がありますよね。
こういうのってある意味生きた事例なので、動画を見ていろいろ学ぶということも大切だったりします。

ロードバイクの走り方のマナーという観点と、事故を避けるためにどうすべきだったのかなど完全俺視線で見ていきます。



左折巻き込み

まずは左折巻き込み事故から。

こちらの事故は自動車側がウインカーを付けずに左折を開始したので左折巻き込みを喰らっているようです。
なので完全に自動車側が悪い事案ですが、事故防止という観点からすると交差点で左すり抜けとかやらないほうがいいです。

ノーウインカーとか、ギリギリまでウインカー出さない車ってそこそこいます。
これらは当然車が悪いのですが、無駄な事故を防ぐには、車を信用しないということも大切だと思っています。

急に左折してくる可能性もある場面ですので、交差点で左すり抜けは本気でやめたほうがいいでしょう。

ちなみにこの事故、車が先行しているので過失割合は自転車:車=10:90からスタートします。
自動車側に合図なしがあれば、0:100に修正される事案です。

なので車が悪いのは当然なのですが、事故って痛い目を見るのはロードバイクのほうですよね。
車のドライバーは、車が傷つく以外にケガなんてしないでしょうから。

自分を守るために、交差点での左すり抜けはやめましょう。

すり抜け・ドア開き

こちらは左すり抜けでロードバイクが走行中に、前方車両のドアが開いて衝突している状態ですね。
これも後方確認せずにドアを開けるほうが悪いのですが、そもそもこんなに狭い場所はすり抜けしないほうがいいでしょう。

すり抜けして一番前に出ても、信号が青になれば速度差の問題からまた車に追い抜きされます。
追い抜き時に事故が起こりやすいわけなので、無理にすり抜けとか実行しないほうがいいかと。

3本ローラー

これは誰かに迷惑かけているわけでもないので事故でも何でもないのですが、なんかほのぼのして笑えたので。
とりあえず言えることですが、下見るとふらつくので、前見たほうがいいですね

公道でもまっすぐ走れていない人っていますが、下見ているとダメなんですよ。
まっすぐ前を見て走るのが基本です。

自爆

こちらはサイクリングロードを走行中に右カーブで自爆転倒しているようです。
まずかなり気になったのですが、なぜこのサイクリングロードはこんなに狭いのでしょうか?
そもそもですが自分ならここは怖くて走りません。

雨上がりでスリップしているのか、何かに引っかかったのかわかりませんが、こういう狭い道はスピードを出さないことが大原則な気がします。




マナー

https://youtu.be/2k4SH0FR3oU

しまなみ海道を走行中の様子で、キープレフト出来ていないシティサイクル等に注意を呼び掛けながら追い越しするロードバイク。

キープレフト出来ていないことを注意すること自体はいいと思いますが、映像を見る限り追い越し方法にはやや疑問があります。
右側のほとんどスペースがないところを無理に追い越ししているように見えますし、そもそも対向車線に飛び出ていますし。
見通しの悪い左カーブで、対向車線に飛び出ながらの追い越しはさすがに危険な気がします。

サイクリングロードにおけるインラインスケート

こちらの動画では、サイクリングロードでインラインスケートをしている人が前方で急旋回したために衝突しそうになったもののようです。
この動画ではロードバイク側が十分な減速をしていてようなので衝突はしていないようですが、かなり危険ですよね。
お互いに。

インラインスケートですが、法的にはかなり曖昧な状態で定義されています。

(禁止行為)

第七十六条 何人も、信号機若しくは道路標識等又はこれらに類似する工作物若しくは物件をみだりに設置してはならない。

2 何人も、信号機又は道路標識等の効用を妨げるような工作物又は物件を設置してはならない。

3 何人も、交通の妨害となるような方法で物件をみだりに道路に置いてはならない。

4 何人も、次の各号に掲げる行為は、してはならない。

一 道路において、酒に酔つて交通の妨害となるような程度にふらつくこと。

二 道路において、交通の妨害となるような方法で寝そべり、すわり、しやがみ、又は立ちどまつていること。

三 交通のひんぱんな道路において、球戯をし、ローラー・スケートをし、又はこれらに類する行為をすること。

四 石、ガラスびん、金属片その他道路上の人若しくは車両等を損傷するおそれのある物件を投げ、又は発射すること。

五 前号に掲げるもののほか、道路において進行中の車両等から物件を投げること。

六 道路において進行中の自動車、トロリーバス又は路面電車に飛び乗り、若しくはこれらから飛び降り、又はこれらに外からつかまること。

七 前各号に掲げるもののほか、道路又は交通の状況により、公安委員会が、道路における交通の危険を生じさせ、又は著しく交通の妨害となるおそれがあると認めて定めた行為

非常に曖昧な状態なので、サイクリングロードが交通が頻繁な道路と認められるかはさておいて、インラインスケートは車両ではなく遊戯扱いのようなので、ロードバイクから見て交通弱者に当たります。
なので万が一接触や衝突した場合、自転車側の過失が大きくなる可能性があるので、見かけたら減速しなるべく離れるのが鉄則でしょう。

救いようがない走り方

この動画は警察などが作った注意喚起の動画だと思いますが、このように歩道を爆走するのは、正直なところママチャリのほうが多い気がします。
私が結構な頻度で見かける中年サラリーマンの例ですが、夜、歩道をクロスバイク(?)で爆走しています。
何度もぶつかりそうになっていますが、特に改める気もないようで、見かけるときはいつも歩道を爆走です。
なんか動きがおかしくて、加速具合が半端じゃありません。

速やかに悔い改めて欲しいと願っていますが、そういう人は事故を起こさない限りは悔い改めないでしょうし・・・

事例から学ぶ

ユーチューブにはロードバイクで事故った動画などがありますが、自分ならどうやって回避するのかを考えることも大切です。
幅寄せされたというケースであっても、もしかしたら走り方次第で幅寄せを回避できたかもっしれませんし、事故ってもいいと考える人はさすがにいないでしょうから。

解決策は一つではありません。
それぞれ考え方はあるでしょうし、自分ならこうするなという基準を作っておくことも大切です。

ロードバイクって楽しい一方、見方によっては危険な乗り物でもあります。
また、乗る人によっても危険性が増します。

どのように事故を回避していくのか、事故らないためにはどういう走り方がいいのか、考えることが大切です。

OGK KABUTO(オージーケーカブト) ヘルメット FIGO パールホワイト M/L (頭囲 57cm~60cm未満)
OGK KABUTO(オージーケーカブト) (2012-07-25)
売り上げランキング: 1,286




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする