クロモリフレーム受難の時代。シルバーパーツはほとんどないわけで。

クロモリフレームに乗りたいという方は少数派な時代ですが、それでも根強い人気を誇るのがクロモリフレームです。
独特の粘りがある乗り味だとか、どこまでも乗っていられるような乗り心地だとか言われますが、最近のパーツはブラックが多く、クロモリフレームと言えばシルバーパーツを!と考える人も少なくありません。

クロモリフレームの人向けのシルバーパーツを集めてみました。



コンポ

一応シマノだと、105(R7000)にシルバーパーツがあります。
そのほかのグレードでは全てブラックパーツのみです。

ただし、今のシマノのクランクは4アームが主流。
クランクというとロードバイクの顔ともいうべき目立つ場所ですが、

SHIMANO(シマノ) 105 FC-R7000 クランクセット 50/34T(2x11S) シルバー
SHIMANO(シマノ)
売り上げランキング: 216,645

せっかくの細身のクロモリフレームなのに、4アームの太いクランクだとどうもね・・・という方は少なくありません。

そういうクロモリ派に人気が高いのは、スギノのクランクではないでしょうか?

Sugino(スギノ) Mighty Tour 901D 50x36(SHP/S) 172.5mm(AA) W/CBB AL110
Sugino(スギノ)
売り上げランキング: 76,436

ブレーキについては、105グレードでシルバーがあります。

カンパニョーロならケンタウルにシルバーパーツが残っています。

【CAMPAGNOLO】(カンパニョーロ)CENTAUR(ケンタウル)キャリパーブレーキ{シルバー}前後セットBR18-CESDP(自転車)

ブレーキはカンパニョーロのほうが、味があっていいですよね・・・


(送料無料)【CAMPAGNOLO】(カンパニョーロ)CENTAUR(ケンタウル)エルゴパワーレバー{シルバー}左右セット(2x11s)EP18-CES1C【STIレバー】(自転車)

ただしカンパニョーロとシマノでは互換性がないので、原則として混ぜて使うことはできません。
ホイールもハブの問題が生じるので、まずはシマノ系で組むのか、カンパニョーロで行くのかというところが大きな境目と言えます。

ホイール(ハブ)

クロモリフレームと言えば手組ホイール!と考える人は多いと思います。
理由は、スポークが少ない完組だと合わないとか、ブラックハブしかない完組は合わないと考える人が多いからでしょう。

リムは定番中の定番、マヴィックのオープンプロがありますが、

ハブが何かとややこしいわけです。
高くてもいいなら、クリスキングのR45とか。

クリスキング R45リア【シマノ用 :セラミックベアリング仕様:32H:シルバー】CHRIS KING R45 REAR 自転車 ハブ

安めならENE CICLOのツーリングハブとか。

【ENE CICLO】 TOURING HUB FRONT 32H
ヨシガイ
売り上げランキング: 972,770

こういうもので手組にするのがクロモリ派の主流でしょうか。

クロモリに詳しいショップに相談を

クロモリフレームの場合、そもそも大手ブランドはクロモリフレーム自体を作っていません。
ジャイアントやメリダ、スペシャライズドやトレック、キャノンデールなど、大手はクロモリフレームすらありません。
なので最近の新しめのショップに相談しても、店員さん自体もわからないのではないでしょうか?

前にバイク自慢で紹介したクロモリフレームのLEVELですが、

やはりシルバーパーツをうまく使ってまとめていますね。
ツーリングバイク的に使っているようです。

【俺流バイク自慢】LEVELのクロモリフレームをグラベルキャンプツーリング仕様に!

LEVELはオーダーのクロモリフレームとして有名ですが、正直なところいいクロモリフレームが欲しいと思った場合、オーダーメイドのもののほうが質はいいように思います。
もしくはコルナゴのMASTERなど高級なクロモリフレームなど。

クロモリフレームは時代遅れと見る人もいますが、確かにレースシーンではいまやカーボン一色になってしまいました。
しかしながら、いいクロモリフレームというのも味があっていいものです。

クロモリフレームが欲しい方は、老舗自転車屋に相談したほうが早いかもしれません。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする