サイクルモード2018が行われるようですが。

サイクルモード2018が明日から開幕します。
行かないのですか?と質問されることがありますが、当然行きません!

個人的にはあまり価値を感じないイベントなので。
(楽しみにしている人がいましたらスミマセン・・・)



サイクルモードの魅力

たぶんですが、サイクルモードに行く人っていろんなメーカーのロードバイクの試乗が大きな目的なのではないでしょうか?
普段乗れないようなロードに乗れる可能性はありますし、キャニオンみたいにそもそも店頭には置いてないブランド(通販専門)の試乗ができるとしたらサイクルモードだけですしね。

試乗できるということがメリットなのでしょう。

ただし、個人的にはこの試乗がデメリットでもあると思っていまして。

確かに乗れます。
乗ったことがあるのと乗ったことがないのではやはり差があります。
それを分かった上で書きますと、サイクルモードでは自由に試乗できないし、まともにサイズ合わせも出来ないし、ビンディングペダルも使えないし、得るものがほとんどないから私は行きません。

狭いコースで、しかも舗装状態がいいところを低速で乗って、ここで記事にできるようなインプレは不可能です。
ほかのブログではサイクルモードに行って試乗してきたということで記事が上がったりしますが、サイクルモードで短時間、低速で、舗装状態が良すぎるところを、まともなサイズ合わせもせずに、フラットペダルで乗っただけなのに【加速性が凄い】とか【振動吸収性がいい】とか評価しているのをみると、寒気が走ります。

だいたいの場合、いろんな体重の人が乗ることを想定して、タイヤの空気圧も無駄に高めですしね。

ソレ、ホンキで感じ取りましたか?と聞きたいです。
脳内のイメージで膨らませて書いていませんかと。

ロード初心者の方がとりあえず乗りに行くことは否定しませんし、上級者の方なら低速で走っても、それなりに感じ取れることはあるでしょう。
でも、低速で走ったのに【スプリントがいい】とか【加速性が素晴らしい】とか書いているブログを見ると、個人的には嫌悪感で一杯です。

やってもないこと(=スプリント)まで書くのは違いでしょうよと。

そういう意味で、特に記事に出来るようなこともないので、行かないです。
もっと自由に走らせてくれる試乗なら行きますが。
先日頂いたインプレ記事の件も、このイベント自体私は知りませんでした。

PREMIUM BIKE IMPRESSION 2018でのインプレを頂きました。

こっちはサイクルモードよりも公道で走れるっぽいのでいいですが、サイクルモードの試乗は、素人さんも多くて危ないですしね。
なのでサイクルモードだけでインプレ書いているサイトがあったら、個人的には信用しないことにしています。



主要ブランドは出展すらしていない・・・

完成車メーカーでいうと、まずはジャイアント、メリダといった大御所は不参加です。
ビアンキも出してないですし、スペシャライズドもキャノンデールもトレックも出展していません。

LOOKとかサーベロとかは出していますが、こういうフレームはもっと自由な空間で試乗したいところ。
ヨネックスなんかもそうですね。

私が行く試乗ですが、試乗会ではなくショップの試乗車を狙います。
しかも狙い目は平日。

平日に行くと暇なので【本来は20分程度の試乗ですが、この後予定も入っていないのでもうちょい乗っていてもいいですよ】と言われることが多いです。
あるショップなんて、1時間くらい乗せてくれましたよw
もう好き放題乗り倒しました。
もちろん公道を走るので、まさに実走そのものです。
こういう時、予めショップ周辺にそこそこの坂がないかチェックしてから行くので、坂も試せますし。

サイクルモードの試乗を否定するつもりはないのですが、とてもロードバイク専門サイトで記事に出来るような試乗はできません。
なのでロードなどの専門サイトでサイクルモードの試乗を取りあげてインプレしていたら、注意したほうがいいわけです。
だいたいは脳内インプレになってしまい、感じている分以上のことを書いてしまいますので。

ビアンキとかジャイアントはメーカー直営店が豊富で試乗車もショップにありますし、メリダは伊豆に常設の試乗施設があります。

MERIDA X BASEが伊豆に新設!なんと全車種、全カラーが展示され常時200台のメリダ車が!

数は少ないですが、キャノンデールとかスペシャライズド、トレックも専門店で試乗できたりしますし、コーダーブルームも直営店では試乗できるようです。

でもサーベロ、LOOKなどは直営店もありませんし、キャニオンについては事実上サイクルモードくらいでしか試乗できませんよね。

もうちょっとまともに試乗できる体制が整っているならいいでしょうけど、ひたすら数を捌くだけにしか見えない試乗なので、やはり本気で試乗したいなら、ショップの試乗をオススメします。

以上、業界裏話。

もう一個、業界裏話の爆弾を抱えているのですが、そのうち投下します。

貯金爆弾
貯金爆弾

posted with amazlet at 18.11.08
タカラトミー(TAKARA TOMY) (2007-11-15)
売り上げランキング: 67,024




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする