人気のコンチネンタルからGrand Prix 5000 TLが登場!GP4000SⅡから進化したロードタイヤか。

先ほど読者様からのタレコミで、ロードタイヤとして人気が高いコンチネンタルより、グランプリ5000という新しいタイヤが出るという話を頂きました。

えっ?マジ??と思い調べてみましたが、確かにGrand Prix 5000 TLというタイヤが既に海外では出ているようです。
そんなニュータイヤを見ていきましょう。



Grand Prix 5000

グランプリ4000S2が登場してから早14年。
このタイミングでグランプリ5000が登場という話のようです。

このGP5000ですが、タイヤタイプはクリンチャーとチューブレスの二つ
クリンチャーのほうは23c、25c、28c、32cとなっており、TPIは330。
チューブレスは同じく25c、28c、32cとなっていて、TPIは180。

近年、ワイドリムと幅広タイヤが主流になってきていて、完成車でも28c装備とか見かけるようになってきましたが、チューブレスはあえて23cは排除して25c以上で作ってきたところがなかなかのポイントかと。

650bもあるようです。
スペックをまとめてみました。

タイプ サイズ 重量 TPI
GP5000

(クリンチャー)

25c 200g 330
25c 215g
28c 235g
32c 290g
GP5000 TL

(チューブレス)

25c 300g 180
28c 345g
32c 370g




転がり抵抗

前作のGP4000S2も転がり抵抗が低いタイヤとして有名でしたが、クリンチャーのGP5000ではGP4000S2に比べて12%の転がり抵抗の向上、耐パンク性は20%向上しているそうです。

チューブレスのほうは、5%の転がり抵抗の向上、5%の耐パンク性の向上とのこと。

転がり抵抗 耐パンク性
GP5000 CL 12%向上 20%向上
GP5000 TL 5%向上 5%向上

転がり抵抗の原因となるヒステリシス・ロスがありますが、これはタイヤが変形して戻るときの熱損失です。
GP5000ではいかにヒシテリシスロスを少なくするかとグリップ力の両立を目指して開発されたようで、ヒステリシスロスが少ないとよく転がる一方グリップ力が失われる傾向にあり、ヒステリシスロスが大きいと転がりが悪いけどグリップ力が増すということになるため、その両立を目指して設計されているそうです。

GP5000TLのほうですが、耐パンクベルトのVectran Brakerがあるため、シーラント不要のチューブレスタイヤのようです。
チューブレスレディタイヤではなく、チューブレスタイヤの模様。

なおチューブレスレディリムとも互換性があり使えるようです。

タイヤの溝のパターン

コンチネンタルのタイヤは独特のパターンの溝になっていますが、GP5000ではLazer Gripという技術でレーザーで掘っているような加工で、空力とグリップ力を高める工夫が施されているそうです。

GP4000S2はレースタイヤながらも耐久性の高さも人気の秘密でしたが、GP5000もなかなか良さそうですね。

いつ頃販売開始??

どうもイギリスでは本日発売という噂を聞いたので、ウイグルを調べてみました。
うん、まだないですねw

とりあえずまだ情報が海外にしかないようで、珍しくいろいろ翻訳しながら記事を作成した関係で、何か重大な間違いを書いている可能性もあります。
また詳細が明らかになり次第、修正や補足していきますね。

コンチネンタルのGP5000は、2019年の大本命タイヤになりうる存在ではないでしょうか?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする