アマゾンでTIMEのペダルがセールになっていますが・・・

アマゾンにて、TIMEのXPRESSOシリーズのペダルが激安になっています。
これを見て、お買い得だと思って買う人もいるでしょう。

ただし、個人的にはちょっとオススメしない事情があります。
オススメしない理由は、TIMEのペダル自体は最高だけど、購入する場所がどうなのかという話です。
なのでこの記事は最後まで読んでいただけると幸いです。



TIMEのペダルが安い

まずはXPRESSO4から。

XPRESSO4以上では、踏み面にプレートが付きます。
4以下には1と2があるのですが、後述しますが1と2のスペック上の違いはイマイチよくわからないのに価格差があるので、2を買うなら1でも十分な気がします。

昨年、XPRESSO4はウイグルで爆安でした。
5000円くらいでしょうか。
私も買った一人でしたが・・・

続いてはXPRESSO10。

10以上ではボディがカーボンになり、踏み面のプレートもアルミになってかなり軽くなります。
まあ、下位のXPRESSO1でもシマノのデュラエースペダルと同じくらいの重量なんですが・・・

ここでおさらい。
TIMEペダルのグレードの違いはこうなっています。

重量 ボディ シャフト プレート 定価
114 コンポジット スチール なし 4900
115 コンポジット スチール なし 8500
115 コンポジット スチール ステンレス 12000
108 コンポジット 中空スチール ステンレス 16000
10 99 カーボン 中空スチール アルミ 23000
12 77 カーボン 中空チタン アルミ 37000
15 66.5 ライトカーボン 中空チタン アルミ 59000

・15のみセラミックベアリング

1と2はスペック上は同じなんですが、価格はソコソコ違います。
前にプロショップで違いについて聞いたのですが、実際に見比べても何が違うのかわからんwとの話。
私が見比べても違いについては不明でした。

なので2については、2を買うなら1でもいいでしょうし、もう少し頑張って4買ったほうがいいという話になります。

こちらがXPRESSO1の踏み面。

こちらがXPRESSO4の踏み面。

使い比べて、正直なところ差はわかりませんw

こちらはXPRO10。

XPRESSOとXPROの違いですが、XPROはエアロカバーが裏面についています。
これにより重量は増します。

ただし、個人的な予感ですが、これはエアロカバーということで空力がどうこうという話ではないと思っています。
後述しますが、TIMEのペダルは裏にあるカーボンバネが破損しやすいのですが、間違って裏面をガキっと踏んでバネが破壊されないような保護の意味合いが強いのではないかと

TIMEペダルを通販で買わないほうがいいと思う理由

私の場合ですが、TIMEのアイクリックレーサー2というペダルを元々は使っていました。
これは訳ありで中古で手に入れて、なんだかんだ私は5年くらいは使ったはずです。
最後はボディが割れて使用不能になりましたが、これだけ使えば十分でしょう。

次に買ったのがウイグルで買ったXPRESSO4。
よく、【TIMEのペダルはカーボンバネが壊れやすい】と言われますが、前に使っていたアイクリックレーサー2が5年以上も壊れませんでしたので、油断していました。
ええ、2ヶ月でバネが壊れましたよ・・・(右がバネがなくなったXPRESSO4)

TIMEのペダルですが、カーボンバネの破損は修理可能です。
ただし、専用の工具やパーツは輸入代理店(ポディウム)にしかなく、販売店にはないのです。
そのため、代理店に送って直してもらうわけですが、並行輸入品は修理受付してないんですね・・・

ペダルにシリアルナンバーがあり、それで管理しているそうです。

私の場合、ウイグルに修理を申し込んだところ、返金させてくれと言ってきたので助かりましたが、こういう対応になることはレアケースだと思います。
一般的には【ドンマイ案件】です。

今使っているのはXPRESSO1ですが、これはショップで買いました。
ショップ売りで5000円弱だった気がしますが、ペダルを買えばクリートが付属してきます。
TIMEのクリートは一個2800円とかそれくらいはするので、そう考えるとペダル代って2000円程度とも言えるんですね。

クリートは消耗品ですし、まあ数年ペダルが持ってくれればいいし、一応正規販売店で買っているのでカーボンバネ破損時は修理してもらえますし。

ウイグルで見ると、XPRESSO6が40%オフの8,368円と激安だったりするのですが、

Time Xpresso 6 Pedals

TIMEのペダルは、壊れるときは壊れるし、壊れないときは壊れないという感じなので、心配な人は価格につられて海外通販などを使うよりも、正規販売店(つまりはショップ)で買ったほうがいいでしょう。

XPROシリーズのように、エアロカバーが付いているのなら、もしかしたらカーボンバネも取れにくいのかもしれません。

Time XPRO 12 Pedals

なぜカーボンバネが壊れるかですが、たぶんですが裏面を踏んでしまってクリートでバネを破壊しているケースもあると思います。
私の場合ですが、気が付いたらなくなっていたというか、交差点で信号待ちしていて、発進時になぜかステップイン不能になっていたので、なんでバネがなくなったのかはわかりません。
エアロカバーが付いていれば、理屈の上では踏み間違いでのバネ破損は起こらないでしょうから。

独特のフローティング機構で膝に優しいタイムのペダルですが、私は今後ともタイムしか使わないと思います。
一度タイムにハマると、他社は違和感しか出ませんので。
でも、どこで買うかによって、その後の保証が大きく変わるということは知っておいたほうがいいと思います。

まあ、すぐに壊れるというのはレアケースなんですが・・・




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする