【2019モデル】PINARELLO GREVIL+。新しい時代のグラベルロードが鬼のようにカッチョいい!

2019年モデルのピナレロには、グラベルロードが登場するのですが、その名もGREVIL(グレヴィル)を出してきました。
これが猛烈にカッチョいいのですが、どんなもんか見ていきましょう。



2019 PINARELLO GREVIL

ピナレロが出してきたグレヴィルですが、二種類あります。
ハイエンドモデルのGREVIL+と、その下のグレードのGREVILです。
どちらもカーボンフレーム。

ピナレロらしいフレーム造形の美しさはさすがですよね。

このグレヴィルですが、何がすごいかというとグラベルレースに特化したフレームという感じで、フレーム素材もハイエンドモデルと同様です。
GREVIL+については東レT1100を使用。
これはドグマF10と同じカーボン素材です。

その下のGREVILについては、東レT700を使用。
プリンスと同じカーボンを使用しているということになります。

グラベルロードについては、各社様々なモデルを出してきています。
その中でも、低価格帯で買いやすいモデルを出してきているメーカーもあれば、その対極で究極のグラベルロードを開発するピナレロのようなブランドもあるわけです。

このようなオフロードで最速を目指す人向けの一台ですね。
まあ、日本にはこういうコース自体があまりないのですが・・・

タイヤクリアランスは42cまで確保しているそうです。



グラベル走行には最強の一台かも

ピナレロが本気出してきた一台という感じですが、ピナレロらしいアシンメトリックなフレーム、ONDAフォークなどピナレロらしさを前面に出しながら、グラベルロードで最速を目指した一台ですよね。
もしこういうコースがあるのなら、ぜひとも走ってみたい一台です。

日本でグラベルロードを買う人もちょこちょこ増えてきているようですが、私が聞いている範囲ではレース目的というよりも、舗装路でのロングライドやツーリング目的の人が多いように感じます。
タイヤが太めで乗り心地もよく、アップライトなポジションで乗りやすいということですね。
また、車種にもよりますが荷物の積載がしやすいということもあります。

このようなグラベルロードのレースも日本でもあるようですが、

やはり海外のようなコースはなかなか取れないのではないでしょうか?
オフロードでもこんなにスピード出して走るんですね。

各社、グラベルロードにも力を入れ始めていますが、ピナレロのGREVILについては【勝つためのグラベルロード】という感じがします。


《在庫あり》MERIDA(メリダ) 2019年モデル SILEX200 (サイレックス200)[グラベルロード][ロードバイク・ロードレーサー]




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする