最近、ロードバイクの右折レーンからの右折をよく見かける気がする。二段階右折は面倒なのか?

最近ですが、ロードバイクに乗っていて、右折レーンから右折するロードバイクをよく見かけるような気がしています。
単に偶然目に付いただけなのかもしれませんので、増えているのか増えていないのかについては正直わかりませんが、危ないなぁと思うことが多い気がしています。



今回はそんな話を。

ロードバイクは二段階右折

交差点において、ロードバイクは二段階右折しないといけないと法律で決まっています。
これの根拠ですが、こちらです。

道路交通法 第34条
3 軽車両は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない。

左端に寄れ、とあるので、右折レーンに行く時点で違反です。
左端によったまま一段階で右折した場合は、信号無視になりますよね。
直進して交差点に侵入したときはよくても、方向を右に変えて渡った時点で、普通は信号無視に引っかかります。


実は先日ですが、そこそこ大きくてトラックとかもバンバン走っているような片側二車線の国道を走行していたときのこと。
交差点が近づくにつれ、前方にいたロードバイクがどんどん右に寄っていくなぁと思っていたのですが、最終的には3車線になる右折レーンまで行ってました。

別にこの人が死のうが知ったこっちゃないのですが、【そのタイミングで右に寄るの??】と思うような斜走で右折レーンにいったので、後ろの車は大減速を強いられていました。
こんな自転車でも、巻き込んだら自動車側の過失ですからね・・・

しかも右折レーン内の先頭には自動車がいるのですが、その自動車に並ぶように左前に出ていたので、普通なら隣のレーンの直進車に轢かれて死んでしまうところです。
大丈夫なのかなと心配になってしまいました。



右折レーンからの右折って、危ないですよ

なんで自転車、ロードバイクが法的に二段階右折するように定められているかというと、一番の問題は速度差と大きさの問題ではないかと思っています。

速度差というのは、自動車と同じような速度を出すことが困難なので、車の流れに沿って右折レーンまで行くのが困難であること。
大きさの問題というのは、車なら1つのレーンに一台分しか通れませんが、自転車のような幅が狭い乗り物の場合、同じレーン内で自転車が走っている横を車が追越する場合もあるわけで、結局は安全確保が難しいから右折レーンに行くことが許されていないんだと思います。

こういうのは論外です。


こんな大きな較差店で、よく右折レーンで信号待ちしますよね・・・
怖くないんですかね?

前に【T字路だったら二段階じゃなくてもよくね??】と言われたことがあります。
これについてですが、正直なところで言うと、T字路の作り次第では二段階右折しないほうが安全ではないかと思うようなT字路に出会ったこともあります。
このT字路ですが、左レーンの信号がほぼ常に【←】が出っ放しでして、横断歩道もなく、構造的に左レーンは左折以外不可能だったからです。

でも法的は二段階右折しか許されていませんので、こういう変わった構造のT字路の場合でも、右折レーン行くのは法的にNGです。
どうやって右折するかと言うと、とりあえず流れに乗って左折しちゃいます。
左折してしばらく走った後、横断歩道があればそこで渡って反対側へいく感じです。

【この道路では直接右折したほうが安全だ!!】などという人もいるのですが、正直なところそういう構造の交差点というのはなくはないです。
具体的にはT字路だと、そういう構造のところもあります。

ですが法的にそういう場合に除外規定があるわけでもありませんし、一人の勝手な判断で【こっちのほうが安全だ】と言っても、法的には許可されていませんので、NGなものはNGなわけです。

右折レーンに行くロードバイクを見ていて思うのですが、この人は確信犯として右折レーンに行っているのか、違反だと知らずに右折レーンに行っているのかわからないわけです。
もしかしたら本気で法律を知らないために右折レーンに行くロードバイクもいるのかもしれませんが、知らないからといって言い訳になることも無いのです。

右折レーンに行くロードバイク自体が車に巻き込まれて爆死しようと知ったこっちゃないのですが、どちらかというとかわいそうなのはそういうロードバイクを引っ掛けてしまった車のほうかもしれません。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする