JAMIS ICON PRO。軽量アルミフレームでフレーム重量1150g!カーボンキラーの仲間入りか。

正直なところノーマークのJAMISだったのですが、ある方からJAMISのICON PROはアルミフレームながらもかなり軽量に出来ていると聞きました。
JAMIS自体は知ってましたが、どんな車種があるのかはノーマークだったわけで。



JAMIS ICON PRO


JAMIS(ジェイミス) 2018年モデル ICON PRO LIMITED (アイコンプロリミテッド)[スローピング][スチールフレーム]

ジェイミスはアメリカのブランドですが、アルミフレームの開発にも力を入れているようで、2年の製作期間をかけ、数多いテストを重ねて完成されたアルミ素材を使用する最高峰のフレームSYNTHESIS(シンセサイズ)が特徴だそうです。

このフレームで特筆すべき点ですが、他社の軽量アルミフレームとはやや方向性が違う点でしょうか。
近年はシートチューブを細めにしてしならせる方向性のアルミフレームが多いのですが、ICON PROでは極太シートチューブを採用し、シートポスト径は31.8mm。

参考までに、他社の軽量アルミフレームのシートポスト径はこちら。

フレーム シートポスト径
JAMIS ICON PRO 31.6mm
キャノンデール CAAD12 25.4mm
トレック エモンダALR 27.2mm
コーダーブルーム FARNA SL2 27.2mm
ビアンキ FENICE 31.6mm
FUJI ルーベ 27.2mm

※特殊形状シートポスト採用の車種は除く

軽量アルミというと代表格はCAAD12ですが、CAAD12だと25.2mmの極細シートポストを使い、シートチューブをしならせて振動吸収しているのですが、ジェイミスのICON PROは真逆の発想で、シートポストはしならせずに、トップチューブとダウンチューブをしならせて振動吸収する仕組みのようです。

ビアンキのFENICEも太いシートポスト採用ですね。
こういう細かいところを見ても、設計思想というのが伺えます。

105完成車のスペックはこちら。

フレーム New Synthesis double-butted 6061 aluminum 1150g(サイズ56)
フォーク カーボン
STI 105
クランク 105 50-34
FD,RD 105
スプロケ 105 11-28
ブレーキ テクトロ
ホイール American Classic ACRD2218 Tubeless Wheelset
タイヤ Vittoria Zaffiro Slick, 700 x 23c
定価(税別) 189,000
重量 8.1キロ

まず特筆すべきはホイールです。
アメクラのリムですが、このリムは公称重量が375gとかなり軽量。
デュラエースC24のフロントリムが385g程度なので、かなり漕ぎ出しの軽さや加速性の良さはありそうです。

ブレーキがテクトロなのが気になってしまうところですので、ここは素直に105に変えたほうがいいですね。

シマノ(SHIMANO) BR-R7000 F/Rセット ブラック IBRR7000A82L
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 11,912

タイヤは完成車定番の悪名高きザフィーロですが、タイヤをGP5000などの良質なものに変えて、ブレーキを105に変えればかなり良さそうな一台です。

ディスクブレーキモデルもあります。

軽量アルミフレームに一石を投じる存在

軽量アルミフレームというと、代表格はキャノンデールのCAAD12、ジャイアントのTCR SLRあたりでしょう。
そこに参戦したのがトレックのエモンダALR。

ほかにもフジのルーベ、BMCのチームマシンALRなどがありますね。


BMC ビーエムシー 2019 TEAMMACHINE ALR ONE 105仕様 チームマシーン エーエルアール ワン 105仕様 オフホワイト

BMCカッチョイイ・・・


2019 BMC ALR01 DISC ONE 105 完成車

ほかにもパーツスペックがいいコーダーブルームのFARNA SL2。

【定価3万円以上のバッテリーライトプレゼント!】KhodaaBloom コーダーブルーム 2019年モデル FARNA SL2 105 ファーナSL2 ロードバイク

スカンジウムフレームのビアンキFENICEなどが軽量アルミと言っていいでしょう。

《在庫あり》Bianchi(ビアンキ) 2019年モデル FENICE105 (フェニーチェ105)[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

JAMISというとロードバイク界ではそこまでメジャーなブランドではありませんが、軽量に仕上がっているアルミフレームとしては買いやすい価格帯でもありますし、他人と被らない良質なロードバイクが欲しいという人には最適なのではないでしょうか?




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする