X-SHIFTERって知ってます?手軽に4万円台で電動シフト化できる一品なのですが。

ちょっと前から話題になっていたのですが、4万円台で手軽に電動シフト化できる、X-SHIFTER(エックスシフター)というものが日本に上陸しています。
これ、機械式のリアディレーラーはそのままで、なおかつSTIもそのままで電動化できます。

お前は何を言っているんだ?と言われそうなんですが、実際できるのです。



X-SHIFTER


機械式のリアディレーラーのまま電動化ってなによ?と言われそうなんですが、原理はこんな感じです。

まず、ハンドルには無線のシフター(スイッチ)が付きます。
そしてリアディレーラーを動かすために、チェーンステーかシートステーに特殊な装置を付けます。

この装置が無線によって動いて、ワイヤーを引っ張ったり緩めたりしてくれるという原理です。
なので既存のリアディレーラーはそのままで、無線シフト化可能です。

STI側にはスイッチが付きます。

リアディレーラーのワイヤーについては、0。1mm刻みで調整可能。
バッテリーを含め、重量は119gとかなりの軽量に仕上がっています。

とりあえずはリア変速用のみのようですが、フロント用も近日発売予定だとか。

X-SHIFTERのメリット

このX-SHIFTERのメリットですが、単に無線シフト化出来ることではありません。
無線シフト化のほかにも様々なメリットがあります。

互換性を気にする必要がない

互換性を気にする必要がないというと若干の語弊があるかもしれませんが、例えば現行のシマノコンポでは、STIがクラリスでリア11速ということは不可能なのは皆さんご存知かと思います。
変速のワイヤーを出し入れすることで変速しますが、8速STIなら8速分しかSTIは動きませんので、11速の変速は不可能です。

このX-SHIFTERならば、STI自体は変速には関係しませんので、別に何であっても問題はありません。
カンパニョーロのレバーをつけて、リアディレーラーがシマノでも問題ないわけです。

理屈の上ではフルクラリス(8速)の状態から、スプロケを11速にしてX-SHIFTERを導入すれば11速化・・・と言いたいところですが、チェーンも11速用じゃないとマズイですし、11速チェーンで8速RDだとチェーン落ちします。
クランクとチェーンの問題もあるので実際にはクラリスのまま11速化というのは現実的ではありませんが、ここで言いたいのはレバーは何でも良くなるということでしょうか。

例えばどうしてもレバーはカンパニョーロを使いたいなら、レバーとブレーキをカンパニョーロにして、あとはそのままでX-SHIFTERを導入しても全く問題ないことになりますね。

8速クラリスのまま、8速電動無線コンポ化することなども可能です。

※クランク、チェーン、RDなどは変速段数を合わせてください。


Ciclovation(シクロベイション) X SHIFTER MINI POD (Xシフターミニポッド)[ワイヤー用][リアディレーラー]

デメリット

どんなものでも、メリットがあればデメリットもあるものです。
このパーツを見て思ったこととしては、リアのユニットがタイラップ止めなので、変に出っ張っていてちょっとカッコ悪いかもというくらいでしょうか?

まあ、大きな装置ではありませんのでそこまで気になることは少ない気がしますが。

レバー側に付けるスイッチですが、STI内側につけて親指シフトにするようです。
ただし、スイッチもタイラップ止めなので、好きなところに付けることが可能です。
人差し指のほうに付けることもできるようです。

付けた結果、レバーの握り心地がどうなるのか、下ハンドル時に操作性はどうなのかが気になるところですね。

私の電動コンポ体験というと、10速アルテグラ(6770)しかまともに使ったことはありません。
電動コンポの先駆けみたいな存在でしたが、冬用グローブだと押し間違いしやすいなという印象がありました。
このX-SHIFTERのスイッチの操作性も気になるところです。

とりあえず、フロント待ちでしょうか

このX-SHIFTERですが、どうもそれなりに話題になっているようで、現状では品薄のようです。
今時点ではリア変速のみですが、リア変速の無線化で4万ちょっとというのは、安いと言えば安いし(ほかの電動コンポの導入費に比べて)、リア変速だけなら不要と思う人も多いのではないでしょうか?

リア変速の場合、力を使う作業でもありませんが、フロント用が発売されたら一気に売れそうな気がします。

フロント変速の場合はどうしてもインナー⇒アウターに持ち上げるときにレバーのアクションが大きくなるので、フロント変速は面倒と考える人も少なくありません。
フロント変速がスイッチになったら、やっぱ楽ですもんね。

現状のリア用でメリットがある人と言うと、以下の人ではないでしょうか?
・とにかく人と違うものを付けたい人
・互換性のないパーツの組み合わせをしたい人(レバーだけカンパニョーロなど)

ワイヤー式に比べて、X-SHIFTERにすることで変速性能が向上するわけでもなさそうなので、変速への期待という面で言うと、ワイヤー式に比べてそこまでメリットが大きいわけではない気がします。
本当のメリットは、互換性がないとされていたレバーを使いたいとか、リアディレーラーだけスラムがかっこいいから付けたいなど、特殊な事情がある人には最適なのかもしれません。

変速性能も悪くなさそうですね。


Ciclovation(シクロベイション) X SHIFTER MINI POD (Xシフターミニポッド)[ワイヤー用][リアディレーラー]




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする