ロードバイクが注意されて、逆切れ&暴行。犯人逮捕・・・同じロード乗りとしては恥ずかしすぎる事件です。

衝撃的なニュースが飛び込んできました。
2月5日18:50頃、大阪府東大阪市荒本北付近の府道2号線にある【東荒本北】交差点近くにおいて、ロードバイクに乗る男性と車を運転する男性がトラブルになる事件が発生しました。



同じロード乗り(同じと見られること自体が不本意ですが)としては嘆かわしい事件でして。

事件の概要

現場は片側三車線の道路で、ロードバイクはあろうことか中央車線を走っていた模様です。
それに対し、自動車の運転手がクラクションで注意喚起。
そうしたところ、逆切れしたロードバイクの男性が、自分が乗るロードバイクを持ち上げて車に破壊行為を行ったようです。

その後犯人は逃走しようと、あろうことか今度は一番右の車線をすり抜けて前に出ていますが、被害者が走って追跡。

そうしたところ、ロードバイクに乗っていた犯人は、あろうことか被害者に対し殴る等の暴行。

注意されて逆切れし、車に対する破壊行為を働いて逃走した挙句、被害者に対し暴行を加えたようです。
犯人は既に逮捕されています。

同じロード乗りとして恥ずかしい・・・

これは全国版ニュースでも取り上げられていた事件ですが、当たり前ですが全てのロードバイク乗りがこのような違法行為を行っているわけではありません。
同じロードバイクに乗る者としては、同じとは見られたくないでしょうし、恥ずかしすぎる行動に絶句するばかりです。

既にネット上では、容疑者が乗っていたロードバイクが、スペシャライズドのルーべSL4ではないかと特定されているようですが、正直なところで言うと、自分の愛車を持ち上げて振りかざし、傷つける行動を取っている時点で、ロードバイクを愛する者とは到底認めたくもありません。
ロードバイクは何かを傷つける道具ではなく、乗って楽しむためのものです。
(といっても、プロ選手はレース中にロードバイクを放り投げる人もいるのですが・・・)

しかも、両耳にイヤホン等で音楽を聴いていたようですので、同じロード乗りとは見られたくない気持ちですが、本当に恥ずかしいです。

ドラレコの威力

シマノ スポーツカメラ CM-1000
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 108,793

この件ですが、犯人確保につながったツールとしては、ドラレコの存在が大きいでしょう。
被害者の車に搭載されていたドラレコにより、器物損壊の事実が確認されています。

また、たまたま被害者の近くを走行していたオートバイの方が撮影した動画と、ツイッターにより被害者と撮影者がつながったという点も大きいですね。
私はツイッターが好きではないので一切しませんが・・・

以前、ロードバイクでもドライブレコーダーを積んでいる方を紹介しました。

【俺流バイク自慢】後方視野はアクションカムで確認!ロードバイクの安全性を重視したスペックに。

この方は主に後方視野確認のためにドラレコをアクションカムを活用しているそうですが、何かトラブルにあった際には、非常に有効なツールになりうるというのが今回の事件の教訓でしょう。

まあ、トラブルに遭わないことがベストなのは間違いないんですが・・・

私自身、昨年原付オバサンにクラクション連打されて暴言吐かれたことがありましたが、

【自転車は歩道を走りなさい!それが法律です!】←なぜか激怒する原付を警察へ。

このときはオバサンも私も、暴行などは一切ないと認めていたので問題にはなりませんでしたが、もしオバサンが【ロードバイクの人に殴られました】などと虚偽の主張をしだした場合、かなりややこしいことになっていただろうと思ってます。

今回の事件、そもそもはロードバイクが正しい通行帯を走っていれば何らトラブルにはならなかったわけですので、何ら擁護できるものはありません。
しかもあろうことか暴力に走っているわけですし・・・

この事件からロード乗りが学ぶべきこと

当サイトにおいては、他人が起こした、巻き込まれたロードバイク関連の事故から、初心者は学ぶべきことがたくさんあると書いてきました。
この事件から学ぶべきことというと、法令順守の一言に尽きます(そもそも当たり前なんですが)。

まず、通行帯は守りましょう。
法律で許されていないところを走ったりするから、周りから迷惑に思われるし、注意されるのです。
ていうか、なんて当たり前すぎることを書いているのでしょうか(笑)

注意されたから逆ギレとかやめましょう。
暴力を使うのはもってのほかです。
ていうか、なんて当たり前すぎることを書いているのでしょうか(笑)

逆に自分がおかしなロード乗りなどに絡まれた場合ですが、ドラレコなどを持っているようでしたら、それが証拠になります。
持ってない場合、スマホなどで撮影開始すると、多くの場合犯人の激高度は上がります。
まずは警察に通報、証拠保全は今回の動画のように、たまたま近くにいた善意の第三者に期待するしかないのかもしれません。

<全くロードバイクに乗らないという方へ>
もしかしたらこの記事は、非ロード乗りの方も見るかもしれません。
非ロード乗りの方の中には、前にも書きましたが、ロードバイクはマナーが悪いとか、迷惑だと感じている人もいるようです。

ロードバイクは車道の邪魔者?迷惑と言われるロードバイク乗りがすべきこと。

違法な走行をしているロードバイクを見かけましたら、是非当サイトに情報提供お願いします。
理由ですが、多くのロード乗りは、迷惑走行するロードバイクにウンザリしています。
そういう事例をネット上にあげていくことで、正しい走り方の啓蒙にも繋がりますので。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする