だからロードバイクは嫌われる。その典型例を。

ロードバイクに乗る者としては非常に残念なことですが、ロードバイクに対していい顔をしない人って一定数います。
それはドライバーだったり、歩行者だったり様々ですが、ドライバー目線で言うと【ぶっちゃけ邪魔】と思っている人もいますし、歩行者目線だと【怖いんですけど】と思っている人もいます。



もちろん、全てのロードバイクが危ない乗り方をしているわけでもないですし、マナーよく乗っている人のほうが圧倒的に多いと信じています。
ですが一部の暴走ロードバイクのせいで、ロードバイク全体を敵対視する人もいるわけで。

危険な乗り方

たまたまユーチューブで見つけた動画です。
最初、タイトルから落車についてどんなもんか見ようと思ってクリックしたのですが、この動画においては落車したことは正直どうでも良くて、むしろその走り方です。

どうも荒川サイクリングロードのようですが、この狭い道で40キロとか出して走ります??
歩行者とか普通にいますが、一切減速もせずに安定して30キロ以上の速度を保っています。

しかもトレイン組んで先頭交代までしてます。

途中、【右から追い抜きします!】などと声掛けしてますが、声に気が付いたときには追い越しされているでしょう。
声をかけるのではなくて、減速して安全性を確保してから、声掛けでしょうよと。

昨年、荒川サイクリングロードでは、クギが大量にばら撒かれる事件が発生しました。

荒川サイクリングロードに大量の釘!事件から思うこと。

荒川下流域では、ロードバイクの暴走で怖い思いをする歩行者が絶えないことから、一部をダート化して速度抑制させようという工事も行われていました。

荒川サイクリングロードにおける工事とエトセトラ。サイクリングロードとロードバイク。

一部の心無いサイクリストのせいで、ロードバイク全体を敵対視してクギのバラマキが起こり、一部の暴走サイクリストのせいで、税金投入してまで工事が行われた事実は、是非知って欲しいと思っています。

念のため書きますと、スピード出すことが悪いと言うつもりはありません。
ただし、ここでその速度はないだろ!という話です。

広い一般道で思う存分走れば済むことなんですが、信号がないので走りやすいということで、こんな狭い道で40キロとか暴走する人が現れるわけです。

試しに、歩いている状態で、すぐ横1mくらいのところを自動車が40キロで走り抜けたらどれだけ恐怖なのか、是非体感して欲しいです。
歩いている人の立場に立たないと。

なぜ??

続いての動画。

この動画についてですが、まず歩道を爆走しているロードバイクという時点で、どうなの??という疑問はあります。
横断歩道での車とのトラブルについては、まあ車側も多少不注意だったのはあるでしょうけど、追いかけて威嚇すると言うのは無しですね・・・

しかも待ち構えていたり、車道逆走で車に近づいたり、なんでこういうことするんでしょうかね・・・

こちらは先日逮捕された案件。

中央車線を走るロードバイクに対し、クラクションで注意したところ、あろうことか逆ギレ。

ロードバイクが注意されて、逆切れ&暴行。犯人逮捕・・・同じロード乗りとしては恥ずかしすぎる事件です。

救いよう無し

こちらはロードバイクの集団での信号無視です。
よくその速度で突っ込むな・・・
しかも右から前方車両を追い抜いてまで信号無視です。

もちろん、多くのサイクリストは、この動画をみて【あり得ない・・・】と絶句するでしょう。
つまり多くのサイクリストはこんなことしないのですが、一部のサイクリストのせいで【ロードバイクはクソ】という見られ方をします。

風評被害みたいなもんですよ。
ホント。

他人の悪行から学ぶ

当サイトをご覧いただいている方はマナーよく走っている方がほとんどだと思いますが、こういう一部のサイクリストの悪行から、ロードバイクは邪魔、迷惑と見る人もいます。
一人一人が問題意識を持つことで、いつかはこういうサイクリストも淘汰されていくといいなと思ってますが、どうもロードバイク界では【速い奴が正義】みたいな風潮がある気がします。

速い奴が正義という側面は否定しませんが、【マナー守る奴が正義】です。
速い・遅いよりも、まずは人としてのルール、マナーの遵守が先だと私は考えています。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする