トレックのエモンダALR5とコーダーブルームのFARNA SL2で迷ってます【質問いただきました】

初めてのロードバイク選びについて質問を頂きました。



友人から譲り受けたジャイアントのエスケープR3を手直しして乗り始め、自転車にハマった者です。
最近ロードバイクにも興味を持ち、乗ってみたくなりました。
ネットで色々見ているうちに候補を2019モデルのアルミの105の3台に絞りお店に見に行きました。
キャノンデールCAAD12 、トレックエモンダALR5、コーダブルームファーナSL2 。
実物を見てALR5(パープル)とSL2(ブラック)に絞ったのですがその二台でとても迷っています。
実現するかどうかはわかりませんが、いずれはレースにも出たみたいと思っています。
ALR5はフレームがとても美しい。溶接処理ももちろんですがトップチューブの造形に惚れました。色もキレイ。
自分には違いがわかるかどうか定かではありませんがブレーキのダイレクトマウントというのもなんだか良さそう。
でもレーシングマシンとして見るとなんかチャラく見えるかも…。
対してSL2はホイールがそこそこ良いのを最初から付けているというところからメーカーの意気込みを感じる。(トレックの方はどうせ社外品に変えちゃうんでしょ?的なスタイルなのかもしれませんが)
レーシングマシンとして見るとカッコいい。機能美を感じる。
でも見た目の華やかさはチョット物足りない…。限定色のイエローは予算オーバーです。
自分でも考えがぐちゃぐちゃになって来てしまいました。
そこで今後の判断材料に加えたいのでお伺いしたいのですが、レースに使う場合どちらの方が戦闘力が上だとお考えですか?
各ジャンルで異なるかもしれませんがその辺りも解説いただければ幸いです。
よろしくお願いします。

回答いたします。

フレーム性能

フレーム性能と言う面を語るのはなかなか難しいところですが、エモンダALRとFARNA SL2はどちらも軽量アルミフレームといっていいレベルが高いフレームです。

公称重量ですが、エモンダALRが960g(サイズ47、未塗装重量)、FARNA SL2は1100g(サイズ、塗装の有無は不明)となっています。
塗装の重量はだいたい80g程度とか言われますが、恐らくはこの両者ではそこまで重量差があるわけではないと思います。

エモンダALR FARNA SL2
フレーム重量 960g

(サイズ47、未塗装)

1100g

(サイズ不明、塗装の有無も不明)

アルミ品番 不明(300 Series Alpha アルミ) 6066

FARNAにはSLというアルミフレームもあるのですが、FARNA SLはアルミ品番が6011です。
SLから少し剛性を落としたモデルがSL2で、そのためにパイプ形状の見直しと、アルミ素材の変更(6066)になっています。

エモンダALRは試乗したことがありますが、

【試乗インプレ】トレックのエモンダALRを試乗しました。軽量アルミフレームの実力はいかに?【2018年モデル】

ガチガチという感じのアルミではなくて、適度に乗り心地も追求している印象でした。
なのでフレームの性格としては似ているのかなと思います。

1つ言えることですが、エモンダALRの溶接痕処理については、あらゆるアルミフレームの中で一番綺麗だと思いました。


トレックがアルミで本気を出すと、こうなるんだ・・・とある意味衝撃的でした。

完成車スペックの比較


Khodaa Bloom(コーダブルーム) 2019年モデル FARNA SL2 (ファーナSL2)105[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]

エモンダALR FARNA SL2
クランク 105 50-34 105 52-36
スプロケ 105 11-28 105 11-28
ブレーキ 105 ダイレクトマウント 105
BB PF86 PF86
ホイール Bontrager Affinity Tubeless Ready シマノ WH-RS500
重量 8.75キロ(サイズ56) 8.1キロ(サイズ500)
定価(税別) 172,000 175,000

まずは重量比較ですが、トレックのサイズ56と、コーダーブルームのサイズ500はほぼ同じサイズです。
エモンダALRのサイズ56の水平トップが560mm、FARNA SL2のサイズ500の水平トップが555mmですので、ほぼ同じサイズと見ていいでしょう。

完成車重量は結構な差がありますが、差が出ている大きな要素はホイールでしょう。
FARNA SL2についているWH-RS500というのは、旧アルテグラホイールです。
重量も1649gと完成車についてくるホイールとしては軽量です。

クランク歯数がちょっと違う程度で、あとは似たようなスペックですね。

どっちを選ぶべきか?

フレーム重量自体は大差ないと思うのですが、今後レースを視野に入れているとしたら、どっちについてくるホイールでも不満は出るでしょう。
ホイールは交換するという前提に立てば、どっちを買っても大きな差にはならないのかなと思います。
なのでフレームのカラーリングなどで、好きなほうを選ぶのがいいかと。

ホイールを買い換える資金力がないのであれば、FARNA SL2にしておいたほうが走りはワンランク上かなと思います。
なんだかんだ、走りにおいてはホイールの効果は大きいのですが、RS500はレース向きのホイールとは正直思いませんが、エモンダALRについてくるホイールよりは間違いなく走りはいいでしょう。

ただし、どっちを買ってもアルミフレームの中では最高峰の1つですし、どっちを買っても満足度は高いかなと思いますね。
エモンダALRは見た目でアルミフレームだとはわかりづらいほど溶接痕処理が綺麗ですし、走りも上質。
FARNA SL2は試乗したことがないのですが、乗ったことがある人に言わせると【アルミフレームで一番】だそうです。
やや誇張している気もしないでもないですが、当サイトの読者様の中でも、FARNA SL2を買ったという人って結構います。
軽量アルミであることや、パーツスペックがいいことなどが理由のようです。

後から返答が来まして、ホイールを買い換える予定がないのでFARNA SL2にするそうです。
FARNA SL2はコスパ最強だと個人的には思ってます。

安くてハイスペックなロードバイクが欲しいなら、コーダブルームのFARNA SLが最強だと思う件。


バリバリ走ってください。


Khodaa Bloom(コーダブルーム) 2019年モデル FARNA SL2 (ファーナSL2)105[アルミフレーム][ロードバイク・ロードレーサー]




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする