どっちもどっち?かなと思うのですが。トラックがロードバイクに幅寄せ!

ユーチューブ見ていたら、こんな動画見つけました。

これはどっちもどっちなのかなと思うのですが、皆さまはどうお感じになりますか?



トラックがロードバイクに幅寄せ

問題の動画はこちらです。

0:12あたりで、左車線のトラックが交差点を通過するときに、ロードバイクを追い抜きしています。
この際に、トラックがやや左に寄せた(?)ようにも見えます。
(気のせいレベルかもしれないので、悪意はないのかもしれませんが)

この時、恐らくはロードバイクとトラックには接触はないでしょう。
この速度で接触していたら、ロードバイクは間違いなく吹っ飛びます。
その後もロードバイクは普通に走ってますので、危険な至近距離での追い越しというところでしょうかね。

問題は0:30あたりから。
ロードバイクが猛スピードでトラックに追撃してきて、あろうことか片側二車線の真ん中からトラックを右から追い越ししようと進入。
ていうか、よくこの隙間に突っ込みますよね。
命が惜しくないのでしょうか?

こんな狭い空間に突っ込むものだから、ロードバイクはトラックの側面に激突してます。
右車線の自動車にもぶつかって、体勢を整えたように見えます。

これ、下手すると死んでますよね。
車輪がもう少し傾いてしまったら、恐らくは立て直すことができずに、ロードバイクの車輪がトラックの下敷きになってもおかしくないパターンですよ。
これ。

0:40あたりからは、トラックの前に出て、ロードバイクから降りてトラックの運転席を開けようとしてますね。
ロードバイクの人、トラックの運転席に蹴りを入れてますよ。
(PCの画面でフル表示しないと分かりづらいですが)

どっちもどっちな気がするのですが

見たところですが、最初のトラックが追い越しした時点では、危険な至近距離での追い越しだと思いますが、その時点では接触はなさそうです。
で、この追い越しにロードバイクの人がキレたんでしょう。
全力で追撃開始し、あろうことか右側からトラックを追い越ししてトラックの前に出て、無理矢理停止させてますよ。

至近距離での追い越しで、イラっとする気持ちはわからないでもないですが、普通はこんな右側から無理矢理前に出たりしませんね。
超危険です。
このロードの人、この右側からの追い越し時に、死んでもおかしくないタイミングでした。

イラっとする気持ちは、ロード乗りとしてわかりますが、もっと冷静に対処しないと、下手すると死にます。
こういうときにどうすべきかですが、もし最初の追い越し時に接触があったのならば、赤信号停止時に安全に前に出てトラックを停止させ、暴力などは使わずに警察へ通報でしょう。
どうやって前に出るのかは、やや難しいところですが。

接触してなくて単にヒヤっとしただけなら、怒る気持ちはわからないでもないですが、無理矢理追撃したりは危険すぎるのでやめましょう。
死んでもいいのなら別ですが。

今の時代って、こういう光景も誰かに動画取られている時代だと思ったほうがいいと思うんですね。
トラックの最初の追い越しは褒められたものではないでしょうけど、かといってその後のロードバイク乗りの行動は、全く褒められるものではありません。
右から追い越しも違反ですし、トラックを蹴るのは器物損壊罪になる可能性もありますし。

冷静さを失ったドライバーというのは、超危険です。
先日記事にしたこちらも、あり得ないロードバイク乗りです。

中央車線を走るロードバイクに注意をしたところ、追いかけられて暴行ですからね。
犯人は逮捕されたようですが、こんなのと同じロードバイク乗りなんて見られたくもありませんし。

これもロードバイクからすると危険な追い越しなんですが、

幅寄せは刑法208条の暴行罪!と書いてありますが、これは厳密に言うと違うんですね。
というのも、刑法にはこのような規定があります。

第38条
罪を犯す意思がない行為は、罰しない。ただし、法律に特別の規定がある場合は、この限りでない。
重い罪に当たるべき行為をしたのに、行為の時にその重い罪に当たることとなる事実を知らなかった者は、その重い罪によって処断することはできない。
法律を知らなかったとしても、そのことによって、罪を犯す意思がなかったとすることはできない。ただし、情状により、その刑を減軽することができる。

煽り運転で暴行罪になるケースは過去にありましたが、今は法改正されて危険運転致死傷罪になります。
過去に煽り運転で暴行罪になった事例があるのは、要は何キロにもわたって第三者から見て明らかに威嚇行為と見られるような走り方をしているなど、故意性が認められるからです。
この動画を見て、故意なのか、過失なのか、わかりません。
過失というのは、【このタイミングなら行けると思ったけど、やってみたら結構危なかった】みたいな状態です。
少なくともこの動画だけで確実に故意だと言える要素はなさそうなので、幅寄せが常に暴行罪になるわけでもありませんし。

前にも書いたように思いますが、後ろの雰囲気を感じて、なるべく車に譲るような走り方をしたほうが、安全です。
というのも、万が一車と事故を起こした場合、車側は車に傷ついたとか凹んだとかそんなもんでしょう。
生身のロードバイク乗りは、骨折したり大怪我する可能性もあれば、最悪の場合は死にます。

骨折も、完全に治るわけではありませんし(後遺症)、自分を守るにはなるべく後ろの車を優先するように走ったほうがいいですね。

あと、イラっとしても、冷静さを忘れずに。
冷静さを失ったドライバー(車もロードバイクも)が、一番ヤバいです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする