SIDIシューズのヒールって、削れやすいですよね。そんな方にアップヒール ロードラバーヒールといういいものが!

SIDIのシューズは、ヒール部分を取り換えることが可能です。
ヒールは磨り減っていきやすいので、交換できる構造なのはシューズ自体を長持ちさせることができますので、優れたシステムですよね。

ただしSIDI純正のヒール、磨り減っていくと、固定しているネジのネジ山を潰してしまい、取り外すことができなくなります。
私も一回やってしまいました・・・



そんな方に、アップヒール ロードラバーヒールというSIDIの純正品ではありませんが、なかなか優れたものを見つけまして、買ってみました。

SIDIのヒールが擦り減ると・・・

まず、今まではSIDI純正のヒールを付けていました。(画像は新品の純正ヒール)

結構薄っぺらいものですが、ノンスリップラバーと名乗るくらいはあって、滑りにくい感じはあります。

ただしこれ、ヒール部とネジの頭が近いため、ヒールが擦り減りすぎると、ネジ山が削れてしまいます。

今回はまだ何とかドライバーで回せましたが、前回交換したときは、ネジ山が完全に潰れていて、取り外すのに苦労しました。
その時はプロショップに泣きついたのですが、ついでだから外し方を。

ネジにネジ山をタップし直すのかと思ってみてましたが、違います。
シューズとヒールの隙間に千枚通しやマイナスドライバーなどを差し込みます。

これはわざと緩めて浮かせていますが、シューズのソール部(黒いところ)と、交換式ヒールの白い部分の隙間に、マイナスドライバー等を差し込みます。

こうやって浮かせたら、浮いた部分をペンチなどで掴んで、ヒールごと回転させてネジを緩めて行きます。

SIDIシューズをお使いの方なら、一度はこのミスをやってしまった人もいるのではないでしょうか?

アップソール ロードラバーヒール

で今回、普通に純正品を買おうと思ったわけです。
ところがアマゾンで検索したところ、純正品ではないソールを見つけまして。

それがこのアップソールです。

純正品に比べると、だいぶ厚みがあります。

こっちが純正品のソール(ただし、使用済みで磨り減っている)です。

厚みは全然違いますね。
この角度から見ても、違いは明らか。

これがいいなと思った理由ですが、要はネジ山が奥まっている構造なので、磨り減ってもネジ山を潰すところまでは至らないのでは?という期待感です。
ちなみに、触った感じの質感は硬めのゴムという感じです。
ゴムというよりは樹脂に近い感触なんですかね?

早速取り付けしてみました。

今回は何を間違ったのかレッドを買ってしまいましたが、ブラックもあります。
レッドは自己主張が強すぎですね。

歩行感

ロードバイク用のペダル、シマノSPD-SL、LOOK、TIME、スピードプレイなどを使うと、靴底からクリートが飛び出るので、爪先が高くて踵が低い、いわゆるペンギン歩きになりますよね。
これは仕方ないところですが、ロードバイクでもあえてSPDを選ぶ人というのは、このペンギン歩きによる歩きづらさを敬遠するようです。

ペンギン歩き自体は慣れの問題でして、私自身もSPDからTIMEに変えた時に、最初の2回くらいのライドでは歩きづらさがありました。
それ以降は練れたので、歩きづらいとは思っていませんでした。

で、とりあえずこのアップヒールを装着したので、とりあえずマンション内を歩いてみました。

このように、爪先と踵の高さが、ほぼ同じくらいになるため、ペンギン歩きには全くなりません。
なので普通に歩けます。
(注:クリートカバー付けてます)

滑りやすいのかなと思って、わざと踵側を滑らせるように歩いてみましたが、そんなに滑る感じはありません。
ラーメン屋とかで油ギッシュな床なら滑るでしょうけど、それは純正のヒールでも滑りますし。

ただし一点だけ注意ですが、ちょっと身長が高くなる感じになります。
地面が悪いデコボコなところw歩いた場合に、足を捻って捻挫しやすいかもしれません。
たぶんほとんどの人はそんなことにはならないでしょうけど、不用意に石とか踏むと、グキッと行きやすいかもしれません。

歩いていてグラグラするような不安定感はありませんが、踵のおかしなところで小石踏むとちょっと危ないかもしれません。

コンセプトとしてはなかなか面白いので、しばらくはこれを使ってみます。
耐久性などは長期間使ってみないとわかりませんし。
難点は、純正ソールよりも割高という点ですかね。
純正ヒールはまともに乗る人なら1年程度で交換しないといけなくなりますし、このアップソールのほうが長く使えそうという点ではいいのかもしれませんが。


【あす楽】【M便】アップヒール ロードラバーヒール SIDI ロード/トライアスロンシューズ用 左右セット




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする