MAVICから手組用のカーボンリムが登場!手組ホイール派には朗報か?

ホイールメーカーのマヴィックから、今年、手組用カーボンリムが売り出されるそうです。
マヴィックというとアメアスポーツの傘下ですが、数年前にカーボンリム大手のENVEを買収したことで、マヴィックとENVEは同じ傘下にいます。

元々、マヴィックのカーボンリムはコリマが作っていたとか言われていますが、同じ傘下にENVEが入って以降、マヴィックのカーボンリムはENVEが作っているという話もありますよね。



そして今年、マヴィックブランドで手組ホイール用のカーボンリムが発売になるそうです。

マヴィックのカーボンリム

売り出されるのは、以下の4つのようです。

・CXP Pro Carbon UST ディスク

・CXP Pro Carbon UST

・Open Pro Carbon UST ディスク

・Open Pro Carbon UST

4つといっても、ディスクブレーキ用とリムブレーキ用なので、実質は二種類ですね。
オープンプロとかCXPとか、アルミリムでも存在している名称を継承している模様。
そしてすべてUST,つまりはチューブレス対応リムですね。
スペックをまとめてみました。

CXP プロカーボンディスク CXP プロカーボン オープンプロカーボンディスク オープンプロカーボン
リム重量 450g 425g 405g 425g
リム内幅 19mm 19mm 21mm 19mm
リム外幅 28mm 25mm 27mm 25mm
リムハイト 45mm 25mm 32mm 25mm
ホール数 20/24/28/32 20/24/28/32 20/24/28/32 20/24/28/32

リムハイトがディスクモデルとリムブレーキモデルでは違うようですが、これであっているのかはやや疑問です。

注目のお値段ですが、499.99ドルだそうです。
日本円にすると55000円程度でしょうか?

リムテープ、チューブレスバルブ、ニップルワッシャーが付属するものの、ブレーキシューは別売りのようです。
なおブレーキシューはマヴィック指定のものが推奨。
リムブレーキ用のリムは、マヴィックが誇るレーザーでエッジングされたブレーキ面になっているようです。

リムは4月頃には出荷開始のようです。

ハブも販売予定らしいですが、詳細は未定とのこと。
ハブはJベンドスポーク用で、インスタントドライブ360搭載になるようです。

手組ホイール派には朗報?

ENVEのリムというと、カーボンリムとしては手組みでも有名ですよね。
高いですが。

今回はマヴィックブランドでの販売のようですので、そこそこ需要があるのではないでしょうか?

私自身、なぜか手組ホイール否定派だと思われているようですが、きちんと組む技術がある人が組む分には、手組みホイールというのもなかなかいいものですよ。
私も過去に、KINLINのアルミリムの手組みを使ってましたし。

手組みホイールの利点ですが、乗り手に合わせたスペックで作れるという点です。
体重が軽い人の場合、市販されている完組ホイールだと強度も剛性も過剰になっていることもあります。
そういう人は手組みホイールでスポーク数少な目のものを組むのもいいでしょう。

逆に体重が重い人の場合、市販されている完組ホイールよりもスポーク数を多くした手組ホイールを作ることもできるわけです。
組み合わせるハブやスポークによっても、ホイールの性能は変わりますし。

日本でどれだけ需要があるのかはわかりませんが、ちょっと面白そうですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする