もうペンギン歩きなんて言わせない・・・アップヒールを買ったばかりなのに無くしまして。

先日書いた、SIDIシューズ専用のアップヒールなんですが、

SIDIシューズのヒールって、削れやすいですよね。そんな方にアップヒール ロードラバーヒールといういいものが!

これ、めっちゃいいです。
ペンギン歩きにならずに歩きやすい。



なんですが、一発目のライドで無くしまして。

失ったアップヒール

SIDIシューズ専用のアップヒールですが、ペンギン歩きにならずに歩きやすいのは間違いありません。
ビンディングペダル選びの際によく、【歩きやすさならSPD,走り重視ならSPD-SL】と言われたりします。
このアップヒールを使えば、普通に歩きやすいです。
歩きにくいからSPD-SLを避けていたという人には朗報でしょう。

なんですが、家に帰ってきて気が付いたこと。

片方、無くね??

どこで失ったのか、さっぱり思い出せません。
というのも、このアップヒールを取り付けするときに、何かネジの掛かりが弱いような気がしていたので、これは高頻度で増し締め必須かもな・・・と思ってました。
一発目のライドで失うとは思っても見なかったのですが、もうちょっと強く締めつけていいでしょう。

外れてないほうを見ても、ちょっとネジが緩い感じだったので、増し締めしました。
そして、また同じものを購入しましたw

今回はやや雑ですw

ちなみにですが、耐久性自体は恐らくですが結構高いのではないでしょうか?
一回目のライドでは特に気になるような削れもありません。

個人的にはアリだと思う

SIDI純正のヒールよりはお値段も高いわけですが、純正ヒールは一年程度で寿命を迎えます。
そう考えると、アップヒールのほうがコスパはいいのかもしれません。

実際のところ、歩いてみて滑る感覚も一切ありませんでした。

私自身、ビンディングペダルは最初はSPDから入り、途中からSPD-SL(というよりタイム)に変えてます。
SPDとSPD-SLでは、走りで大きな違いになります。
また歩きやすさも結構違います。

ロード系ペダルの場合、クリートがシューズの裏から出っ張るので、どうしてもペンギン歩きになりますよね。

SPDの場合、クリートは靴底の窪みにスッポリ嵌るので、出っ張りません。

だからSPDが歩きやすいと言われるわけです。
でも、このアップヒールを使えば、普通に歩けます。
これはSIDIのシューズ用なので、他社には使えません。
SIDIシューズでこのアップヒールを使う分には、歩きづらいことはないと思いますので、いままで歩きにくさからSPD-SLを避けていた人がいるならば、是非試してみてもらいたいパーツです。


【あす楽】【M便】アップヒール ロードラバーヒール SIDI ロード/トライアスロンシューズ用 左右セット

次はなくさないように、しっかり締め付けないと。。。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする