人気のBIANCHIから、新作カーボンロードSPRINTが登場!これはSEMPREの後継機か!

人気のビアンキから、早くも2020年モデルの一部が発表になりました。
その名もSPRINT(スプリント)。
カーボンモノコックフレームなのですが、注目なのはお値段です。




ビアンキ SPRINT

今回のビアンキ新作バイクは、カーボンフレームで、かつレーシングバイクです。
ネタ晴らしから先にしますと、リムブレーキモデルの105完成車で20万円台前半です。

2019モデルではSEMPREが姿を消していましたので、カーボンフレームでレーシングフレームと言うと、アリア(エアロ)かオルトレに限られていました。
過去に存在したセンプレは、プロ選手もレースで使ったことがある実績あるフレームでしたが、惜しまれつつも2018モデルで姿をけしていたのですが、センプレと同じ価格帯に登場したのがカーボンフレームのスプリントです。

時代の流れを読んでいるかのように、リムブレーキモデルとディスクブレーキモデルがあります。

雰囲気的にはエアロっぽいデザインですね。
トップチューブ、シートチューブ、シートステーの接合点が最近のトレンドを抑えている感じですかね。
リア三角を小さくすることで、反応性を高めている模様。

トップチューブ上には、クリア塗装の下にビアンキのロゴが無数に存在。

もちろん、ワイヤーはフレーム内臓です。

クリアランスは、リムブレーキモデルが28cまで、ディスクブレーキモデルが32cまでです。

シートポストは汎用の27.2mm。

フレーム重量ですが、あるサイトではリムブレーキモデルが1080g、ディスクブレーキモデルが1100gとなっているようです。

とりあえず、105完成車のみ?

今回のスプリントは、ビアンキストアとレパルトコルサストアで先行販売されるようです。
恐らくはその後は、全てのビアンキ取扱店で販売されるとは思いますが・・・

リムブレーキモデルも、ディスクブレーキモデルも、105完成車のみとなっているようです。

スプリント105 スプリント105ディスク
フレーム カーボン(BB86) カーボン(BB86)
フォーク カーボン カーボン
STI 105 105ディスク
クランク FC-RS510 50-34 FC-RS510 50-34
FD,RD 105 105
スプロケ 105 11-28 105 11-28
ブレーキ 105 105(油圧ディスク)
ホイール シマノRS100 シマノRS171
タイヤ Vittoria Zaffiro Pro Slick 700x25C Vittoria Rubino IV 700x28C
定価(税別) 226,000 278,000

ディスクブレーキモデルの場合、どうしても同じようなスペックのリムブレーキ車よりも数万円高くなってしまいますね。
リムブレーキモデルのほうは、20万円台前半ですので、お買い得ではないでしょうか?

ビアンキというと、オルトレのように曲線美のフレームが多かったりしますが、スプリントは武骨なイメージとでも言いましょうか、直線的な形状のフレームになっています。

カラーは、定番のチェレステとブラックの二つのようです。

やはり狙い目はチェレステでしょうか。

ビアンキの2019モデルの中では、20万円台前半で買えるカーボンフレームと言うと、インテンソだけになっていました。
インテンソはエンデュランスバイクで、2018モデルまではこれと対を成すように、センプレがあったわけです。
なのでセンプレがパワーアップして帰ってきたようなイメージでしょうかね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする