ハンドルを【送る】、【しゃくる】ってどっちの方向か知ってますか?これ、凄く紛らわしいのです。

ロードバイクのハンドル周りのセッティングで、【ハンドルを送る】、【ハンドルをしゃくる】という表現があります。
この表現、実は非常に紛らわしい事情があるのですが、まずは問題から。




これは送る・しゃくる、どっちですか?


この画像の矢印方向は、送る・しゃくる、どちらかわかりますか?

そんなの簡単ジャン!と思う人もいるかもしれません。
これ、答えから言いますと、送るでもしゃくるでも正解です。

お前、マジテキトーなことばっか言ってんじゃねぇよ!と怒られそうなのですが、これには事情があります。

送る、しゃくるの基準点


ハンドルというのは、ステムのクランプのところで止められています。
当たり前ですが、ここを回転させることでハンドルの角度が変わります。

送るというと、一般的には何かが奥に行く方向です。
しゃくるはその逆で、前に来る方向を指します。

で、ハンドルはステムのクランプ部を中心に、回転します。
どこを基準にして、ハンドルを送る・しゃくるを定義しているかの違いになるわけです。


競輪用の自転車はピストバイクですが、競輪では一般的に下ハンドルを持って乗ります。
なので競輪では、ハンドルを送る・しゃくるという場合、下ハンドル基準で考えます。

下ハンドルの持つ部分が手前に来ることをしゃくると呼び、奥に行くことを送るといいます。


次にロードバイクの場合ですが、ノーマルポジションはブラケットです。
なのでブラケット基準で送る・しゃくると言うため、ブラケットが手前に来ることがしゃくる、奥に行くことが送るとなります。

ここでわかると思いますが、ハンドルはステムのクランプで固定され、回転します。
下ハンドルを送ることは、ブラケットで見るとしゃくるになってしまうのです。

どこを基準にするかによって、意味が変わってしまう

つまり、競輪で下ハンドルを送ることは、ロードではブラケットがしゃくる結果となるわけです。
なので送る・しゃくる、という表現は、それだけ聞くと何がどっちに行くのかさっぱりわかりません。

一般論として、ロードバイクの話をしているときは、ブラケット基準で送る・しゃくるを定義すると思います。
なのでロード乗り同士で会話する分には、あまり問題が起こらないことが多いのですが、競輪選手だった方がやっているプロショップとかだと、話が噛み合わなくなる可能性もあるわけです。
また、比較的古い世代のロード乗りだと、下ハンドル基準で考える人が多いような印象です。

なので、送る・しゃくるという表現は、紛らわしいのです。
より正確に書くと【ブラケットを送る】とか【ブラケットをしゃくる】と言ったほうが、伝わるでしょう。

ちょっとの違いでブレーキ力まで変わる

ブラケット基準でしゃくると、ブラケットは手前に来ますが、ブレーキレバーの先端は離れていく方向になります。
こういったちょっとした違いで、ブレーキレバーの握りやすさや力の掛けやすさまで変わります。

ハンドルの角度は、実は繊細な調整が必要です。
ハンドルの角度次第でブレーキの操作性まで変わりますし、ブラケットの握りやすさまで変わるので、違和感がある人はちょっと角度を変えてみるのもいいでしょう。

ブレーキレバーが遠く感じる、手が小さい人などは、やや送り気味(←ブラケットを)にするだけでブレーキの操作性が大きく変わることもあります。
ハンドル角度についてはあまり変えない人も多いかもしれませんが、ちょっとの違いが大きな差になることもあるので、いろいろ試してみるのみいいでしょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 高橋 より:

    ロードとピストで変わるのですね。
    私は、ずっとアンダーバー基準でした。
    見た目的にはアンダーバーを水平に近くして、肩(リーチ)を前下がりにした方がカッコいいかな?と思ってました(チネリの64とか、日東の185とか)が、アナトミックなバーは、リーチが水平くらいがカッコよく感じたりします。
    流行りもあるのでしょうけどね。バーエンドの面をヘッドチューブの角度に合わせる(74度くらい?)なんてヒトもいました。

    • roadbikenavi より:

      コメントありがとうございます。

      ロードでも、比較的古い世代の方は下ハンドル基準で決める場合も多いそうです。
      まあ、伝わればいいんでしょうけど、同じ表現で真逆なので、紛らわしいですね。