【2020年モデル】TIMEが旧ロゴに戻すってよ!やっぱTIMEらしさが出ていてカッチョいい!

フランスの超名門ブランドTIMEの2020年モデルが発表されたニュースは多くの方が見たと思いますが、今回の一番のポイントは、旧ロゴとほぼ同じものに戻すということです。
近年のタイムはカッコ悪くなったという人が多かったわけですが、やっぱタイムらしさというと旧ロゴなわけで。




TIME 2020モデル


詳しくはこちらを見てもらったほうが早いかと。

やっぱタイムという感じが出ていてかっこいいのは、旧ロゴですね。
ラメ入りのロゴとか、フレーム全体の雰囲気とか、2020年はタイムがかなり売れそうな予感。
(と言っても、多くの人は予算上の問題が出るかと思いますが・・・)

タイムというと、自社製造のカーボン繊維と、RTM工法、ACTIVフォークが有名ですね。
ACTIVフォークはノーマルフォークよりも重量は増加しますが、振動吸収性に優れたフォークです。

今までフランス製だったのが、スロバキア製に変わります。
といってもOEMで製造するわけではなく、自社工場がスロバキアに移るというだけの話のようです。

フランス製じゃないとイヤ!という方もいるのかもしれませんが、品質さえ同じであればソロバキアで作ったほうが安くなる可能性が高いわけで。

ちょっと前にウイグルで、タイムのフレームが最大60%オフとかムチャクチャやってましたが、こういうオチでしたね。
旧ロゴが復活すれば、そっちがいいと思う人が圧倒的多数なわけで。

みんな大好きTIMEのフレームが、最大60%オフ!サイロンとフルイディティが激安に!

注目のプライスは

事実、2019モデルに比べて若干ですが定価も下がっているようです。
まずは昨年、軽量フレームとして話題になった、ALPE D’HUEZ01 から。

2019 ALPE D’HUEZ01 2020 ALPE D’HUEZ01
クラシックフォーク 59~64万

(カラーにより異なる)

55万
アクティブフォーク 65~70万

(カラーにより異なる)

61万

ディスクブレーキモデルのALPE D’HUEZ01も登場し
・クラシックフォーク   58万
・アクティブフォーク   65万

このようになっている模様。

ALPE D’HUEZ21のほうは値段が変わっていない模様。

2019 ALPE D’HUEZ21 2020 ALPE D’HUEZ21
レギュラーカラー 298000 298000
カスタムカラー 35万 35万

ALPE D’HUEZ21ではディスクブレーキフレームも登場しますが、
・アクティブフォーク 39万
・クラシックフォーク 34万

このようになっています。

SCYLONやFluidityは継続です。

※価格表示は全て税別です。

2020年モデルの大本命かも

今のところ2020年モデルは、ごく一部のメーカーのごく一部のバイク(例、ビアンキのスプリントなど)しか発表されていませんが、タイムが旧ロゴに戻ったというだけでも欲しがる人は多いのではないでしょうか?

スロバキア製造になった件も、そこまでネガティブな話ではないように感じます。
他社にOEMで出しているなら別ですが、自社製造であることには何ら変わりませんし。

タイムの場合、完成車販売がありませんので、なかなか初心者さんの一台目にはなりづらいのですが、見た目のよさ、仕上がりの良さはタイムならではでしょうね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする