クランクの歯数の組み替えは可能なのか?50-39など。

結構よく質問されることなので書きます。
シマノのロード用クランク(ダブル)では、53-39、52-36、50-34の三種類があります。
当たり前ですが、フロントは数字が大きいほど重たいギアです。
53-39をノーマルクランク、52-36をプロコンパクトクランク、50-34をコンパクトクランクと呼びます。
シマノはスモールパーツの供給が豊富で、例えばアウター52のチェーンリングだけを買うこともできます。




そこで疑問なのは、例えば50-34のアウターのみ替えて53-34にするとか、インナーだけ変えて50-39などとすることは可能なのでしょうか?

まず知らなければならない、フロントディレーラーの限界

ookawa160214468579_tp_v

シマノのフロントディレーラーは、歯数差16Tまでしか対応していません。
歯数差というのは、(アウター)-(インナー)です。
50-34ならば、歯数差は16Tとなります。

これのアウターを53にした場合、53-34=19Tとなってしまい、フロントディレーラーの限界(キャパシティ)を超えてしまいます。
これにより変速できなくなってしまうので、不可になります。

一方、例えば50-34のインナーだけ組み替えて50-39にした場合、歯数差は11Tなのでフロントディレーラーのキャパシティという点だけ見れば適合することになります。

しかし、チェーンリングの問題が・・・

max99_nanba-one20141025132405_tp_v

上に書いたように、理屈の上では50-39とか50-36では「フロントディレーラーのキャパシティという面だけ見れば」適合範囲内です。
しかし、実際にやってみると、どういうわけかまともに変速しなくなります。

シマノのチェーンリングはなかなか良くできていて、どうすれば完璧な変速をするか、かなり計算されて作られています。
具体的な点ですが、以下の通りです。

位相の問題

チェーンリングの歯は凸になっていて、歯と歯の間は凹になっています。
アウターギアとインナーギアの凸が少しズレるように配置されていることで、特にインナーからアウターに変速してチェーンを持ち上げるときに、うまくアウターギアに引っかかるように設計されています。
つまりは、歯の位相をわずかにズラすように設計しているのです。

シマノは変速性能を最大限上げるために、インナー34に対してアウター50が合うように、インアー36に対してアウター52が合うように、インナー39に対してアウター53が合うように、計算されて設計されています。
これらの組み合わせを無視して組み合わせると、まともに変速しなくなってしまうのです。

特に問題になるのは、インナーからアウターにチェーンを持ち上げるときです。
これが全くうまくいかなくなり、インナーからアウターに持ち上げた時に、アウターの歯にチェーンが噛みあわないことになってしまいます。

ピンと道筋の問題

1480430870057
アウターギアの内側を見ればわかりますが、インナーからアウターにチェーンが上がりやすいように、アウターギア内側にピンが打たれており、さらに少し窪みがあります
この窪みが、インナーからアウターにチェーンを持ち上げるときのチェーンの通り道になります。
(クランクが汚いのは、洗浄前だからです)

このピンと通り道も、インナーとアウターのバランスにより絶妙に配置されていますが、やはり正規の組み合わせ以外にするとうまく変速しない原因となってしまうのです。



フロントの歯数変更は、アウターとインナーの両方をしなければ無理

green20160902090216_tp_v

上に書いた理由から、53-39、52-36、50-34以外の組み合わせは不可能になります。
これ、私も試しにやったことがありますが、どう頑張って変速調整しても、インナーからアウターにうまく持ち上がりません。
また、アウターからインナーに落とす時もおかしくなります。

そのため、どうしてもフロントの歯数を変えたいなら、クランクごと交換したほうがいいのです。

あともう一つ。
クランク側にも、リア8速用とか、リア11速用などの違いがあります。
8s、9s、10s、11sとすべてチェーンの幅が違うため、それぞれのチェーン幅に合わせてクランクも作られているのです。

そのため、例えばリア8速のクラリスで、クランクだけ105(11速)などの変更も不可能になります。

11速ユーザーなら、やはりデュラエースのクランクは最高です。
クランクだけデュラにするだけでも、フロント変速はかなり良くなります。
変速しやすくするためのピンや道筋の加工が、やはりアルテグラ以下とは違うんですね。
それと同時に、クランクの剛性もしっかりありますし。

クランクの剛性が高いと、つまりはペダリングによってクランクが捻じれにくいわけです。
クランクが捻じれることで変速にも悪影響を及ぼすためです。
デュラエースのクランク、是非試してほしいです。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up