ジャイアントが別ブランド【CADEX】を発表、ホイール、タイヤ、サドルをリリースなんですが・・・

ジャイアントが別ブランドとして、CADEX(カデックス)を立ち上げました。
元々ジャイアントブランドでもホイールやタイヤ、サドルは作ってましたが、ここにきてあえての別ブランドでの製品化。




これが吉と出るのか、果たして・・・?

CADEXの製品は


カデックスの製品は、とりあえずホイール、タイヤ、サドルだそうです。
メインとなるのはやはりホイールだと思いますが、42mmハイトと65mmハイトのカーボンホイールのみで、それぞれにチューブレスとチューブラーがあり、さらにリムブレーキ用とディスクブレーキ用に分かれています。

しかも何が驚きかって、カーボンスポークなんですね。
時代の流れで当然のようにワイドリム&チューブレスです。

簡単にチューブレスモデルだけですがスペックをまとめてみました。

CADEX42 CADEX65 CADEX42 DISC CADEX65 DISC
重量 1265g 1425g 1327g 1501g
リムハイト 42mm 65mm 42mm 65mm
ブレーキタイプ リムブレーキ リムブレーキ ディスクブレーキ ディスクブレーキ
リム内幅 19.4mm 22.4mm 19.4mm 22.4mm
リム外幅 23mm 26mm 23mm 26mm
スポーク素材 カーボンエアロ カーボンエアロ カーボンエアロ カーボンエアロ
スポーク数 16/21 16/21 21/24 21/24

まず思うことですが、軽くね??
リムもそこそこ軽そうなんでしょうけど、カーボンスポークが効いているんでしょうか?

しかも2年保証がついていて、さらに【Incident Replacement】が5年となってます。
Incident Replacementってたぶんカーボンリムが壊れたときの交換についてだと思いますが、なかなかの充実ぶり。

まだ日本での値段は発表されていませんが、元がジャイアントなのでそれなりに安い値段で投入されてくる可能性がありますね。
カーボンスポークを使ったホイールというとSACRAにもありますが、CADEXの値段によってはSACRAさんは涙目ですね。


あと、CADEXはタイヤも登場します。
チューブレスタイヤのみですが、23c、25c、28cのラインアップ。

CADEX23 CADEX25 CADEX28
タイヤサイズ 23c 25c 28c
TPI 170 170 170
重量 255g 270g 340g

最近はGP5000にもチューブレスタイヤが出たりチューブレスタイヤは増えてきてますが、GP5000のチューブレスは重量が重かったりするので、なかなか踏み切れないところがあるという人もいるでしょう。
このあたりだとまあまあなのかなという重量です。

ただ、ジャイアント傘下なわけですので、恐らくは通販禁止のままだと思います。
個人的にはタイヤとかサドルとかについては、通販解禁してもらいたいと思っているのですが・・・

フレームとか完成車とかホイールが対面販売なのはわかるんですけどね。
タイヤは別によくね??と思うところです。

脱ジャイアントできるのか?

トレックの傘下に、ホイールなどの別ブランドとしてボントレガーがありますよね。
ボントレガーは一昔前に比べるとだいぶ市民権を得てきたと言ったら失礼かもしれませんが、どうしてもトレック以外に合わせることに抵抗感を持つ人も多かったです。
最近はトレック以外でもボントレガーを使っているという声も聞くのですが、どうしてもまだまだトレック傘下というイメージは根強いですよね。

ROVALも同じくスペシャライズド傘下なわけですが、ROVALは元々は独立したブランドだったものを買収してスペシャライズド傘下に収まっているわけで、ROVAL自体はホイールの歴史としてはかなり古いものです。
なのでスペシャライズド以外でもROVAL使っている人はそこそこ多い気がします。

ジャイアントは元々、ジャイアントブランドでホイールを作ってましたが、

リムにジャイアントと書かれていると、さすがにジャイアント以外のフレームには合わせづらいというか、ほとんどの人が違和感や抵抗感があってジャイアント以外には使いたくないやと思うところでしょう。
ロードホイールだと、最近のものは【ジャイアント】とは書かれていませんが、ジャイアント製であることには間違いないので。

私は比較的気にしないほうというか、LOOKのフレームなのにアイウェアはチェレステのビアンキ製ですしw
まあ、でもジャイアントと書かれたホイールについてはあまりLOOKに合わせたいとは思わないですが・・・
一昔前だと、シマノコンポにカンパニョーロのホイールを合わせるのはおかしいと考えていた人もいるわけですが、今はそういう時代でもないですしね。
そんなに他人のロードバイクをジロジロ見るわけでもないので、乗っている本人さえ気に入っていればそれでいいと思うんですが。

で、ここにきての別ブランドです。
これの意味は当然、【ジャイアントユーザー以外にも広げたい】というところなんだと思います。

ボントレガーをトレック以外に合わせることに違和感を持つ人がいるように、CADEXをジャイアント以外に合わせることに違和感を持つ人もいるかもしれません。
しかし別ブランド化しただけでも、ちょっと使ってみたいなと思わせるスペックのホイールに見えますね。

ただ、ボントレガーもそうなんですが、結局は通販禁止な上に、トレックだとそもそも取扱店が少なく、トレック専門店がメインになってきます。
LOOKのフレームでトレックのショップに行くという時点で何となく遠慮がちになってしまいますし、そうなるとボントレガーを買おうという気持ちが起こらなくなってきます。
ジャイアントはトレックよりもいろんなショップで買えるので、CADEXもまだ買いやすいかもしれませんが、ホイールとしてのモノ自体は非常に良さそうですね。

ジャイアントユーザー以外でも、CADEXホイールやタイヤは普及していくのかもしれません。
値段は安めでお願いしますw

あと、タイヤとかくらいは通販解禁していただいてもいいと思うのですが・・・
ボントレガーもタイヤがありますが、同じく通販禁止なんですよね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする