ショップ選び

ロードバイクを買ううえで、大切になるのはショップ選びです。
ロードバイクの場合、買ったらおしまいではありません。
定期的なメンテナンスをしないとどんどん性能が落ちますし、いずれは自分でメンテナンス出来るようになるのが理想ですが、最初のうちはお店に頼ることになります。



初心者の場合、基本的には通販で自転車を買わないほうがいいです。
最初の一台はきちんとプロショップでサイズ合わせをして、納得して買うべきなのです。
パーツの購入ならば通販を使うほうが安く買えます。

大型店(チェーン店)での購入

<メリット>
・いろんなメーカーの取り扱いがある
・品数が豊富なため、欲しい車種が店頭にあれば納車が早い
<デメリット>
・店員さんの人数が多く、店員と親しくなりにくい
・いつも同じ店員さんが対応するわけではなく、店員によるスキルの差が大きい

小規模店(個人店)での購入

<メリット>
・いつも同じ店員さんが対応するため、顔見知りになりやすい
・いつも同じ店員さんが対応するため、スキルは一定
・仲良くなりやすく相談しやすい
<デメリット>
・取り扱いのないメーカーがある場合がある
・店頭に欲しい車種がない可能性があり、取り寄せに時間がかかる場合も
・忙しいときに、待たされる可能性がある

どこで買うのがベストなのか?

理想のお店は、安くて、店員さんも相談しやすく、納車が早いお店です。
ですがなかなかそういうショップは少なく、そもそもロードバイクは定価販売のことがほとんどです。
ですから店員さんの雰囲気が、あなたに合うかを重視しましょう。

いくつかお店をピックアップしたら、実際に相談に行ってみましょう。
話しかけた印象が悪ければ、そのお店はやめておきましょう。




     

にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up