ペダルの選び方

ロードバイクを買うと、ほとんどの場合ペダルは別売りです。
10万以下の車種では、おまけ程度にフラットペダルがついてくる場合もあります。



ビンディングペダル

ロードバイクに乗る人のほとんどはビンディングペダルを使っています。
ビンディングペダルというのは、専用シューズの靴底にクリートと呼ばれるデッパリが付いていて、これがペダルと嵌るものです。
ペダルと合体することで安定したペダリングを実現し、足のパワーをロスなくペダルに伝えることができます。
2016_expresso_15_01
TIME XPRESSO15

メリット⇒安定したペダリングと、足のパワーをロスなく伝えることができるため、結果的に速くなる
デメリット⇒慣れていないと怖い!足首を捻ればシューズとペダルが分離するが、慣れていないとうまく外せず転ぶ

ビンディングペダルにはいくつか種類があります。

フラットペダル

いわゆるママチャリのペダルと同じです。
ロードに乗る人でフラットペダルを使う人は少ないが、初心者のうちはフラットペダルもアリ。

最初はどっちを選ぶべきか

当サイトでは、まずはフラットペダルをオススメしています。
理由ですが、ママチャリしか乗ったことがない人がロードバイクに乗ると、最初はハンドルの低さや低速での安定感のなさに驚きます。
フラフラして危ないです。
そんなときにビンディングペダルだと、走行技術のほかにペダルから足をリリースするタイミングまで考えてないといけないので、あまり楽しめないように思うからです。
まずはフラットペダルでロードバイク自体に慣れて、それからビンディングペダルに移行しても遅くないと思うのです。

さらに言うと、ビンディングペダルには種類がいくつかあります。
あなたの使い道に合ったビンディングペダルを、全くの素人の段階で選ぶほうが難しいです。
ロード自体には、2,3回乗れば慣れると思います。それからビンディングペダルでも遅くないですよ。

ビンディングペダルの解説はこちら




     

にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up