ロードバイクの種類

ロードバイクと一言でいっても、実は様々な種類があります。
それぞれのバイクによって走りの特性が違いますから、何を目的とするのかで選ぶものが変わります。

レース向き

オーソドックスなロードレーサーです。後述するコンフォートバイクとの違いは、コンフォートバイクよりも前傾姿勢が強くなることです。レースでは空気抵抗を最小限にしてかっ飛ばすわけなので、深い前傾姿勢のほうが有利。
一般的にはレース向きといわれるが、ハンドル位置を高めに設定することもでき、ロングライド目的で使用する人も多い。
00000026_m
GIANT TCR0

GIANTの場合、TCRはレース向き。

後述するDEFYがコンフォートバイク。

9461910_m
FELT F95

FELTの場合、Fシリーズはレース向き。

後述するZシリーズがコンフォートバイク。

001s
BIANCHI SEMPRE PRO 105

独特のチェレステカラーで有名なBIANCHI。

コンフォートバイク

レース向きのバイクよりもヘッドチューブが長いため、ハンドルが高くなりアップライトな姿勢で乗れる。また、リアセンター(ペダルと後輪の距離)が長いため、振動吸収性や安定性が高い一方、加速性はレースモデルよりもやや劣る。
ロングライド向きといわれ、ガチのレースには向かない。コンフォートバイクは元々はパリルーベという石畳のガタガタ道レースで走れるように設計されてもいるため、レースによってはコンフォートバイクを使う。

00000039_m
GIANT DEFY1

GIANTのロングライド向きバイク。

リアセンターが長く、シートチューブ(サドルが刺さっている部分)と後輪タイヤの間が、TCRよりも広がっている。

9463011
FELT Z100
FELTのロングライドモデル、Zシリーズ。

001s
BIANCHI INFINITO CV
BIANCHIがパリルーベ用に開発した、振動吸収性が良いインフィニートCV。

エアロロードバイク

空気抵抗を抑えるために設計された独特の形状のフレームに、ディープリムホイールを合わせることが多い。
空気抵抗が軽減できる半面、フレームが重くなるため、平坦なところをかっ飛ばすのには最高だが、登り坂はとっても苦手。
reacto_4000_thumb
MERIDA REACTO4000

pic_cervelo_new_S5
CERVELO S5

選び方

まず、ロードバイクで何をしたいのか次第です。レースに出るなら、レース向きのバイクがオススメ。ロングライド目的やツーリングならコンフォートバイクがオススメだが、レースモデルでも十分こなせる。前傾が深いかどうかの違いなので、体の柔軟性や腰痛の有無なども考えて決めよう。
エアロロードについては、平坦をかっ飛ばすことに特化しすぎているので、最初の一台としてはオススメしづらい。
だが独特のビジュアルに惚れて、あえて一台目からエアロロードを選ぶ人もいる。その代わり、登りでは友達についていけないかも・・・

     

にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Scroll Up