【2020モデル】コルナゴのV3-RS。モデルチェンジした軽量レーサー。

コルナゴの軽量カーボンフレーム、V2-Rがたった2年でモデルチェンジし、V3-RSとしてリニューアルされたそうです。
イタリアの名門ブランド、コルナゴの新作なので、期待感溢れる一台ですね。




2020 CORNAGO V3-RS

こちらが新作のV3-RSです。

さすがコルナゴ!というデザイン性の高さですね。
ちなみにこちらが前作のV2-Rですが、

やはり最近のトレンドを押さえて、シートステーがやや下がった形状になっています。
シートステーが下がるだけで、シートチューブのしなりが大きくなり、振動吸収性が増すというドロップシートステーですね。

前作のV2-Rはフレーム重量835g(未塗装)とアナウンスされていましたが、V3-RSになり45gの軽量化を果たしているそうです。
コルナゴらしいキレイな塗装で、フレームカラーは4つ。

リムブレーキ用フレームが税別51万、ディスクブレーキ用フレームが税別56万となっているそう。
シートポストも付属します。

タイヤクリアランスは28cまでとなっているのも、最近の流行を押さえた設計です。

コルナゴは塗装がきれい

個人的な感想ですがコルナゴって塗装がきれいだしカッコいい印象があります。

ほかにももっと軽いフレームは他社にありますが、コルナゴらしいデザイン性と美しさ、見ているとやっぱコルナゴだなぁと所有欲を満たせる一台ですね。

完成車販売は無く、フレームセットのみとなるので、初心者向けというよりは中級者~上級者向けという感じの一台です。

コルナゴの2020年モデルはまだこのV3-RSが先行発表されただけっぽいですが、初心者が買いやすいアルミのA2-Rは残るんですかね?

A2-Rですが、実はこれ日本限定モデルでして、コルナゴの本国サイトにはアルミバイク自体が載っていません。
日本のマーケットだとやはりアルミバイクも需要があるのでしょうか?
A2-Rですが、実物見るとかなりカッコいいんですよね。

溶接痕処理も綺麗ですし。

実物のコルナゴ A2-Rを見たら、かなりカッコよかった。溶接痕処理もキレイ。

アルミフレームの場合、どうしてもカーボンと違って溶接が必要なわけですが、溶接痕処理が綺麗だと所有欲も増しますよね。