ロードバイクの盗難に備えた保険、入ってますか?ZuttoRideの自転車盗難車両保険。

ロードバイクを買ったあと、心配になるのは盗難です。
ロードバイクは高額な自転車ですので、どうしても盗難されてしまった場合には、金銭的にも心理的にも、大きなダメージを喰らいます。

ロードバイクでも、盗難保険はあります。
その中でも保険料が安いといえば、ZuttoRideの自転車盗難車両保険でしょうか。




ZuttoRideの自転車盗難車両保険

ZuttoRideの保険ですが、3つの特徴があります。

1、盗難全損特約

⇒万が一ロードバイクが盗難されてしまった場合に、備える補償。

2、事故全損特約

⇒事故でロードバイクが全損した場合の補償

3、事故分損特約

⇒事故で部分的な損傷を負った場合の補償

この3つを組み合わせているのがZuttoRideの自転車盗難車両保険になります。

この保険では、以下のように定義されています。

盗難全損分損
盗難に遭って発見できない場合、または、発見時の損害が酷く修理ができない全損の場合修理ができない場合、または、修理費用が協定保険価額の80%以上となる場合修理可能な状態で、修理費用の協定保険価額に対する割合が80%未満の場合

この3つの要素を組み合わせることで、月々の保険料も変わるようです。

プラン1盗難+全損+分損ワイド盗難の場合、または、全損の場合や修理費用が協定保険価額の20%を超えて80%未満(分損20%タイプ)の場合に保険金をお支払いします。
プラン2盗難+全損+分損ミドル盗難の場合、または、全損の場合や修理費用が協定保険価額の40%を超えて80%未満(分損40%タイプ)の場合に保険金をお支払いします。
プラン3盗難+全損+分損スリム盗難の場合、または、全損の場合や修理費用が協定保険価額の60%を超えて80%未満(分損60%タイプ)の場合に保険金をお支払いします。
プラン4盗難+全損盗難の場合、または、全損の場合に保険金をお支払いします。
プラン5盗難盗難の場合に保険金をお支払いします。

盗難保険がメインで、そこに全損特約、分損特約を付けるかどうかで変わるようです。
分損については、どこまで補償されるかをワイド、ミドル、スリムの3パターンで分けています。

なお、そもそも防犯登録されていないと、加入できないようです。
ロードバイクの場合、防犯登録しない人もそこそこいる気がしますが、防犯登録はしておいたほうがいいですよ。
自損事故も対象になっているようなので、単独落車でも補償の範囲内です。
重要事項説明書を見る限りでは、レース中の事故による破損は対象外です。

20万で保険に入った場合のシミュレーションです。

協定保険金額修理費用盗難+全損+分損ワイド盗難+全損+分損ミドル盗難+全損+分損スリム盗難+全損盗難
20万修理不可
18万
15万
10万
5万
3万

気になる保険料は?

月払いか年払いでも違うようですが、おおよその目安が書かれています。

購入金額20万円、1年契約の場合。(料金は2019年7月現在)

プラン保険料(月額)
盗難+全損+分損ワイド878円
盗難+全損+分損ミドル790円
盗難+全損+分損スリム721円
盗難+全損637円
盗難502円

これを高いと見るか安いと見るかは人それぞれだとは思いますが。

ちなみにですが、購入から90日以内じゃないと加入できないようです。

盗難されないような工夫は必要

しばしば、ネット上では【絶対に切れない鍵】などと宣伝されていたりしますが、世の中の鍵で切断不可能なものはありません。
切断されにくい鍵はありますが、プロの窃盗団がホンキ汁を出せば、どんな鍵でも切れます。

一時期、自治体の違法駐輪の回収車を装った窃盗団も流行りましたよね。
作業服着て軽トラで駆けつけ、専用工具で瞬殺して運んでいく方々です。
最近は全く聞きませんが。

ロングライド中の盗難を防ぐには、一番は駐輪しないことです。
たまに駅やショッピングモールなどの駐輪場に停めている方もいますが、ああいうところは管理人さんがいてもあまり好ましくありません。
管理人さんって、盗難についてはチェックしているわけでもありませんし、無賃駐輪とか、整列してない駐輪くらいしか見てません。

コンビになどに停めるときも、わざと人目につく場所に停めます。
理由ですが、窃盗するときって、誰かに見られたいですか?
犯罪行為を誰かに見られたいと思う人はいないので、人目につかない場所のほうが窃盗されやすいわけです。

高くて頑丈な鍵ほど切断されにくいというのはありますが、持って行かれるときは持っていかれます。
ただし、高価な工具はプロしか持ってませんので、クソガキがいたずらで盗むことはだいぶ防げます。

どうしても盗難に備えたい、という人にはまあまあいい保険でしょうし、事故での破損を恐れているなら、こういう保険にも価値があるのかなと。