速攻でロードサービスに加入した話。

先日ロードバイクで走行中、右カーブでペダリングを止めていたところから踏み込んだ瞬間、パキっとおかしな音がしてリアホイールがロックしてしまいました。

あ、あれだ・・・と瞬間的に分かったわけですが。



スポーク折れた

何が起こったかというと、リアホイールのフリー側のスポークが折れました。
今年のゴールデンウィーク中にも一度やっているので、すぐにわかりました。

走行中、急にリアホイールがロック!さて、原因は??

このホイール、もう7年くらいは使っているわけですが、問題なのはスポーク折れの頻度です。
前回はスポークを新品に交換したわけですが、どうしても一本だけ新品スポークに変えると、金属疲労的な問題から他のスポークが折れやすくなることがあります。
前回から3カ月弱、うーむ・・・

前回は駅まで2キロくらい歩いていき、輪行でよくいくショップに運んでスポーク交換してもらったわけですが、今回はショップまで約3キロという距離。
タクシー呼びました。
異常なくらいタクシーのドライバーに載せたくないオーラ出されたのですが、何とか頼み込んで載せてもらいました。
ただしトランクだと閉まりきらないとのことで、後部座席に無理矢理入れて、しかも私自身も後部座席に乗るようにと指示されたので、非常に窮屈な環境でしたが、文句言えないので。

ショップには旧キシリウムエリートのシルバースポークの在庫がなぜかそこそこありまして、シルバースポークで補修です。
ブラックスポークも取り寄せ可能みたいな話もあるのですが、私のキシエリはキシリウムエリートSというそこそこ古いホイールなので、専用スポークが代理店に無いかも、ということと、取り寄せにかかる時間を考えて、シルバーでもいいやということです。

12時くらいのスポークと、4時くらいのスポークです。
まあ、ぱっと見はわかりづらいです。
走行中については、シルバースポークが混ざっていることに気が付く人はいないでしょう。

速攻でロードサービスに加入

まあ、タクシーがこんなデカイもん、載せたがらない理由も理解できます。
万が一破損してしまった場合なども警戒しているようでしたし。

そんなわけで家に帰ってきたら、速攻でロードサービスに加入しました。
加入したのは、先日も紹介した奴です。

自転車保険にロードサービスは当たり前の時代!?保険入ってますか?

ロードサービスと賠償責任保険がセットになっている保険なのですが、このようなプランになってます。

プランSプランMプランL
ロードサービス距離1回50キロまで1回60キロまで1回100キロまで
ロードサービス回数4回/年4回/年4回/年
賠償責任保証×最大1億円最大1億円
示談交渉サービス×
年会費(税込み)3,4004,3005,200

いわゆる賠償責任保険については、家の火災保険の付帯事項で入っているので、今回は賠償責任保険が付いてないプランSにしました。
年会費は3400円で、年に4回までロードサービスが受けられます。

タクシーに載せてもらえるなら、その都度タクシーのほうがいいでしょう。
ただし常に輪行袋を持っていることが条件ですし、タクシーを呼べる環境なのも条件です。
あと、タクシー会社に電話すると、自転車を乗せるというとだいたいは拒否されます。

年に4回も呼ぶ可能性はないですし、AUの保険のデータだと、ロードサービスを使う人の一番多い理由はパンクらしいですが、パンクで呼ぶなよ!というのがロード乗りの感覚かもしれません。
まあ、タイヤがバーストして走行不可のケースもケースもあるので、それはしょうがないでしょうけど。

まあ、年3400円なら、悪くないかなと。
スポーク折れなんて滅多にあることではありませんが、一度折れやすくなると頻発することもあるので、そのための保険です。
フリー側全てスポーク交換でもいいのですが、お金が2万弱はかかるので、それなら新品ホイール買ったほうがいいですし。

今裁判中なので、あまり高額な出費はしないようにしてます。
どこでお金がかかるかわからないので・・・