【2020モデル】FELT BREED30。よりレーシング性能を高めたグラベルロード。

2020年モデルのFELTも発表されましたが、基本的には2019年を踏襲した流れになっています。
そんな中、ニューモデルとしてBREEDというグラベルロードが登場しています。




2020 FELT BREED30


BREED30はグラベルロードということで登場していますが、そもそもFELTにはBROAMというグラベルロードがあったんじゃね?という話なわけです。
BREEDもBROAMもアルミフレーム&カーボンフォークという構成になっているわけですが、この二つの大きな違いはジオメトリです。

BROAMはリアセンター(チェーンステイ長)が450mmあるのですが、BREEDではレーシング性能を高めるために420mmへと短縮。
ちなみになぜか、FELTの日本語ページだと、BREEDのリアセンターは450mmになってますが、海外サイトだと420mmです。

フェルトではBROAMをアドベンチャーロード、BREEDをグラベルロードとしています。
同じグラベル系でも、RROAMはややまったり乗りたい人向け、BREEDは反応性をよくしてレーシーな走りという感じでしょうか。
舗装路を走るロードバイクでも、エンデュランスモデルとレーシングモデルがありますが、そういった分類に近いかも。

こっちがBROAMですね。

さて、BREED30の特徴ですが、フレーム&フォークは反応性重視。
スペック的なところで言うと、シマノの新型グラベルコンポのGRXのフロントシングルを持ってきています。

シフターがGRX600(105グレード)、リアメカはGRX812(アルテグラグレード)、油圧ディスクブレーキはGRX400(ティアグラグレード)です。
フロントシングルなのでクランクはGRX600の40Tとなってます。

こう書くと、【リアメカだけグレードを上げている】とか書くサイトが増えるのですが、GRX600グレード(105グレード)はシフターとクランクしかないんですね。
GRX600にはディレーラーと油圧ディスクがないので、11速にしようとするとこういうスペックにしかなりません。

ちなみにスプロケは11-42Tの11速。

スプロケ、デカイなぁ・・・

タイヤ規格はロードプラスで650bになってます。
標準装備されているのは650b×47cタイヤです。

グラベルロードでも加速性重視の方へ

FELTのグラベルバイクですが、アルミフレーム&カーボンフォークという構成にすることで、買いやすい価格帯に収めているのが特徴です。
グラベルロードなのですが、BROAMはややまったり系の走り、BREEDは加速性重視という分類でいいでしょう。

扱いやすいアルミフレームなので、通勤通学でも活躍できそうですし、キャンプツイーリング的なバイクパッキングでも面白い一台と言えます。

グラベル競技としてみるならば、カーボンフレームのほうがいいのかなという印象ですが、競技目的の方の入門機としてもBREED30は面白そうですし、通勤通学用やツーリング目的としても活躍できそうな一台ですね。