【2020モデル】ビアンキのARIA。お買い得エアロロードは今年も人気沸騰でしょうか?

ビアンキのアリアが登場して、もう3期目?でしたっけ?
20万円台で買えるカーボンエアロフレームとして人気が高い一台ですが、2020年モデルのアリアも前年からの継続モデルです。



2020 Bianchi ARIA 105


フレーム自体は2019モデルから継続で、カラーリングがやや変わった程度です。
こちらが2019モデルのチェレステで、


(特典付)BIANCHI ビアンキ 2019年モデル ARIA DISC 105 アリアディスク105 ロードバイク(ビアンキ純正パーツプレゼント)

こちらが2019モデルのブラック・チェレステ。

2020年モデルではブラックシルバーが追加されていますが、チェレステ、ブラック・チェレステともにほぼ2019モデルと同じという印象ですね。

2019モデルとの大きな差ですが、まず定価が下がってます。
2019モデルは278,000円(税別)だったのが、2020年モデルでは263000円へ。
あとホイールがシマノRS100からVISION TEAM35に変更されてますね。

TEAM35は文字通り35mmハイトなのでセミディープになっていて、重量も1780gくらいなので完成車についてくるホイールとしてはいいほうでしょう。

フレーム カーボン
フォーク カーボン
STI 105
クランク 105 52-36
FD,RD 105
スプロケ 105 11-28
ブレーキ 105
ホイール VISION TEAM35
タイヤ ヴィットリア ザフィーロ25c
定価(税別) 263,000

アリアは試乗したことがありますが、

【試乗インプレ】ビアンキのARIAの試乗をしてきました。エアロロードとしての性能は??

ペダリングのパワーを素直に受け止める推進力という印象でしょうか。
エアロフレームにはエアロ系ホイールのほうが似合いますし、ホイール変更はちょっとだけ嬉しいポイントかもしれませんね。

まあ、それでも重たい部類のホイールには変わりありませんし、どうせ買い換えることになるのがホイールですが・・・

ちなみに2020年モデルではアルテグラ完成車はありません。

2020 BIANCHI ARIA DISC 105


リムブレーキモデルはやや値下げになったものの、ディスクブレーキモデルはがっつり値上げです。
2019モデルは298,000円だったのが、32万へ値上げ。

カラーについては、リムブレーキモデルにあるブラックシルバーがありません。
それ以外は同じカラーの様子。

スペック的には、ホイールがシマノRS170から、フルクラムのレーシング618に変更されている程度です。
レーシング618はレーシング600のビアンキオリジナルバージョンです。
重量で言うと1690gとなっているので、RS170のような前後2000gオーバーの鉄下駄ではないのがポイントです。

フレーム カーボン
フォーク カーボン
STI 105ディスク
クランク 105 52-36
FD 105
RD 105
ブレーキ 105油圧ディスク
スプロケ 105 11-28
BB SM-BB72-41B (シマノPF86)
ホイール フルクラム レーシング618
タイヤ Vittoria Zaffiro Pro Slick 700x28C
定価(税別) 320,000

アリアは買いやすい価格帯で人気の一台

この一年くらい、アリアに乗っている人をよく見かけました。
オルトレとも形状が違いますし、一目でアリアだとわかるのですが、カラーリング、フレーム形状、価格帯などで人気が高い一台名ことには間違いありません。

ビアンキは数年前から重量非公開になってますが、アリアについては、正直そこまで軽いというフレームでもありません。
あくまでもミドルグレードのカーボン車という感じです。

走行性能もなかなか悪くないところですし、2020年モデルでも結構売れ筋になりそうな予感です。
あとは同じ価格帯に出たスプリントも売れ筋ですね。

2020年モデル期待の、ビアンキ スプリントがもう出回っているようですね。人気がかなり出そうな一台。