【2020モデル】DE ROSA の SK PININFARINA。フレームが刷新されロゴも変更に。

デローザ人気のSK PININFARINAですが、2020年モデルからモデルチェンジしました。
フレーム自体が一新されたのもありますし、2020年より、デローザは微妙にロゴが変更されています。




2020 DE ROSA SK PININFARINA

こちらが2020年モデルのSK PININFARINAです。

先にロゴの変更の件ですが、こちらが2019年モデルのSK PININFARINA。

微妙に角ばったフォントに変更されています。
コルナゴも昨年でしたっけ?
ロゴのフォントを変えましたが、デローザは吉と出るか、凶と出るか?

さて新しいフレームになった2020年モデルですが、簡単に言えば軽量化されて剛性が上がったそうです。
2020年モデルのフレーム重量は950g、フォーク重量は370g。

フレーム形状という面では、トップチューブの扁平化やワイヤーフル内装など空力も意識したアップデートが行われ、軽量化という面でもカーボンのグレードが上がっているそうです。

BB形式は、BB386を継続しているようです。
リムブレーキ、ディスクブレーキ、両方のフレームがあります。

その他、MERAKが復活

DE ROSAのラインアップの中に、軽量フレームとしてMERAKが復活します。

こちらは最近のトレンド、リア三角を小さくするためにシートステーが下がっている形状です。
フレーム重量は800g。
よくよく見ると、結構角断面を使ったフレームのようですね。
こちらもリムブレーキとディスクブレーキの両方があり、リムブレーキはダイレクトマウントのようです。

ちょっとロゴがまだ見慣れないな、という印象ですが、登りメインで軽量バイクを組みたい人にいいでしょう。

まだSK PININFARINAもMERAKも、日本での販売価格は未定となっているようです。

ここ最近、ロゴやデザインを一新するメーカーが出てきてますね。
コルナゴもロゴのフォントを大胆に変えてきましたし、キャノンデールはダウンチューブにあったロゴを排してきました。

こちらはキャノンデールのCAAD13ですね。
今まではダウンチューブにキャノンデールのロゴがありましたが、2020年モデルからはなくなっています。

TIMEは数年前から、ロゴを変えていましたが、

このロゴの時代は結構不評だったので、2020年モデルからは元に近い形に戻してきましたw

ジャイアントも数年前にロゴのフォントが変わってます。

ここ数年、このようにメーカーのアイデンティティともいえるロゴを変えてくるメーカーもありますが、デローザは吉と出るか、凶と出るか?

まだ旧モデル(2019)は在庫があるようです。


De Rosa【デローザ】SK Pininfarina Carbon Road Frameset 2019