【2020モデル】GT Grade Al Elite&Expertが凄い!新技術フローティングシートステーでより高い快適性を!

GTのバイクと言うと、このようにトリプルトライアングルという独特の設計が得意でした。
シートステーの交点が、シートチューブとトップチューブの左右4ヶ所になるというやつですね。


2020年モデルのGTですが、これがさらに進化してフローティングステー・トリプルトライアングルというものにアップデートされました。




フローティングステー・トリプルトライアングル

従来のGTが採用していたトリプルトライアングルのシートステーは、シートチューブとトップチューブの両方と繋がっていました。
アルミフレームならシートチューブとトップチューブ、それぞれの左右、計4ヶ所で溶接されていたわけです。

ところが2020年から採用されるフローティングステー・トリプルトライアングルでは、なんとシートチューブとシートステーは接していません!
完全にシートステーとシートチューブは独立構造です。

こちらは2019モデルですが、このようにシートステーとシートチューブがくっついてます。

このようにすることでシートチューブをしならせやすくなり、縦方向の振動吸収性の向上、路面追従性を大幅に上げているそうです。
従来のトリプルトライアングルに比べて30%、伝統的なダイヤモンドフレームに対して50%の快適性向上だそうです。

これがグラベルロード、ロードバイク、MTBなど幅広く採用されているのが、2020年のGTのバイクの特徴です。

2020 GT Grade Al Elite


アルミフレーム&カーボンフォークのグラベルロードです。
エリートではクラリスで、エキスパートでは105で組まれています。


さらに上位グレードになると、カーボンフレーム&105のグレードカーボンエキスパートもあります。

アルミフレームのエリートもエキスパートも、ブレーキはディスクブレーキですが、テクトロの機械式ディスクになっています。
そのため、エキスパートは105組ながら14万円台と買いやすい価格帯。

逆に油圧化しようとすると、一番高いSTIを油圧対応にして、ブレーキも換えないといけないのですが・・・

より快適に長距離を走ろうと思ったときに、最近はあえてグラベルロードを選ぶ人も増えています。
そんな中、さらに快適性を上げたGTのフレームというのも、面白そうな一台ですね。