【2020モデル】MERIDA SILEX100。アルミグラベルロードは今年も継続ですが、クラリススペックが登場。

メリダの2020年モデルですが、ロードバイクでアルミフレームについては基本的に全て継続モデルになっているようです。
2019モデルでもあったグラベルロードのSILEX(サイレックス)ですが、2019モデルではサイレックス200が最下層で、コンポはソラでした。




2020年モデルではSILEX100というクラリススペックも登場します。

2020 MERIDA SILEX100


2019モデルではSILEX200、ソラコンポが最も安いグラベルロードでしたが、2020年モデルではSILEX100が登場します。
2019モデルのSILEX200が定価139900円(税別)だったのに対し、SILEX100は129900円(税別)。
1万円下がってクラリス化したわけですね。

カラーはグリーンと、メタリックブラックの二つ。

メリダの場合、グレードが下のほうのアルミフレームって、単色系カラーが多い気がします。
例年、それが一定クラス以上になると、チームレプリカカラーが出てくるのですが、今年はスクルトゥーラ700などでもバーレーンメリダカラーはありません。

なのでチームレプリカカラーが欲しい人は、2019モデルから探したほうがいいかもしれません。
まだ、在庫がある車種もあるようです。


サイレックス100のスペックはこちら。

フレーム アルミ
フォーク カーボン
STI クラリス
クランク クラリス 50-34
FD,RD クラリス
スプロケ サンレース 11-28 8s
ブレーキ Promax DSK-330R Mechanical disc
タイヤ Maxxis Rambler700×38C foId
定価(税別) 129,900

クラリスには油圧ディスクがありませんので、機械式ディスクブレーキ採用になってます。

サイレックス100の利点

サイレックスのフレームですが、フェンダーマウントもありますし、フォークやダウンチューブ下にもボトルケージマウントがあります。
荷物の積載性もよいのが特徴です。

グラベルロードの場合、いわゆるロングライド的にキャンプツーリングなどをする人もいれば、グラベルレースに出るために買う人もいるわけですが、8速という制約がついているサイレックス100の場合、レースと言うよりもロングライドだったり通勤通学目的という感じでしょうか。

珍しいなと思ったのは、8速なのにスプロケが11-28Tになってます。
最近のグラベル、というよりもクラリス搭載のロードバイクって、やたらとワイドギアの11-34Tとか標準装備しているものが多いのですが、8速で11-34Tはさすがにギアが飛び飛びすぎて使いづらいわけで。

まあ、普通の道を走るなら、28Tがあれば走れますので、どちらかというと舗装路、通勤通学目的にピッタリなのかもしれません。
もちろん、ロングライドも出来ますが。

メリダの場合、MGDといってメリダグローバルディーラーと指定されている車種は、通販禁止、対面販売のみです。
まだ正式にメリダのHPが2020年モデルに切り替わってないようなのですが、販売店の情報を見る限り、アルミのリアクト400なども2020年モデルではMGDになっている(=通販禁止?)ようです。

2019モデルでは普通に通販にありましたが。

このあたりはメリダのHPが更新されないとまだわかりません。