【2020モデル】MERIDA REACTO4000。お買い得カーボンエアロフレームは今年も健在です。

メリダのリアクトと言うと、当然エアロなフレームなワケですが、その中でもお買い得感が高いのはリアクト4000です。
カーボンフレームでエアロ、それでいて20万円台というプライスで人気が高い一台ですが、2020年モデルでも継続のようです。




2020 MERIDA REACTO4000


リアクト4000というと、メリダのCF2カーボンフレームを使ってコストダウンしながらも、105装備で20万円台というお買い得エアロもでるです。
2020年モデルのメリダの大きな特徴ですが、人気のチームレプリカカラーがありません・・・
昨年はアルミのスクルトゥーラ700以上だと基本的にはチームレプリカカラーがあったのですが、2020年モデルでは無し。

管理人
管理人
2020年モデルのリアクト4000には、チームレプリカカラーが無いです。

リアクト4000のカラーは二つ。
こちらが、SILK_BLACK/GLOSSY_GREEN。

グリーン系ですが、比較的明るめなグリーンで目立つ感じですね。
イエロー系が強めのグリーンというところでしょうか。

もう1つは、GLOSSY_OCEAN_BLUE/BLACK。

ブラックがメインで、オーシャンブルーがところどころに入っている感じ。

画像の角度から見ると、グリーン一色に近いような印象を受けると思いますが、前から見るとまただいぶ違います。

こちらの1:27あたりから。

スペックはこちらです。

フレーム REACTO CF2(カーボン)
フォーク REACTO CF2(カーボン)
STI 105
クランク FSA Gossamer52-36T
FD,RD 105
スプロケ 105 11-30T
ブレーキ 105ダイレクトマウント
ホイール メリダオリジナル
タイヤ Maxxis Dolomites 25 fold
定価(税別) 249,000

基本的なスペックは2019モデルと変更がないようです。
タイヤくらいですかね。
タイヤについては、どうせそのうちいいタイヤが欲しくなって換えるだけですので、まあ、完成車のタイヤには期待しないほうがいいですが・・・(どのメーカーの完成車でも)。

販売サイトでは、シフターがアルテグラとか、リアブレーキがアルテグラとか書かれているようですが、恐らくは誤記っぽいです。

値段も2019年モデルと変更無し。

2020年モデルでは重量が8.3キロ(サイズ50)となってましたが、2020年モデルではまだ重量の記載がないようです。
まあ、同じでしょうけど。

2020 MERIDA REACTO4000 DISK


リアクト4000のディスクブレーキモデルも継続です。
先ほど書いた、前から見ると結構違うと言うのも、こっちの画像のほうが分かりやすいですね。

フォークからトップチューブ上面にかけては、ブラックが優勢。
後ろに行くに従って、グリーンが優勢な感じ。

ブラック・オーシャンブルーカラーも、こちらのほうがわかりやすい。

スペック的には、リムブレーキ版と同等です。

フレーム REACTO CF2(カーボン)
フォーク REACTO CF2(カーボン)
STI 105ディスク
クランク FSA Gossamer52-36T
FD,RD 105
スプロケ 105 11-30T
ブレーキ 105油圧ディスク
ホイール メリダオリジナル
タイヤ Maxxis Dolomites 25 fold
定価(税別) 289,000

重量はまだ発表されていませんが、2019モデルで8.6キロですので、同じくらいでしょう。
どうしてもディスクブレーキはコンポが高いので、リムブレーキよりも高くなってしまいますが。

リムブレーキもディスクブレーキも、リアクト4000の弱点はホイールです。
というより、この価格帯の完成車は、何を買ってもだいたいはホイールが弱点なので、リアクト4000に限った話ではありません。

リアクトの特性を考えた場合、やはりエアロホイールが似合いますよね。
欲を言えばボーラなどのカーボンホイールがよさそうです。
どうしてもアルミのエアロホイールは、クソ重くなってしまうので。

今だと、ディスクブレーキ用のクアトロカーボンディスクが激安だったりするので、クアトロカーボンディスクあたりをセットするだけでもだいぶ軽量化になり、走りも一変しそうです。


Fulcrum – Racing Quattro (レーシングクアトロ) カーボンクリンチャーホイールセット (ディスク)

重量 1605g(ペア)
リムハイト 40mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ x(25c以上)
スポーク数 21/21
対応スピード シマノ8-11s

クアトロカーボンは今期で廃盤になり、WINDシリーズに変わります。
WINDシリーズのディスクブレーキ用はチューブレス対応なので、WINDシリーズの値下がりを待ってもいいかもしれません。

フルクラムがニューホイール、WINDシリーズを発表!WIND 40DB、WIND 55DB、WIND 40Cの3つのホイールで!

リアクトは見た目のエアロ感から、人気が高い一台です。
20万円台でエアロが欲しいなら、なんだかんだリアクトですね。

管理人
管理人
どうでもいいところですが、メリダのカーボンフレームって、MGD(メリダグローバルディーラー)指定モデルで、原則として対面販売だったような気がするのですが・・・