【2020モデル】MERIDA SCULTURA700とSCULTURA400。今年のメリダはカラーがいい!

メリダのアルミオールラウンダーというと、スクルトゥーラになるわけですが、アルミのスクルトゥーラには105完成車が実は二つあります。
1つはSCULTURA700。
もう1つはSCULTURA400。

微妙にスペックが違う105完成車なわけで。




2020 MERIDA SCULTURA700


既に何度もお伝えしていることですが、

管理人
管理人
2020モデルのメリダは、チームレプリカカラーがありません!

完成車にはバーレーンメリダカラーが無いんですね。

スクルトゥーラ700のカラーですが、以下の二つです。
GLOSSY_BLACK。

ちょっとわかりづらいですが、近づくとこんな感じ。
ちょっとラメっぽい??

もう1つはGLOSSY_RED。

遠めだと単色なのかな?と思いがちですが、ちょっと凝った感じのカラーリングです。
例年、チームレプリカカラーが欲しい人は、スクルトゥーラ700以上じゃないと無かったのですが、2020年のメリダは完成車にチームレプリカカラーがありません。

スペックはこちらです。

フレーム アルミ
フォーク フルカーボン
STI 105
クランク 105 52-36T
BB PF86
FD,RD 105
スプロケ 105 11-30T
ブレーキ 105
ホイール  Fulcrum Racing 600
タイヤ Maxxis Dolomites 25 foId
定価(税別) 179,900

2019モデルと比べて、スペック的に大きな辺かはありません。
強いて言うなら、ホイールがフルクラムのレーシング7からレーシング600に変更になった程度。

レーシング600というのはレーシング6のOEMバージョン、つまりは完成車用の非売品です。
スペック的にはレーシング6と同じ。

重量 1760g
リムハイト F24.5mm,R27.5mm
リム幅(内) 17c
リム幅(外) 23mm
スポーク数 F18,R20

レーシング5に近い構成で、スポーク数やリムハイトはレーシング5と同じ。
恐らくリムなどがレーシング5よりも重いからこういうスペックなんでしょう。

2020 MERIDA SCULTURA400


こちらもアルミフレーム&105のスクルトゥーラ400です。
SILVER_BLUE。

WHITE(BLACK)。

スクル700に比べると、単色に近いようなカラーリングになっています。

スペックはこちら。

フレーム アルミ
フォーク カーボン
STI 105
クランク シマノ RS 510 50-34
BB ねじ切りJIS
FD,RD 105
スプロケ 105 11-30T
ブレーキ 105
ホイール メリダオリジナル
タイヤ Maxxis Dolomites 25 foId
定価(税別) 149,900

何年か前まではスクルトゥーラ400はブレーキのグレードを下げていたのですが、去年あたりから105にしてますね。
ホイールはメリダのオリジナルホイール。
だいたい、2200gくらいあるとか言われます。

SCULTURA400と700の違い

同じアルミフレーム&105なのですが、何が違うかというと以下の点です。

・BB形式が違う
・クランクが違う
・ホイールが違う

だいたいはこの3点です。

400 700
BB ねじ切りJIS PF86
クランク 105 RS510(シマノノーグレード品)
ホイール フルクラム レーシング600 メリダオリジナル

BBの形式が違うわけですが、理論上はPF86のほうが剛性が高いわけですが、

管理人
管理人
乗ってみてBBの違いなんてわからん!

クランクの違いはそこそこあります。
105クランクのほうが、フロント変速は良くなりますよね。
ただ、クランクについてはアルテまで行くとかなりフロント変速が良くなりますが、105とRS510だと差はありますが凄い差ではないかも。

FC-RS500(RS510)からのクランク交換はアルテグラがオススメ。

ちなみにですが、BBの形式が違うので、厳密に言えば400と700ではフレーム自体も違います。
ただこれについてメリダに聞いたことがあるのですが、

先日の記事について。メリダのスクルトゥーラ100と700のフレームの違い。

管理人
管理人
BB部の違いはあるものの、フレームとしてのランクは同じレベルだそうです!

700のほうが軽量フレーム、というわけでもなく、どちらもフレームの基本設計は同じだそうです。

ホイールも違いますね。
ただ、レーシング600も一般的には鉄下駄といっていいレベルなので、どちらにしても変えたくなるホイールなことには違いはありません。
フルクラムの場合、レーシング3以上じゃないと大きな差は出ないのですが、個人的にはスクルトゥーラ400を買って、浮いた差額でゾンダ買うことがオススメです。

Campagnolo – Zonda (ゾンダ) C17 ホイールセット

重量 1596g(ペア)
リムハイト F25mm、R30mm
対応タイヤ クリンチャー
23cタイヤ ×(25C以上)
スポーク数 16/21
対応スピード シマノ8-11s

スクル400と700では定価ベースで3万の差がありますが、差額でゾンダ買った方が絶対に速い。
ただ、カラーリングの好みがあると思うので、結局はスペックよりもカラー重視で選ぶ形でしょうね。

管理人
管理人
個人的には、そろそろスクル(アルミ)がモデルチェンジするだろうと予想してましたが、モデルチェンジせず継続フレームです!