【2020モデル】MERIDA MISSION J ROAD。ジュニア用のロードバイクは選択肢が少ないですが・・・

ジュニア用のロードバイクって、多くのメーカーが作ってなかったりするのですが、メリダはミッションJロードというジュニア用を用意しています。
似たような車種でMISSION J CXというものもありますが、こちらはシクロクロスとなっていまして。

2020 MERIDA MISSION J ROAD


こちらはジュニア用に小さいフレームサイズで、ホイールも650cとなっています。
同じようなジュニア用で、MISSION J CXというシクロクロスもあるのですが、

どちらもフレームは【MISSION J.ROAD alloy】となっているので、フレームとフォークは共通っぽい。

MISSION J ROADですが、基本スペックはクラリスです。

フレーム アルミ
フォーク アルミ
STI クラリス
クランク Lasco junior ROAD 46-34 155mm
FD,RD クラリス
スプロケ Sunrace CS8 11-28T 8S
ブレーキ Promax 機械式ディスク
ホイール メリダオリジナル
タイヤ Maxxis Detonator; 559x32C;fold
定価(税別) 99,900

ジュニア用に多いのが、やはりアルミフレーム&アルミフォークの構成。
フレームサイズは39のみで、適応身長の目安は140~155センチ程度。

まあ、惜しいなと思うのは、本来はジュニア用ということで、スプロケもジュニアカセットにできれば一番なんだと思うんですね。
公認レースだと、ジュニアカセットじゃないと出られないはずですし・・・

ただ、8速にはジュニアカセットがありません。
9速以上にはジュニアカセットがあります。

SHIMANO(シマノ) CS-HG50 9S 14-25T 456789135 ICSHG509425
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 30,554

まあ、9速だと、14-25Tしかないので、ジュニアでファイナルローが25Tというのも心細い気がしますが・・・
9速ジュニアカセットにするには、なんだかんだコンポのほとんどを交換になってしまうので、ジュニア用なら最初から9速以上で売ったほうがよさそうな気もしますが。

カラーは一種類です。

2019モデルで9.6キロとなっているので、おそらくは2020モデルも同じかと。

ジュニア用ロードはホント少ない

ジュニア用のロードバイクはホント少なくて、選択肢もほとんどないに等しい分野です。
いくつか挙げるなら、アンカーのジュニアロード。


コーダーブルームのFARNA24。

GIOS EASY。

FELT(シクロクロス)。

FUJI ACE650。

FELTの2020年モデルを見ると、ジュニア用は無さそうですね。
ジュニア用って売れ筋にはならないので、どうしても各社出したがらないというか。

管理人
管理人
ジュニア用ロードバイクは、ホント選択肢が少ないのが現状です。
カーボンが!とか、軽量アルミが!とか、105が!などの選択肢はないので、あるものを買うしかないです。