【2020モデル】FUJI MADCAP。ルーベオーラの後継機として登場したフラットバーロード。

FUJIのフラットバーロードというとROUBAIX AURA(ルーベオーラ)がずっと君臨していたのですが、2020年モデルではルーベオーラが廃盤となり、代わりにMADCAP(マッドキャップ)が登場します。

ルーベオーラの進化系、とも言えるわけで。



2020 FUJI MADCAP


ルーベオーラ同様、アシンメトリック(左右非対称)のチェーンステイは継続。
大きな変更点というと、ワイヤーがフレーム内蔵になったという点でしょうか。

カラーはシルバーと

マットブラックの二つ。

フレームの質感が、ちょっといい感じですね。

スペックですが、メインコンポはクラリスです。

フレーム Fuji A2-SL アルミ
フォーク カーボン(アルミコラム)
シフター クラリス
クランク Sugino XD2000D, 50/34T
FD,RD クラリス
スプロケ クラリス 11-28T(8s)
ブレーキ FUJIオリジナル
ホイール FUJIオリジナル
タイヤ Vera Helios 700×25C
重量 8.9キロ
定価(税別) 92,000

スペック的には昨年のルーベオーラに近い感じでしょうか。

【2019年モデル】FUJI ROUBAIX AURA。フラットバーロードでは個人的に最強だと思う件。

重量的にもフラットバーながら8キロ台です。

フラットバーロードの大本命か

FUJIってややマイナー扱いされることがありますが、そのブランドの起源は日本です。
日米富士がルーツですしね。

そのため、日本名を意識して車種に名前を付けることが多く、グラベルロードなんてJARI(砂利)ですしねw

FUJIって実はフラットバーロードがお買い得でして、スペック的にもフレーム的にも、ぬかりなく最速を目指すフラットバーという仕様なんですね。
ここ2年くらいは、各社ともにフラットバーロードには消極的な印象を受けますが、今フラットバーロードで頑張っているのは、FUJIとコルナゴ。
コルナゴのヴォレイもなかなかよさそうな一台です。


ジャイアントは昨日書いたように、ドロップバークロスという新しいジャンルを創設しましたが、フラットバーにはフラットバーの良さがあります。
フラットバーでスピードを求める人向けの一台ですね。